TP-2は玉手箱:佐藤信敏さん

 

TP-2に、富士フィルムのレンズ交換式カメラ 「Fuji X-E2」にニコンの大口径レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/2.8」を組み合わせたシステムでスタック処理による素晴らしい星雲の作品をものにされている佐藤さんですが、また違ったアプローチによる天体自動追尾撮影にチャレンジされているようですよ。

 

********** 佐藤信敏さんのコメント **********

この度はブログに取り上げていただきありがとうございました。

もうひとつTP-2の高性能がわかる写真を3点お送りします。

TP-2で星を撮られている方は多く見かけますが、月とか惑星の作例はあまり見かけません。軽量な機材を乗せればTP-2でも十分満足できる写真が撮れます。
これらはプロミナ500ミリF5.6というフォトビジュアル望遠レンズに、Nikon 1 J5と2倍のニコンのテレコンバーターをつけて撮影しています。
惑星の撮影では微細な振動でも画質が悪化するので電子シャッター搭載の軽量なNikon 1 J5というカメラを選んでいます。
連写モードを使い月で70枚、土星で80枚の写真をスタックして作っています。そうすることで大型赤道儀に望遠鏡をつけたセットに迫る写真を得ることが出来ました。
TP-2は使い方次第でどんどん天体写真の世界が開けてくる赤い玉手箱みたいですね。

 

月面 TP-2

 

月面 TP-2
カメラ:Nikon 1 J5
レンズ:PROMINAR 500mm F5.6 FL + 2倍テレコンバーター

感度:ISO160
露出:1/60~1/00秒
撮影数:70~80cuts
画像処理:RegiStaxにてスタック、ステライメージにてウエーブレット処理、PhotoShopにてトーン調節

追尾架台:TP-2 (TOAST TECHNOLOGY)

 

土星 TP-2
カメラ:Nikon 1 J5
レンズ:PROMINAR 500mm F5.6 FL + 2倍テレコンバーター

感度:ISO400
露出:1/8秒
撮影数:120cuts
画像処理:120カットのうち良像80カットをRegiStaxにてスタック処理、ステライメージにてウエーブレット処理、PhotoShopにてトーン調節

追尾架台:TP-2 (TOAST TECHNOLOGY)

 

***** TOASTスタッフ *****

RegiStaxをつかって80枚前後という膨大なカットをスタック処理するこで、解像感とSNが大幅に向上しています。

全ての天体写真がフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラで撮影しなければならない理由などなく、状況にあわせた最適な組み合わせで最高のパフォーマンスを得る知識の方が重要です。

TP-2は手のひらに乗るほど小さな赤道儀です。そこに1000mmを超える超望遠レンズを組み合わせればシステム全体が極端なトップヘビーな状態になります。

そこで佐藤さんは、重く大きなデジタル一眼レフカメラではなく、軽量なミラーレス一眼を採用します。

Nikon 1 J5は、13.2×8.8mmサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼で、焦点距離は35mm判換算でレンズの焦点距離の約2.7倍相当の長焦点になり、望遠撮影には持って来いです。

さらにトップヘビーなシステムでは、シャッターを切る僅かな振動さえシステム全体の揺れに大きな影響を及ぼします。ミラーレス一眼は電子シャッター式なので、撮影時にミラーの上下駆動がなく無振動。頭でっかちな撮影システムのデメリットをうまくキャンセルする最適な選択です。

シャッター以外にも振動の要因は様々。風はもちろん、近くを車が通過するような場所ではその振動が大きなブレとなって画像に影響します。そして月面撮影では大気の気流の影響も懸念材料です。

 

さて、みんさんの中には、見慣れたごく普通の月面作品にも感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この作品の仕上げからは作者の高い絵的センスをうかがい知ることができます。

こうした作品ではついついコントラストを高めに調整してしまいがちなのですが、佐藤さんは絶妙なバランスで全体像を作り上げています。SNを最大限生かした非常になめらかな絵作りは、誰もが簡単にできるものではなく、まさに絵作りのセンスがモノを言う世界。

最終的にどういった作品(表現)にしたいか、あらかじめ頭のなかにイメージを描けてこそ、そのイメージを作るための最適な機材チョイスや画像処理を行うことができるものだと、TOASTスタッフは思う次第です。

今宵は、佐藤さんの月面作品をモニターに映し出しながら、ちょいと一杯ひっかけよっかな。

見ていて飽きませんもん!!!!!!

