タグ : BORG

TP2を使って1年:O,Sさん

 

夏の北米皆既日食、皆さんのご予定はいかがですか?

天文雑誌等で旅行会社が募集しているツアーは、8日間で70万円前後からという料金設定にもかかわらず、どこもキャンセル待ち状態とか。皆さんの期待感が伝わってきます!

TOAST TECHNOLOGYのテスターを担当してくれているH氏は、皆既日食のためにBORGを組み合わせた4K動画撮影システムの構築に日夜勤しんでいるそうです。

仲間数人を集め、1年前には現地の貸切ロッジやレンタカーの予約、航空券の手配まで済ませたので、1週間の渡米で20万ちょっとの予算だとか。

個人旅行なので全て自分たちだけで行動しなければなりませんが、晴天率が良い高山のロッジを貸し切ったそうで、広い庭先に機材を並べて皆既日食を撮影できるらしいです、あー羨ましい!

 

さて、システムを導入して1年を経過したTP2ユーザーのO,Sさんから作品をご投稿いただきましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** O,Sさんのコメント **********

O,Sともうします。

TP2を購入して1年がたちました。
最初は準備にもたもたしておりましが、だいぶ慣れてきました。

課題はなんといっても画像処理!
少しずつ克服していきたいと思います。
また投稿前に平野様のポールマスターの使い方を拝見し、私も使いかたが全く同じで安心しました(^^
ポールマスターは必ずしも回転軸の上になくても大丈夫なようで、私も色々試行錯誤しましたが、あの形がベストだと思います。

今回はボーグ71FLとポールマスターを使った写真を撮ってみました。
ポールマスターを使うと望遠系ではかなり精度があがるようです。

 


【M42から馬頭星雲 】

カメラ:D810A
光学系:BORG 71FL + レデューサー
感度 :ISO1600
露出 :1分 10枚、3分×10枚、4分×10枚(ステライメージ7で画像処理)
追尾 :TP-2 ※ポールマスター使用

 


【オリオン座 】

カメラ:D810A
光学系:SIGMA 50mm F1.4 Art
感度 :ISO2000
露出 :4分 25枚(ステライメージ7で画像処理)
追尾 :TP-2 ※ポールマスター使用

 


【かもめ星雲】
カメラ:D810A
光学系:BORG 71FL + レデューサー
感度 :ISO2000
露出 :5分8枚(ステライメージ7で画像処理)
追尾 :TP-2 ※ポールマスター使用

 

 

***** TOASTスタッフ *****

O,Sさん、素晴らしい作品をご投稿いただきありがとうございます!

レデューサーを併用しているので焦点距離が300mm前後ですが、長い鏡筒とフルサイズ機の組み合わせにも関わらず、上手く荷重バランスをとっていらっしゃるのはお見事です!

ポールマスターによる極軸合わせで歩留まりが向上したとのこと、TOASTスタッフたちも興味津々です!

おっしゃる通り画像処理は実に奥深く難しい世界ですよね。

最初に完成形をしっかり頭のなかにイメージしてから取り掛からないと、試行錯誤の段階でどんどんあらぬ方向に向かって行ってしまうことも。

まさに、撮影のとき以上の”センス”が必要。それだけにやりがいのあるフェーズでもあります。

O,Sさん、お見事です!

SIGMAのArtライン50mm F1.4 DG HSMによるオリオン座はたっぷりと合計100分もの露出を与え、D810Aの性能を活かすエリアと相まって美しい作品に仕上がっています。

この組み合わせでもっといろんな作品が見てみたいです!O,Sさんの活躍に大いに期待するTOASTスタッフでした!

「超望遠レンズでのクランプフリー・システム!」パンベース・クランプユニットの巻

 

 

先月発売のモバイル赤道儀TOAST Pro用オプション「パンベース・クランプユニット」が大人気です!

そんなか、あるユーザーからこんなご質問をいただきました。

現在、ジンバルフォークユニットとパンベース・クランプユニットを使用しています。ジンバルフォーク雲台をパンベース・クランプユニットで使用するのは可能でしょうか? 重量的に負荷がかかりすぎるとか、好ましくないのであれば、使用の都度付けかえたほうがいいでしょうか?

