【Dealer Select Option Parts 番外編】

今回も、TOASTスタッフが海外で集めた気になる一品をご紹介しましょう。

 

天体写真をやっていて思うのは、季節や時間、天候など、自分ではどうすることもできない外的要因に大きく左右される趣味であるということ。
たとえ快晴の夜空でも明るい月が煌々と地上を照らし出している夜は、残念ながら美しい星空を撮影することはできません。

通常の作品であれば、新月前後のわずか数日間が撮影日和。天候が良いのはもちろん、撮影にとって都合のいい月齢が週末の休日にぶつかってくれなければならないという条件の厳しさです。つまり趣味を謳歌するために遠征できるのは、1ヶ月にわずか1、2回程度・・・。1年を通してみても10数回といったところでしょうか?裏を返せば、残りの長い長い日々は、機材をメンテナンスしたり、システムアップをはかったりしてその時間を楽しむことになるわけです。

 

書斎のテーブルにTOAST Proを飾りながら休日の撮影計画をたてる

 

ところで、ライフスタイルにこだわるTOAST Proユーザーはというと、こんな風にモバイル赤道儀を自宅の書斎やリビングにさり気なく、まさにインテリアとして飾って、週末の遠征撮影計画を練る方が多いともっぱらの噂です(真意のほどは知りませんが・・・)。

 

そんなTOAST ProユーザーがTOAST-TECHNOLOGYの展示イベントなどで目ざとく注目するのが、TOAST-Proを展示しているmini-Tripodです。イベント展示では、高さや用途によって何種類かのmini-Tripodを使用しています。中でもお気に入りの脚がコレ!Giottos社のmini-Tripodです。

 

こいつの優れたところは、なんといっても超低重心設計でTOAST Proと組み合わせてもトータルデザインを損なわないデザイン性。広い座面も安定性に大きく寄与しています。小さいわりになかなかの耐荷重性能をもち、いざとなったら車のルーフの上に載せてちょっとした星野撮影もできてしまう頼もしさ。そしてちょっと粋な調整機能を持っている点がTOASTスタッフたちのお気に入りです。

 

このコルク製の台座面の外周に半ば無理やり指の爪を押し込み、ゆっくりはがしていくと・・・、内側に六角レンチ用のネジが隠れています。このネジによって脚の開閉時の硬さを微調整出来る仕組みになっているというからなかなかのものです。mini-Tripodの脚を開いたら二度と脚をたたまずそのままにしておくぞ!って方は、このネジをがっつり固定しちゃってください。ガタもなくしっかり踏ん張ってくれます。逆にちょいちょい開閉して、あわよくば撮影でも使っちゃうもんね、というアナタはネジをほんのちょっと緩めに調整しておけば、あらら快適快適!

そう何度も操作する部分じゃないけれど、こんな小さな調整機構をユーザーに残しておいてくれるGiottos社はなかなか粋な会社です。

 

さらにもう一つ粋な計らいが。
TOAST Proの「新型Dovetail Stage」のネジのように、カメラネジを指先で回せるノブが隠れていること。このタイプのネジを採用していることで、固定した時に開脚した脚の位置を自由に決められるというわけです。3本の脚のうち1本にGiottos社のロゴがあり、それを見せたいなら正面にその脚が来るようにネジで固定できる。逆に目立たないようにしたい場合は、ロゴが印刷されていない真っ黒な脚を正面にする。そんな小さなこだわりも、TOAST Proユーザーにはビビットに響きます。

 

そうそう、もしもカメラも載せて飾りたいという場合は、必ず脚の一本を正面に向くように調整してくださいね。荷重がかかる方に脚の1本を持ってくる、これは天体写真の基本中の基本です。

 

というわけで、TOASTスタッフが次回の展示会用にバルクで仕入れて帰ってきたので、ユーザー登録済みの正規ユーザーでご希望の方がいらっしゃれば、その一部をおすそわけさせて頂こうとおもいます。

国内ではまだ流通していない(と思う)ニッチなグッズでTOASTライフをますます楽しくしましょう!

