天文ガイド9月号表紙

台風一過の今日は久しぶりの青空が広がっています!

関東甲信地方では7月19日に梅雨明け宣言が出されたましたが、その後もずっと悪天候が続いて天体写真ファンにとってはストレスがたまるばかりの夏ですね。

 

ところで、誠文堂新光社の雑誌「月刊天文ガイド」9月号の表紙は、ニコンが6月末に発売したばかりの新しいレンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」による天の川銀河です。

カメラは同じくニコンのアストロカメラ「D810A」、コンポジットなしの1ショット作品です。

F1.4のハイスピードレンズならわずか90秒の露出でここまでのディテール表現が可能なんですね。ちなみにTP-2による自動追尾ですよ(笑)。

撮影地はオーストラリア。シドニーから車で7時間ほど内陸に入ったワランバングル国立公園(ニューサウスウェールズ州)で撮影されたものです。

ワランバングル国立公園は、オーストラリア初のダークスカイ・パークに認定されたエリアで、夜空の暗さは折り紙付き。

F1.4のレンズでも長秒露光可能な素晴らしい星空が広がっています。

南半球での天の川撮影のベストシーズンは4月から6月にかけての新月前後。来年は真っ暗なオーストラリアの星空を撮影しに出かけてみてはいかが?

梅雨の晴れ間を狙ってカメラレンズで撮影&タイムラプス映像(平野さん)

梅雨空のもと、遠征撮影に出かけられない日々が続くTOASTユーザーの皆さんは、
この時期、撮影でたまったデータの画像処理に時間を充てる方が多いことでしょう。

この時期でも撮影したい!というTOASTスタッフメンバーは、
冬のオーストラリアまで遠征してしまいましたが・・・

さて、常連の平野さんから新作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

平野です。
関東地方は梅雨に入ってしまいましたが、晴れ間を狙って撮影に出かけてきました。

今回は天体望遠鏡ではなく、カメラレンズで撮影してきました。

[いて座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SONY FE 85mm F1.8(F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×39枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

[こと座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SIGMA 70-200F2.8 DG OS HSM(150mm F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×97枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

[はくちょう座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SIGMA 70-200F2.8 DG OS HSM(70mm F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×81枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

最初のいて座付近は、カットの半分程度は薄雲が流れてしまったのですが、気にせずスタックしました。
やはり右下が不自然になってしまいましたが、もともとソフトフィルターを使ったのであまり気にしないことにします。

こと座は、レンズはSIGMA 70-200F2.8 DG OS HSMの150mm F4+Pro Softon Bです。
感度と露出時間は同じです。
ステライメージで97枚スタック処理。

はくちょう座は、同じレンズの70mmF4でPro Softonなし、81枚スタック。
北アメリカ星雲やサドル付近は単体で撮ったことがないのですが、今後狙ってみたい対象です。

 

前回やってみて難しいとお話ししたTP-2を被写体にしてのタイムラプスですが、
何とか見られるような素材が撮れたのでYoutubeにあげました。

今後少しずつ撮りためて1分程度のタイムラプス動画に仕上げられればなぁと思っています。

 

********** TOASTスタッフ **********

平野さん、ご投稿ありがとうございます!

今回はTP-2に中望遠レンズとミラーレス一眼を搭載した作品ですね。
天体用改造を施したα7Sですが、ISOを12800まで上げて
1カットわずか30秒という短時間露光を繰り返し後処理でスタックするフローは、
比較的明るい夜空でも結果を出しやすい注目の手法のひとつです。

ディフュージョン系のフィルターは、
露出をかけすぎると白飛びして色が出辛くなるので、
そのあたりの塩梅はなかなか奥深いものがありますね。

レンズ前に装着する円形ガラスタイプのフィルターは
効果の強弱が調整しずらいのが難点ですが、
シート状の角型フィルターなら、
ディフュージョンの効果を数種類から選べるので
作品作りでは重宝します。

特に焦点距離が長くなるほどディフュージョン効果が大きくなるので、
広角レンズでは標準から強めを、
中望遠からは弱めの効果のフィルターが良い結果を生んでくれます。

はくちょう座付近は赤い散光星雲の宝庫ですので、
天体用改造カメラの独壇場です。

次は北アメリカ星雲周辺を狙った作品を楽しみにしています。

ところで、平野さんはタイムラプス作品も始められたようですね。

追尾撮影中にその様子を
もう一台のカメラで星空と一緒にタイムラプス撮影した映像は、
なかなかドラマチックでしたねぇ。

まるでTP-2のプロモーションビデオのようでうれしかったです!!

アストロカメラで梅雨入り前の夏の夜空を狙う(O.Sさん)

いよいよ梅雨シーズンに突入です。星空ファンにとって暗黒の季節です。

さて、TP-2ユーザーのO.Sさんから最新作を投稿いただきましたので
早速ご紹介しましょう!

********** O.Sさんのコメント **********

O.Sと申します。

梅雨入り前に撮影した写真です。
今回は810Aと中古で入手したd5300の新改造を使ってみました。
今回はポールマスターは使っておりません。
強風で没画像もかなりでましたが、クリアーな夜空でした。

【さそり座アンタレス付近】
カメラ:Nikon D5300(新改造)
レンズ:Nikon 58mm F1.4(F4)
露 出:120秒X16枚
感 度:ISO1600
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

 

【M8干潟星雲】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:ボーグ 71FL+レデューサー
露 出:150秒X9枚
感 度:ISO1600
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

 

【バンビの横顔】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:シグマ 189mm マクロ F2.8(F4)
露 出:150秒X9枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

********** TOASTスタッフのコメント **********

どちらのカメラもいわゆるアストロカメラです。
天文ファンおなじみのD810Aは安定した表現力ですが、
DXフォーマットD5300の改造機もなかなかのものですね!