TP-2の限界はどこか検証中!:佐藤信敏さん

ようやく晴れの日が続いても、夜空には明るく輝く月が・・・。

天体写真を撮影するには「月齢」、「天候」、そして「休暇」の3拍子がそろわないとシャッターを切ることが叶わないという、なんとも条件の厳しいジャンルですが、みなさんの勝率はいかがですか?

さて、TP-2ユーザーの佐藤信敏さんから作品を投稿いただきましたので早速ご紹介しましょう!

佐藤さんは、「TP-2の限界はどこか検証中!」と題して、富士フィルムのレンズ交換式カメラ 「Fuji X-E2」にニコンの大口径レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/2.8」を組み合わせた撮影システムで冬の星雲星団をシューティングです!

 

********** 佐藤信敏さんのコメント **********

「TOAST(TP-2)の限界はどこか検証中です。バランスと風に注意すれば300mm F2.8でも問題なく撮影出来ることがわかりました。」

 

M42 オリオン星雲
カメラ:Fuji X-E2
レンズ:AF-S NIKKOR 300mm f/2.8
感度:ISO3200、露出:30sec
撮影数:70cuts ※DSSにてスタック
撮影地:富士山4合目
追尾架台:TP-2 (TOAST TECHNOLOGY)

 

M45 プレアデス星団
カメラ:Fuji X-E2
レンズ:AF-S NIKKOR 300mm f/2.8
感度:ISO3200、露出:30sec
撮影数:140cuts ※DSSにてスタック
撮影地:富士山4合目
追尾架台:TP-2 (TOAST TECHNOLOGY)

 

馬頭星雲
カメラ:Fuji X-E2
レンズ:AF-S NIKKOR 300mm f/2.8
感度:ISO3200、露出:30sec
撮影数:90cuts ※DSSにてスタック
撮影地:富士山4合目
追尾架台:TP-2 (TOAST TECHNOLOGY)

 

***** TOASTスタッフ *****

注目していただきたいのはカメラの感度、露出時間、そして撮影枚数です。

佐藤さんはモバイル赤道儀と大口径レンズを使った撮影に精通していらっしゃる方だとお察しいたします。

というのも、 撮影場所は富士山4合目付近ということで条件的には悪くは無いのですが、南の空は御殿場の街明かりの影響があり、レンズ開放値で長時間の露出だと画像がすぐにカブってしまいます。そして手のひらサイズのコンパクトな赤道儀に重く大きな大口径レンズを搭載した場合、極端なトップヘビー荷重状態になるためちょっとした地面の振動や風の影響も受けやすくなり、そのぶん歩留まりに影響してきます。

そこで佐藤さんは、感度を思い切ってISO3200まで上げることで、露出時間をわずか30秒まで切り詰めています。当然このままだと露出はアンダー。暗い星はもちろん淡いベールのように広がる星雲のディテールは全く写りませんが、全く同じ条件でインターバル撮影を繰り返し、ひとつの被写体につき70から140カットという膨大な画像を撮影。それを「DeepSkyStacker」というソフトウエアを使ってスタック処理し1枚の作品として仕上げています。

数十枚の画像をスタック(重ねあわせ)処理することで、ISO3200の高感度撮影にもかかわらずノイズが目立たなくなり、御殿場の夜景の影響によるカブりを避けつつも暗い星や淡い星雲のディテールを浮かび上がらせることに成功しているというわけです。

300mm f2.8の大口径レンズで長時間露光を成功させるには、三脚の選定をはじめとする剛性面に配慮した周辺機器と組み合わせることはもちろん、バックラッシュの影響も考慮したうえで無振動でシャッターを切ることが必要になります。

しかし、少しでも風が吹けば速攻でNG。

なかなか歩留まりがあがりません。

佐藤さんの方法は、歩留まり向上の面で非常に理にかなっている方法のひとつで、貴重な遠征地での撮影で無駄なショットを重ねずにに済みます。

 