ご希望の方は、ユーザー登録時にお送りしている優待販売用のURLに今すぐアクセス!売り切れ御免!(今回はあくまでおすそ分けのため一般販売はいたしませんのでご了承ください。)

 

 

Giottos Professional Mini Tripod

開角時全高・・・5.5cm
重量・・・・・・145g
耐荷重・・・・・3kg程度
収納時全長・・・13.5cm

金星日面通過 : 天野昌弘 様

2012年の今年は、別名天文イヤーと言われ(ほんとかな?)、5月21日の金環日食に続いて、6月6日には金星の日面通過が見られたのは記憶にあたらしいところです。TOAST Proユーザーの天野さんからご投稿いただいたのは、まさにその金星日面通過の作品です。

天野様からのコメント

「金環日食の日と同様に最初(30分程度)は雲に隠れていましたが、それ以降は雲も切れて第三、第四接触まで撮影することが出来ました」

 

撮影機材
PENTAX K-5
BORG 50FL+絞り+マルチレデューサー0.7×DGT+PENTAX F-AFアダプター1.7倍
Kenko ND10000フィルター
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

撮影データ
ISO200 F11 1/1250秒

* * * * * * * * * * *

この作品も前回ご紹介した金環日食同様のシステムによる撮影です。BORG 50FL、まったくもって侮れません。
こうした望遠撮影では、フルサイズのセンサーを搭載したカメラよりも、 今回のK-5をはじめとするAPS-Cサイズのセンサーが有利ですね。35mm版のカメラにくらべて焦点が1.5~1.6倍程度長焦点側にシフトするからです。

金環日食や金星日面通過など長い時間をかけて変化する天文現象は、天野さんのように時間をあけてインターバル撮影を行い、画像処理ソフトで1枚の連続写真で1枚の作品に仕上げる方法は、実に効果的ですよね。この金星日面通過の作品も、金星が太陽面をゆっくりと通過していく様子がリアルに実感できます。昼間に活躍するモバイル赤道儀TOAST Proの作品でございました。
いやぁ~、天野さんの作品、毎回素晴らしいです!

【Dealer Select Option Parts 番外編】

今回は、TOASTスタッフが海外で集めた気になる一品をご紹介しましょう。

 

天体写真を趣味にして、撮影機材以外に絶対に必要なものとは?

「車?」・・・いえいえもっと小さいものです。

「手袋?」・・・まぁそれも重要ですけど夏場にはいらないでしょう?常に必要なモノです。

答えは「フラッシュライト」です。

昔はタングステンタイプのマグライトが天体写真ファンの御用達でしたが(勝手に決めました)、今や主流はなんといってもLED。TOASTユーザーの皆さんもカバンにポッケに車のダッシュボードの中に、幾つものフラッシュライトを潜ませていませんか?かく言う私も、ハイ、フラッシュライト・マニアでございます。

LEDフラッシュライトの電池は、特殊なものが非常に多く、それが一番面倒なんですよね。高い汎用性とシンプルイズベストがモットーのTOASTスタッフは、フラッシュライトにもそれを求めます。

使用する電池はズバリ単三型乾電池1本!
そう、単三型乾電池(AA)は、世界中あらゆる国で購入可能な電源なのです。
さらにTOAST Proしかりアルミニウムの削り出しにこだわるTOASTスタッフは、フラッシュライトにもそれを求めます。

そんなわけで、単三型1本で十分な明るさを保ちつつ、アルミ削り出し加工&カラーアルマイト処理のLEDフラッシュライトをユーザー登録済みのTOASTシリーズ正規ユーザーの皆さんにおすそわけでございます。(※海外製のテスト用電池が入っていますが、液漏れ等の事故を防ぐため点灯確認後はすみやかに新たらしい単三形乾電池と交換してください。また海外バルク品のため小さな傷等がある場合があります)

3色からお好きな色をどうぞ!

