タグ : GANREF

飯島裕カメラマンのGANREFワークショップ in 堂平天文台 番外編

8月31日から9月1日掛けて、埼玉県の堂平天文台で開催されたGANREFワークショップ「飯島裕先生の星景写真ゼミ」。

9名の参加者のうち2名がTOAST TECHNOLOGYのモバイル赤道儀ユーザーでした。

 

中でも、愛知県から機材一式をもって前日に東京入りしたというPEC-TSさんは、参加メンバーの中でも最も気合の入ったお一人だとお見受けしました(勝手にです、スミマセン!)。

今回は、飯島ゼミの番外編として、PEC-TSさんがGANREFワークショップに持参された撮影システムを、ちょこっとだけご紹介させていただきますね。

 

堂平天文台

天体写真家の飯島裕さんを腕組みさせるほどの秘密兵器!EOS 1DXのホットシューに接続された白いスマートフォンのような装置が妙に気になります。

 

堂平天文台

三脚は、飯島さん愛用のドイツ「Berlebach(ベレルバッハ)」製の木製三脚。これだけでかなりプロっぽいシステムです。TTスタッフも非常に惹かれております、この三脚・・・。

そして重いEOS 1DXをしっかり支えて、搭載バランスをとることができるジンバルフォークユニット。

さらにシステムを繋ぐアルカスイス規格のプレートやクランプ類は、アメリカ「Really Right Stuff」製と、すべて舶来品でコーディネートされています。

 

堂平天文台

そして飯島さんがしきりに指差す白い装置。これは、iPad から EOS 1DX をリモート制御することができる「CamRanger」なる製品だそうです。カメラとiPadをWifiネットワークで繋ぎ、キヤノン製のPC用カメラ制御ソフト「Digital Photo Professional 」のように、iPadから殆んどのカメラ操作と画像確認が可能なスグレモノです。

 

堂平天文台

「CamRanger」とカメラ本体は、ミニUSBで接続。これで、各種機能設定からフォーカスまでiPadで完全リモート操作できてしまうというから、魅力的です!

カメラのホットシューには、i-Phoneの固定用に発売されているスタンドを応用して 「CamRanger」をしっかりホールドしています。

PEC-TSさんは、実にガジェット好きな方で、同じ匂いを感じたTTスタッフは、まるで警視庁捜査一課の刑事のごとく、カバンの中に未だ見ぬガジェットを隠し持っているのではないかと、しつこく食い下がったところ・・・

 

すると出てくる出てくる!見たことのない海外メーカーのガジェットが!

TTスタッフ、このひと時をすっかり楽しんでしましました。PEC-TSさん、申し訳ありませんでした・・・。

 

でも、こんな風に様々なジャンルの製品と組み合わせて、独自のシステムを組み上げることを、多くのユーザーにもっと楽しんで頂きたいんです。

TOAST Online Shopでは、今月、そんなガジェット(残念ながらCamRangerではないけれど)の幾つかを、みなさんにご提供すべく準備を進めておりますので、乞うご期待のほど。

 

さて、最後になりましたが、現在、TOAST Online Shopでは、商品の入荷待ちとなっており、多くの皆様にご迷惑をお掛けしております。

この場を借りて深くお詫び申し上げます。

ご心配なく!現在鋭意生産中で、各パーツもいい具合に仕上がってきていますよ。

ギアユニットの一部が耐久性を増したものになり、ユニット単体で50%の耐荷重となる、なんて情報も入ってきていますが、ホントかなぁ?。

予約開始までは、もうしばらく時間を頂きますが、楽しみに待っていてくださいね!

飯島裕カメラマンのGANREFワークショップ in 堂平天文台 作品編!

8月31日から9月1日掛けて、埼玉県の堂平天文台で開催されたGANREFワークショップ「飯島裕先生の星景写真ゼミ」。

 

GANREFメンバーの小松_alicebearさんは、モバイル赤道儀ユーザーでTOAST TECHNOLOGYファンのおひとりです(勝手にファンにしちゃいました、スミマセン!)。

大量の機材をバックパックに見事にパッキングしていたのをTTスタッフ見逃しませんでしたよ。あれ、完全にプロカメラマンのスタイルですもん。

 

今回は、発売したばかりのEOS 70Dを携えてのゼミ参加。TTスタッフ、思わずカメラを奪っていじり倒してしまいました。ライブビュー撮影時のAF機能が大幅に向上し、感動モノ!

果たして星の撮影ではどのような力を発揮してくれるのか、楽しみです。

 

折角の機会なので、モバイル赤道儀のノウハウを、TTスタッフがつきっきりで伝授させていただきました。取扱説明書だけでは理解が難しかった部分がすっきりしたと喜んでいただけ、TTスタッフも嬉しかったですよ!

ぜひ使いこなしていただいて、さらにグレードアップした作品を期待していますからね!

 

さて、そんな小松_alicebearさんから、今回のワークショップで撮影した作品のひとつをご投稿いただいたので早速ご紹介しましょう!