 

おっしゃるとおり、確かにパンベースプランプユニットでジンバルフォーク雲台が使えれば、とても便利ですよね。

そんな訳で、今日はこのご質問にTTスタッフがお答え致します。

 

 

 

 

アルカスイス規格のプレートを介してTOAST Proに雲台を固定する、という機能に関しては、どちらのオプションも変わりありません。

しかし、パンベース・クランプは、小型・軽量の本体に回転機能を持たせた構造のため、極端な過重、もしくは偏荷重状態の機材搭載時には、回転操作が重くなりクランプへの負担も大きくなります。

一方、ジンバルフォークユニットに付属するクランプがレバー式なのは、ワンタッチ脱着というメリットはもちろん、剛性と固定力に優れているためです。

したがって、BORGをはじめ超望遠レンズなど重量級の機材を搭載する場合には、ジンバルフォークユニット付属のレバークランプで運用していただく、というのがひとつの答えです。

 

 

一方で、パンベース・クランプユニットに付け替えると、大きなメリットがあるのも事実です。

実は、ジンバルフォーク雲台に搭載した機材の東西方向のバランスを完全に調整することができるようになります。つまり、クランプフリーでの操作が可能になるのです。

 

但し、クランプフリーを実現するには、回転方向の操作をパンベース・クランプユニット側で行うようにする必要があります。

つまり、ジンバルフォーク雲台の下側のクランプは一切操作せず、固定したままの状態にすることが条件です。この時、誤ってジンバルフォーク雲台側のクランプを緩めてしまうと、バランスが一気に崩れて危険です。

 

さらに、ジンバルフォーク雲台の根元に装着するアルカスイス規格のプレートを少し長いものに変えて、なおかつパンベース・クランプユニットの中心からジンバルフォーク雲台の中心が少し外側にシフトするように装着するのがキモ。

この状態で、実際に撮影機材をジンバルフォーク雲台に接続し、パンベース・クランプユニット中心からのシフト距離を細かく調整すれば、東西方向に関しては完全にバランスを取ることができます。

 

 

 

また、前後(南北)方向のバランスについては、例えば三脚座付きの望遠レンズであれば、三脚座につけるアルカスイス規格の接続プレートの長さを少し長いものにしておきます。
そうすればレンズごと前後に動かしながら適切なバランス位置になるよう調整できますよね。

このような条件を揃えいけば、東西方向、および南北方向の両方で、完全にバランスがとれた状態にもっていくことが可能になります。

 

クランプフリー状態ですから、超望遠撮影でも、画角の中心に天体を導入するのは非常に簡単です!

 

どうです? 大きなメリットでしょう?
でも剛性面ではレバークランプに軍配が上がるので、ケースバイケースでの装替が歩留まりと使いやすさのバランス向上につながります。

 

 

ちなみに、TTスタッフが使っている個人機材やデモ機材は、全てパンベース・クランプユニットに付け替えてあります。パンベース・クランプユニットは、汎用性、拡張性に優れ、なおかつ現場での運用が圧倒的に楽になるからです。

しかし、BORGを使った超望遠撮影では、迷わずレバークランプに付け替えます。剛性がシステム全体に影響を与えるからです。

 

したがって、冒頭の質問に対しては、パンベース・クランプユニットに大きな負担がかからない機材との機材との組み合わせであれば、装替OK!という判断基準がひとつの答えです。

 

 

以上、お役にたてば幸いです。

TTスタッフからの豆知識でした!

みたび、パンスターズ彗星!(青年Kの巻)

 

昨夜遅く、お馴染みの青年K(TOAST TECHNOLOGYのWebサイトでコラム”K’sリポート”を担当)から、画像ファイルが転送されてきた。今週火曜日の早朝、みたびチャレンジしたパンスターズ彗星の画像処理が仕上がったとのこと。

 

当日の撮影現場は、常に風が吹き荒ぶ状況で、時折激しい突風にも見舞われるような厳しい環境だったとのこと。

普段なら撮影どころではなく、迷わず帰路につくようなその厳しい状況の中で、青年Kは可能な限りベストを尽くしてくれたことが、送らてきた画像を見るなり伝わってきた・・・。