 【1W型LEDフラッシュライト(AAタイプ)】 優待価格:980円
(直径:約20mm / 全長:約93mm)

 心臓部のLEDは1Wのものを採用。昇圧回路内蔵により単三型乾電池1本での使用が可能になっています。操作性が抜群なリアのプッシュ式スイッチを採用したこのフラッシュライト、カラーリングも好みから選べます。TOAST Proのキャリングケースの中に1本。車の中に1本。いつものカバンの中に1本と、お一人3本は必要ですね(ハイ、そんなやつは私だけです)。

さあ、ニッチなグッズでTOASTライフをますます楽しみましょう!
ご希望の方は、ユーザー登録時にお送りしている優待販売用のURLに今すぐアクセス!

金環日食 : 天野昌弘 様

ネット上ではまだまだ興奮冷めやらぬ、2012年5月21日の金環日食ですが、今回はTOAST Pro ユーザーの天野昌弘さんの作品をご紹介しましょう。

天野様からのコメント

「金環日食画像をお送りします。当日は6時半頃まで雲に隠れていましたが、それ以降は雲も切れて食の最後まで撮影することが出来ました」

2012年5月21日-金環日食

撮影機材
PENTAX K-5
BORG 50FL+絞り+マルチレデューサー0.7×DGT+PENTAX F-AFアダプター1.7倍
Kenko ND10000フィルター
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

撮影データ
ISO200 F11 1/1000秒

* * * * * * * * * * *

【TTスタッフ コメント】

天野さんからお送りいただいたデータによると「インターバル撮影合成」とありますので、モバイル赤道儀TOAST Proで自動追尾しながら、一定間隔ごとにシャッターを切り、あとでPhotoshopなどの画像処理ソフトで1枚に統合された作品だと思われます。
こうして1枚にまとめてみると、月が太陽の前を横切っていく様子がよくわかりますよね。黒点もバッチリ写っていて、実に貴重な記録となっています。

ところで、軽量かつ高い解像度を誇る人気のBORGとモバイル赤道儀TOAST Proを組み合わせて運用しているユーザーは非常に多く、昼間はBORGで野鳥や航空機、夜はTOAST Proに載せ替えて天体撮影と、BORGユーザー寝る暇がありません。

50FLは400mmの焦点距離を持つ望遠鏡ですが、今回天野さんは、マルチレデューサー0.7とPENTAX F-AFアダプター1.7倍をK-5に組み合わせたシステムですので、35mm版換算で約700mm相当の超望遠レンズ撮影となります。(計算間違ってたら教えてください、天野さん!)

ポイントは鏡筒とカメラの間にBORGの”絞りユニット”を追加している点です。BORGは望遠レンズと望遠鏡を行ったり来たりできる独特の光学系。しかも無数とも言えるパーツの組み合わせで独自の撮影システムが楽しめるという、素人にはなんのこっちゃわからないスゲー製品なのであります。

望遠鏡は、通常F値は固定です。レデューサーをつければ可変できますが、カメラの望遠レンズのようにシームレスな絞り値変更は不可能です。ところが、です!BORGには20枚の絞り羽根をもつ絞りユニットが追加できる!特に今回の金環日食のように雲間から見え隠れするような天候下の撮影では、状況に応じて絞り値を変化させることがきるメリットは計り知れません。

各言うワタクシは、まだ個人的にはBORGを持っておりませんが、BORGの生みの親であるトミーテックの中川昇氏は、なんとモバイル赤道儀TOAST Proカワセミブルーモデルを所有されている真のTOAST Proユーザーだったりします。こりゃイカン、早速BORG買わないと・・・とBORGのサイトを訪れてみると、在庫が全然ない超人気っぷりっていうじゃありませんか!

その人気の秘密、わかります。ハイ、いわゆる「ボーグ沼」ってヤツですね。天野さんは、その複雑怪奇なボーグ沼をガンガン進んでいらっしゃるヘビーユーザーでしょうか?システムの組み合わせ方、今度教えて下さいませ。BORG勉強します!