 

———-**********———-

【小松_alicebearさんのコメント】

 

こんにちは。
GANREFのワークショップでは、大変お世話になりました。

TTスタッフさんのお陰でピント合わせの課題をクリアーできました。

赤道儀は、回を重ね慣らしていきたいと思います。

自分なりの撮り方のヒントもいただき、感謝しています。

ログハウスを入れた写真を送ります。

 

堂平天文台

星景写真としては、白鳥座とのバランスがどうなのか?疑問もありつつこれもありかと思ったカット。
9月末のガンレフの講評会に提出する予定です。

本当にいろいろとありがとうございました。

 

***************TOAST TECHNOLOGY***************

【TTスタッフより】

小松_alicebearさん、見事にあの場所でのカットをモノにしてくださったんですね。

他の参加のみなさんと同じ場所で撮影するのもつまらないかと、TTスタッフ、無理やり 小松_alicebearさんをこの場所まで引っ張ってきて「この辺からだと、ちょうど沈みゆく北十字とロッジの明かりが一緒に入って素敵かもしれませんよ。じゃ、おやすみなさい・・・」と捨て台詞を吐きながらロッジに消えてしまったというのに、まさか、こんなに素敵な作品に仕上げてくださったとは、お見事です!
レンズに付けたディフュージョンフィルターによって、ロッジの光の洪水部分を上手く処理されていて、いい感じです!

 

星景撮影の面白さは、正解がないことです。

どこでどんなモチーフをフォアグラウンドにいれて星空と組み合わせても、構わないんですよ。

ポイントは、ちょっとした光の読み方。

月明かりや街明かり、自動販売機の夜間照明に街灯まで・・・、カメラマンの意思で場所や照射具合を一切操作できないそれらの環境光を積極的にモチーフに当てて浮かび上がらせる。

それだけでびっくりするくらいオリジナリティのある1枚になるんですよね。

なので、あまり考え込まずに、目の前で薄暗く浮かび上がる風景を見つけたら、まずは星空とともに切り取ってみて下さい。ありふれた風景にしか見えないときでも、長時間露光してみると思いがけずドラマチックな世界にかわることは多々あるんですよ。

 

小松_alicebearさん、次回はぜひ飯島さんの後ろをずっと付いてまわってみて下さい(笑)。

「えっ?こんな場所から撮影して作品になるの???」なんていうシチュエーションとたくさん遭遇するはずです。

でも、飯島さんが撮影すると、どの場所からでも本当にドラマチックで素敵な作品に仕上がっちゃうから不思議です。

まさに飯島マジック!

プロカメラマンからどんどんヒントを盗んじゃいましょう!

かくいうTTスタッフも、毎回のように飯島マジックの舞台裏をワークショップで見ることができ、感激している一人だったりします。

飯島裕カメラマンのGANREFワークショップ in 堂平天文台

台風接近のニュースが流れるなか、天体写真家の飯島裕さんが星景撮影のワークショップ開催を決断したのは、先週半ばのこと。

当初の予報では、本州縦断コースでしたから、残念ながら中止だと思っていた矢先、飯島さんからメールが入りました。

「台風の速度がグッと遅くなりましたね~。影響は消えてしまうような予感がしなくも無いデス。」

 

そして、台風は飯島さんの思惑通り、その日のうちに温帯低気圧へと変わり、8月31日から9月1日かけて1泊2日の「飯島裕先生の星景写真ゼミ」が埼玉県の堂平天文台で開催される運びと相成りました。

飯島裕

 

今回集まったのは9名のGANREFメンバー。

堂平天文台「星と緑の創造センター」のログハウスを借りて早速飯島ゼミのスタートです!

自分のカメラで生まれて初めて星の写真を撮影するというメンバーも数名いて、カメラの設定方法などを飯島さんが細かく説明してくれます。買ったばかりのカメラの使い方がまだよくわからないメンバーさんには、TTスタッフも加わってマンツーマンで解決していきます。

キヤノン、ニコンのデジタル一眼レフカメラに加え、オリンパスのミラーレスカメラと多種多彩なカメラが集合。同じ設定項目でも、それぞれのカメラで呼び方も違がければメニューの場所も様々。なかなか必要な設定が呼び出せず悪戦苦闘する一コマも。

こまったことに、星の撮影では、普段の撮影では全く使わない機能や設定がてんこ盛りです。

机の引き出しの中にピカピカの状態で仕舞ってある取扱説明書をもう一度見直しながら、自分のカメラの設定項目や方法をしっかり頭に叩き入れておくのも大切なことだと、改めて感じたTTスタッフでした。

みなさん自分のカメラの使い方を改めて理解することができ、笑顔笑顔!
プロカメラマンが手取り足取り教えてくれるワークショップならではなの利点ですね。

それぞれのカメラの機能設定や星空を撮影するノウハウを指南されたメンバー、日没が待ち遠しい!

