ニコン AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED

ニコンユーザーは、実質シグマの 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYEしか選択肢がなかったフルサイズセンサーによる星空の円周魚眼撮影。

円周魚眼から対角魚眼まで1本で対応するズームレンズは、これまで2011年に発売されたキヤノンEF 8-15mm F4Lが唯一無二の存在でしたが、AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDともに発売されたニコン初の円周魚眼ズームレンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」は、ニコンユーザの楽しみ方を大きく変えてくれるかも知れません。

この作例は、発売前の「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」試作機によるものです。

サークルフィッシュアイなら、次々に押し寄せる雲の合間からオーストラリアの雄大な天の川銀河も一網打尽。

ズームでありながら高い解像度を持ったこのサークルフィッシュアイレンズ、春から初夏にかけて南半球に遠征するなら絶対に持っていきたいレンズのひとつです!

【南半球の天の川銀河 ※全天周】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED(8mm 開放)
感 度:ISO3200
露 出:240秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

銀河撮影に最適な「NIKKOR 28mm f/1.4E ED」

焦点距離28mmは、特に天の川銀河の中心部を撮影するのに最適なレンズのひとつ。

中心部が頭上高く昇る南半球では、複雑な暗黒帯がいとも簡単に表現されてしまう楽しさがあります。

サジタルコマフレアの発生を抑えた設計を謳っているNIKKOR 28mm f/1.4E EDは、開放でも見応えのある作品を撮影することができますが、その明るさ故にに空の状況によっては露出時間をあまりかけられないことも。

そんな時は、絞りとISOで露光時間を調整していきますが、TP-2ならたっぷり露出をかけた撮影も簡単。

モノコック構造による剛性の高い筐体は、重量のある大口径レンズや望遠レンズ搭載時でも安心して仕事を任せられるので、レンズや設定をどんどん変えながらスターハンティングを楽しむことができますよ。

【南十字座】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED(F4)
感 度:ISO1600
露 出:300秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

エータ・カリーナ星雲

南半球はカメラレンズで楽しめるフォトジェニックな天体の宝庫。

特に中望遠レンズで次々にそれらをおさめていくのは実に楽しいものです。

その中でも、エータ・カリーナ星雲は格別な存在。

135mmでも十分見応えのある作品が撮影できます。

これも雲の合間から「カシャっ!」

【南十字座】
カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:EF135mm F2L USM(F2.8)
感 度:ISO3200
露 出:120秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

南十字座

この夜は、次々に薄雲が夜空を通過するあいにくの天候。

でも、そんな時こそチャンス!?

タイミングを見計らって、わざと雲を少し通過させることでディフューズ効果を簡単に得ることができます。

市販のディフュージョンフィルターと比べると、星の滲み方が独特ですよね(今回はちょっと滲み過ぎですが)。

この作例も1ショット撮影によるものです。

【南十字座】
カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:EF135mm F2L USM(F4)
感 度:ISO3200
露 出:120秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

アンタレス付近

TP-2なら広角から望遠まで、様々なレンズを交換しながら星空のハンティングを手軽に楽しむことができます。

この作例は、EOS 6DとEF135mm F2L USMの組み合わせで撮影されたひとコマ。

露出時間150秒の1ショットをAdobe LightroomでRAW現像、複雑な散光星雲のディテールが簡単に浮かび上がってきます。

【天の川中心部】
カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:EF135mm F2L USM(F4)
感 度:ISO3200
露 出:150秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)