「プロカメラマンの撮影システムに興味津々」の巻

天体撮影をやっている方なら知らない人はいない天体写真家の飯島 裕さん。飯島さんもモバイル赤道儀を愛用するTOAST Proユーザーのお一人です。

飯島裕氏のTOAST-Pro撮影システム  クリックで大きな画像が表示されます

この画像は、飯島裕さんが6月6日の金星日面通過を撮影した時の機材の様子。天文雑誌「星ナビ」に毎月連載している「銀ノ星」の作品撮影のため、当日は晴れ間を求めて福井県まで遠征されたとか。
今回は、貴重なプロカメラマンの撮影システムをちょっと覗いちゃいましょう!

 

まず目につくのは、巷ではちょっと目にしたことがない木製の三脚です。これドイツの「Berlebach(ベレルバッハ)」製ですぞ。どうです、ちょっとカッコ良過ぎないですか?もちろん見た目の問題で飯島裕さんがこの三脚を使っているわけでは当然ないわけで・・・「この木製三脚は、その振動吸収性能が他の素材を使った三脚とは一線を画するものがあるんですよ」と飯島さん。一般的なカーボンやアルミ素材の三脚は、複合的な振動が共鳴し合い揺れが収まるまで確かに時間を要します。でも、木製三脚という選択肢があるなんて、正直夢にも思いませんでした。

プロ御用達のBerlebach

調べてみると、Berlebachは、望遠鏡と組み合わせて使っているユーザーが意外に多いらしいんですよ。望遠鏡では、天体の導入からフォーカス合わせまで、常に機材に手で触れて操作します。その度にシステムは大きく振動する宿命を背負っています。特に微妙な振動であればあるほど、振動吸収の早い架台(三脚)は、有効なんですね。望遠レンズでの撮影でも同様のことが言えるわけです、ハイ。

まぁ、知ったかぶりして語っとりますが、ハイ、ワタクシBerlebachツカッタコトナイでアリマス!(笑)。

 

そんなわけで、飯島 裕さんが木製三脚を愛用し続けている理由はよくわかりました。

続いて光学系に行く前に、みなさんカメラに注目です!先端にくっついている黒くて妙に小さいそれです。飯島 裕さんは、知る人ぞ知るオリンパスユーザー。しかも筋金入りです。そんなわけで、てっきりこの春に発売されたOLYMPUSのマイクロフォーサーズ新型モデル「OM-D E-M5」だと早合点してしまいましたが、みなさん、目を凝らしてよぉ~く見てみてください。

銀塩カメラ OM-4Ti

・・・これ、「OLYMPUS OM-4 Ti B」です。

そう、飯島裕さんが星ナビ連載中の「銀ノ星」は、独特の微粒子の世界で表現された作品を毎月紹介していく記事。つまり作品を撮影するためのカメラは、銀塩カメラなわけです。どうです、すごいでしょう?(ってワタシが威張ってもしかたないですが・・・)

 

そして白亜の光学系は、トミーテックのBORGシリーズです。右がBORGのフラッグシップモデルであるBORG125SD、左が天文ファンや野鳥ファンに大人気のBORG77EDⅡです。

軽量で高画質な光学系が魅力のBORG

注意していただきたいのは、もちろん左側の77EDⅡが載っかった方ね。三脚と鏡筒の間に挟まってる黒い機材。文末にしてようやくたどり着きましたが、プロカメラマン御用達の「モバイル赤道儀TOAST Proブラックカラーモデル」です。

プロ御用達のTOAST-Proブラックカラーモデル

さらに注目していただきたいのは、BORG77EDⅡを載せている雲台です。飯島裕さん、2軸改造したManfrottoジュニアギアヘッド410をフレーミング時の微動装置として使われています。これTOASTユーザーでも人気の方法です。

たった1枚の画像で、「オマエ語りすぎだよ!」って声が聞こえてきそうですが、プロの作品や機材は、ぜひとも穴の開くほど凝視してみましょう。そこかしこにヒントが見え隠れしています。全てにおいて”実用的な理由”が存在するプロの機材。飾りじゃないのよ、ホント。そんなわけで、プロから学ぼうのコーナーでした(長すぎ!)。

飯島裕さん、これからもガンガンTOAST Proブラックカラーモデルで素敵な作品を生み出し続けてくださいね!