 

続いて、飯島さんと一緒に堂平天文台周辺のロケハンに出発。オーソドックスな天文台のドーム周辺のほか、「こんな位置からも面白い撮影ができるのか!」と眼から鱗の撮影場所まで飯島さんが次々と案内します。昼間のうちにロケハンをしておき、夜の撮影プランをたてておくことの重要性を、みなさん実感されたようです。

 

堂平天文台

待ちに待った日没時間。快晴!とまではいきませんが、雲間からしっかり星空が見えだしました。

 

堂平天文台

今回のワークショップでは、飯島さんの計らいで、堂平天文台の91cm望遠鏡を借り切り、2時間の特別星空観望会が待っていました。マニアックなTTスタッフがドームに入って最初に撮影したカットはこれ。望遠鏡を製造した日本光学のロゴマークにズームイン!です。日本光学は、言わずと知れたニコンの前身となる光学メーカー。50年以上前に造られた巨大望遠鏡は、今なお圧倒的な存在感を醸し出しています。すごいぞぉ!!

 

堂平天文台

口径91cmの大望遠鏡で次々と夏の夜空の天体を自分の眼で覗くことができました。いやぁ~貴重な体験です!

二重星のアルビレオに惑星状星雲M57、球状星団のM13やM15などなど、普段小型の望遠鏡で見慣れている星雲・星団が、信じられないスケールで視野の中に浮かんでいます。特に空の状態が良くなってきた時間帯に見たM15は、まさに明太子!無数の星が寄り集まっている様子が視野いっぱいに広がって感激しました、はい。飯島さん、ホントごちそうさまでした!

 

さて、この続きは次回のお楽しみということで・・・。

GANREFワークショップ 飯島 裕先生の星景撮影ゼミが開催

去る2月9日~10日にかけて、GANREF主催のワークショップ「飯島 裕先生の星景撮影ゼミ」が山梨県北杜市の清里高原で開催されました。

今回は、協賛として「TOAST TECHNOLOGY」の他、「オリンパス」、「Vixen」の各メーカーが最新機材を携えて参加しました。

そんなわけで、今回はスナップ写真によるダイジェスト紹介行ってみましょう!

 

ワークショップの会場となったのは、天体ドームや各種望遠鏡機材が充実している星空の宿「ペンションスケッチブック」さん。頭上にはブルースカイが広がり、絶好のワークショップ日和です。
参加者が集まると、まずはペンション周辺のロケハン開始です。

 

数日前に降った雪が一面を覆う周辺エリアを天体写真家の飯島さんを先頭に、ガシガシ歩きます!

 

 

 飯島さんがコンパスを向けながら、撮影に最適なロケーションをアドバイスしていきます。

 

ロケハン後は、ペンションに戻ってまずは自己紹介。意気込みを熱く語る参加者のみなさんです!
TOAST TECHNOLOGYは、5台のモバイル赤道儀TOAST Proを用意。初めて赤道儀をつかうというメンバーの方に、撮影機材の組立方法からポーラファインダーを使った極軸合わせまで、一連のセッティングと操作を体感してもらいました。
日没後に早速TOAST Proを使ってISS通過の撮影に挑みます!

日が暮れると外は満天の星空。夕食前に、まずはISSの通過をカメラに納めます。GANREFメンバーの皆さんは、はじめてISSをその目で見たという方が意外にも半数以上を占めていました。それだけに、西の地平線近くからわずかに赤く輝きながらISSのが現れると、興奮と感激に包まれます。

30分以上前にセッティングを開始したにもかかわらず、ISSの撮影に間に合わなかった方、ライブビューによる星をつかったフォーカス合わせが上手く行かなかった方、露出合わせが上手く行かなかった方など、それぞれが小さな課題を持ち帰ることに。
何事も経験です。まずはシャッターを押すこと。テクニックはその回数に比例して上達していくものですよ!

そして、夕食を終え、準備万端で外にでると・・・・

ISSの撮影後わずか1時間で、夜空は雲に覆われてしまいました。

晴れるまでの間、セミナールームで飯島さんの座学講習。皆さん眼から鱗です。

午前2時過ぎ、僅かに北の空に星が輝き出すも、今回はここまででした。気温はマイナス8度!

皮肉なことに、翌朝は見事な青空が広がり、参加者はため息混じり・・・。

参加者には、メーカーからのプレゼントなど。撮影は残念でしたが、飯島さんやメーカー講師陣たちの話に、みなさんモチベーションのスイッチが入ったと、嬉しい感想をいただきました。

ライブビューによるフォーカス合わせの方法や露出倍数の計算方法、星座早見盤の逆引きによる使い方、そしてモバイル赤道儀の操作方法やその効果などなど。いままで知らずになんとなくシャッターを押していたみなさんにとっては、勉強になったようです。

GANREFのメンバーさんたちは、実に好奇心旺盛でアグレッシブな方が多く、我々も大いに刺激をもらいました。それにしてもみなさんの機材が素晴らしいこと!

飯島さんからは、暗闇でも自分のカメラの操作ができるように、もっと慣れましょう!のアドバイスに、みなさん納得です。

最後は、飯島さん自ら参加者のみなさんと記念写真を撮影です!

みなさん、本当にお疲れ様でした! 次回までに、さらに腕を磨いておいてくださいね!