総露出時間32分でアンタレス周辺の散光星雲や
暗黒星雲が見事に表現されています。

撮影地は千葉県大多喜町ということですが、
この辺りはゴルフ場が多いエリアなので
比較的空の条件は良い方なのかもしれませんが、
1枚当たり2分間の露出ができる空は貴重です。

今ちょうど、TOASTスタッフの一人がD810Aを数台抱えて、
頭の真上に輝く南半球の天の川を撮影するために
オーストラリアに遠征中なのですが、
D810Aはアストロカメラでありながら
カラーバランス特性が通常のカメラに近いチューニングなので
とても使いやすいですよね。

特に天の川も特別な画像処理をせずに
ナチュラルな色を出しやすいカメラなので、
TOASTスタッフたちも愛用する人が多いですよ。

ますます腕に磨きをかけるO.Sさん、
今度はぜひ詳しい機材の紹介や撮影秘話などを
お聞かせいただけるとうれしいです!

Proユーザーの方はこの機会にぜひご利用下さい。

大人気のTOAST Proアップグレードサービス。

換装作業やオーバーホールのため、全国各地から機材がTOAST Online Shopに集まっています。

 

アップグレードを受けた終わった色とりどりの機材

発売当時、TOAST Proは限定カラーバリエーションモデルが販売されました。

特に「BLACKカラー」は、プロカメラマン向けに限定発売されたモデルで、今回のアップグレードでかなりの数が届いています。

BLACKカラーよりさらに貴重なのは「グリーンカラー」モデルです。

みなさんきちんと手入れをされていて、機材の状態はとても良いものばかりです。

 

内部をみてみるとどのように使われてきたかが見て取れます。TOAST TECHNOLOGYのサービスマンだけに許された特権(?)です。

ウォームホイールをきれいに全周くま無く使っていて、ウォームネジの端のグリスに細かい金属粉が付着しているものは、エイジングによって購入時よりも精度が安定してることがわかります。

グリスをよく見てみると、美しい砂粒が混ざっていたり、突然のにわか雨に襲われたであろう痕跡も。

なかにはグリスが新鮮なままで驚くほどきれいな状態のものもありますが、TOASTのエンジニアたちは、薄汚れて固まりかけたグリスの機材をみると、思わずニンマリです。

というのも、汚れがグリスに付着している機材は、ウォームホイールが何回転もしてそれだけ多くの作品を生み出すお手伝いが出来たということ。

砂漠の砂粒は、ユーザーと一緒に世界中を一緒に回った証かも知れません。

機材の状態は様々ですが、一旦全てのギアユニットを分解し、オーバーホールで最新のグリスにグリスアップ。再び購入時の精度が蘇るのを見るのは、きっとエンジニア冥利に尽きることでしょう。

 

アップグレードサービス用の部品在庫はあとわずかとなっております。在庫がなくなり次第、予告なく終了いたします。

ご希望の方は、登録ユーザーにお送りしているメールマガジン記載のURL、または問い合わせフォームからご連絡ください。

 

アップグレードサービス用の部品在庫はあとわずか!

業界を一世風靡したTOAST シリーズの人気モデル「TOAST Pro」。すでに生産を完了したモデルですが、今なお多くのユーザーの方々がフィールド撮影の第一線で使用する機材として素晴らしい作品を生み出し続けています。

TOAST Proの駆動モードは、NormalとHalfの2段階。トグルスイッチの操作によりスピードを切り替えられるようになっていますが、夏の北米皆既日食に遠征を予定しているユーザーの方々から、以前実施したアップグレードサービスへのお問い合わせが今年に入って急増。

これを受けTOAST Online Shopでは、TOAST Proに対してTP-2と同様の機能をもった電装ユニットへの換装をおこなうアップグレードサービスを正規登録ユーザーの機材に対して実施中です。

 


換装前


換装サービス後


換装前


換装サービス後

 

正規登録ユーザーへは、すでにメールマガジンでご案内させていただいておりますが、このサービスは生産完了製品TOAST Proの筐体やギアユニットはそのまま流用し、電子系統を最新機種のTP-2同様の機能へとアップグレードするものです(※使用する電子回路はPro UPG専用のため、最新機種TP-2内蔵のものとは異なります)。

ロータリースイッチによりSTAR、SUN、MOONの各種天体自動追尾モードおよび地上の景色と星空を同時に静止させた星景撮影が可能なSTAR-Landscapeモードのほか、昼夜間のタイムラプス撮影時になめらかなカメラワークを生み出すモーションタイムラプスモードなど合計10種類の駆動モード選択が可能になります。

 

< Pro UPG版のおもな特長 >

・10種類の駆動モードを搭載
・ニッケル・水素蓄電池「※エネループ」に対応
・バッテリー警告機能 (※エネループ使用時)
・USB出力大容量リチウムイオンバッテリーに対応
・安定した高トルク駆動を実現する昇圧回路内蔵
・5V-12Vまで幅広い外部電源に対応

 

 

すでにお申込みいただいたお客様の機材は、TOAST TECHNOLOGYのファクトリーに順調に作業が進んでいます。

「アップグレードサービス」のみご希望のお客様には、当初の予定より早めに機材をご返送できる予定です。

またアップグレードと同時に簡易点検およびオーバーホールサービスをお申込みのお客様については、作業完了次第順次ご返送させて頂きます。

 

アップグレードサービス用の部品在庫はあとわずかとなっております。今回のアップグレードサービスは部品在庫がなくなり次第、予告なく終了いたします。

ご希望の方は、登録ユーザーにお送りしているメールマガジン記載のURL、または問い合わせフォームからご連絡ください。

 

Proユーザーの方はこの機会にぜひご利用下さい。