ところでTP-2は、極軸の真上から垂直に荷重をかけた場合、つまりTP-2がテーブルの上で水平になるように置いた状態で雲台取り付けステージ上に10kgのウエイトを置いても稼働するトルクを有しています。

つまり、機材をTP-2に搭載する際に、前後左右のバランスがきちんととれた状態にセッティングしてやれば、意外なほど大物にも対応できるのです。

大口径レンズを使う場合には、ベストなバランス状態を実現できる「ジンバルフォークユニット」を併用することをオススメします。

バランスが適正であれば、クランプをしめなくても、どの方向にレンズを向けてもピタッと機材が止まってくれますから、焦点距離が長いレンズでのフレーミングも相当楽になるのです。

 

さて、余談が過ぎましたが、大きく重い撮影機材は、大きく重い赤道儀と三脚をつかえば実に楽に撮影ができ歩留まりも向上します。これは間違いありません。

でも重く大きな機材を車に積んで現地で組立てるのはなかなか大変なことです。

TP-2のような小型・軽量のモバイル赤道儀で様々な撮影に対応するには、使い方にちょっとした配慮や工夫が必要になります。

どちらも結果(作品)は大きく変わらないとしたら、あなたはどこで手を抜き、どこに手をかけますか?

その点において、佐藤さんはモバイル赤道儀のメリットとデメリットを熟知されたうえで、ご自身の右腕として使いこなしていらっしゃるように思います。

撮影時には歩留まりを考慮して短時間露出を数十回から数百回繰り返す(インターバルタイマー撮影)、そして自宅でのパソコン処理でスタックしてじっくりと作品に仕上げていくというスタイル。

みなさんんも是非チャレンジしてみてはいかがですか?

満員御礼!

6万7千人を超える来場者があった今年のCP+。

怒涛の4日間が終わり、TOASTスタッフたちもようやくホッとしたところです。

CP+ 2015

 

全国からTOAST TECHNOLOGYのブースを訪れてくださった多くのお客様、そしてTOASTシリーズユーザーの皆さんに、あらためまして御礼申し上げます。

来年はぜひTOASTユーザーの皆さんにも役立つ情報をお届けできるようなブースにしたいと思っています。

現在、TOAST Online Shopでは多くのご注文を頂いており、出荷に多少お時間を頂く場合がございますが、何卒ご容赦くださいませ。

大盛況のCP+2015 本日最終日です!!

4日間に渡ったCP+も、いよいよ今日が最終日です。

昨日の土曜日は、早朝から会場の外に長蛇の列ができるほどの大盛況!

CP+直前に電撃発表されたNikonの天体専用モデル「D810A」やCanonの超高解像度モデル「5Ds」「5DsR」などなど天体写真やスタータイムラプスファンにとって非常に気になる新製品には、多くの来場者で賑わっています。

そんななか、TOAST TECHNOLOGYのブースも連日多くの来場者が詰めかけてくださっていますよ。

特に、今回のCP+でワールドプレミア発表した「TP-7」には皆さんの注目が集まっています。

ドドーッと並んだTP-2システムと共に、ぜひ実機をひと目見に来てくださいね。

場所は、コシナブースのキヤノン側(?)通路。

総合ゾーンのG-13ブースです!

さてさて最終日はどのくらいのお客様が来てくださるでしょう?

TOASTスタフもドキドキの朝を迎えております!

CP+ TOAST TECHNOLOGYブース

 

 

CP+ 2015 いよいよ本日開催です!

「CP+ 2015」がいよいよ開幕です。

初日から例年を上回る来場者でどのブースも大賑わいの様子。

TOAST TECHNOLOGYも、狭いブースはすし詰め状態の大好評でした!

あまりに忙しすぎてブースの様子を撮影出来かなったので、開催日前日のブース設営中の様子をスマホで撮影したムービーをちょっとだけご紹介です。

ワールドプレミアの「○○○」は、国内外のメディアからも大注目。

実際に本物を見に、ぜひCP+へお越しください。

 

TOAST TECHNOLOGYのブースは、総合ゾーンのG-13。

キヤノンとコシナのあいだあたりを目指してGO!!!