「アナタハ、スゴイ!」

 

【撮影データ】

撮影日:2013年4月16日
時 間:3h10m30s~
カメラ:EOS 6D
光学系:BORG 77ED
ISO:6400
露  出:90秒×12枚コンポジット処理

 ※モバイル赤道儀TOAST Proにて自動追尾

 

 【撮影データ】

撮影日:2013年4月16日
時 間:3h20m45s~
カメラ:EOS Kiss X4
光学系:タムロン70-200mm
ISO:3200
露  出:90秒×4枚コンポジット処理

※モバイル赤道儀TOAST Proにて自動追尾

 青年Kの奮闘の様子など、詳しくはTOAST TECHNOLOGYのWebサイトのコラム「K’sリポート」で!

 

TOAST ProとBORGによる金星食:飯島 裕 様

天体写真家の飯島裕さんから、去る2012年8月14日未明に撮影された金星食の作品をお送りいただきましたので、早速ご紹介しましょう。

———-*****———-

【飯島さんより】

天体望遠鏡は解像力(望遠鏡では分解能と言います)が最も重要ですから、それ以外のあらゆることを犠牲にしていてカメラレンズに比べると使いにくい(MFオンリーだったり鏡筒が長大だったりして)のですが、その解像力を求めて野鳥を撮る人たちが使うようになりました。

光学系は対物レンズだけというシンプルさで、像のヌケ(つまりコントラスト)もいいんですよ。

だけど、画面中央しか観察しないのが望遠鏡なので像の平坦性が悪く、写真に利用すると画面周辺がボケてしまったりします。
それを改善するのが「フラットナー」という補正レンズで、このときも使用しています。

 

2012年8月14日未明の金星食。
東の空に昇ったばかりの金星と月です。

 

金星が月の背後から現れたところです。
薄雲越しの撮影になりました。

 

地球照をはっきり出してみました。金星が月からだいぶ離れてきました。
すでに空が白んできている時刻です。

 

金星食直後の月と金星が朝焼けに輝いています。OM-D E-M5の「ライブTIME」機能を使い、モニターで露出の具合を確認しながら遮光板で画面上下の明るさのバランスを調整しています。
(OLYMPUS OM-D E-M5、12mm(f8)、17秒露出、ISO-200)

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

飯島さん、日食に引き続き金星食をとらえた素晴らしい作品をお送り頂きありがとうございます。

あの天候の中、しっかり”その時”を捉える、さすがプロの仕事は違いますね!

天文雑誌の連載や特集記事なども担当されている天体写真家の飯島さん。こうした天文現象の時は、とにかく晴れ間を探し求めて、時には数百キロの距離を移動し、必ずモノにしなくてはならないプレッシャーの中で仕事をされているんですね。チャンスはいつも一期一会ですから、車を使ったジプシースタイルは天体写真家の宿命です。

さて、飯島さんはこの日、千葉県の千葉県銚子市の犬吠埼まで遠征されたとのこと。関東近辺の貴重な晴れ間だったため、到着した場所には多くの天文ファンの他、某天文雑誌のスタッフたちもしっかり三脚を据えていたとか(余談です)。

オリンパスユーザーの飯島さん、今年に入ってからすっかり天体撮影時のメイン機材となった「OLYMPUS OM-D E-M5」に、フィールドフラットナーを組み合わせたBORG 77ED IIを接続し、モバイル赤道儀TOAST Proへ搭載しての追尾撮影です。

フラットナーの使用で、77ED IIの焦点距離は550mm、 F値は7.2相当の光学系になります。
マイクロフォーサーズ機では、同じ焦点距離でフルサイズセンサーの2倍の望遠効果になるので、超望遠が必要な天体撮影では特に有利になりますね。

また、「OM-D E-M5」は、小型軽量のレンズ交換式デジタルカメラ、いわゆるミラーレスカメラですので、これまた軽量・コンパクトな望遠鏡「BORG」との組み合わせでもバランスが保ちやすいため、TOAST Proとのマッチングはバッチリです!

今回のように月の高度が非常に低く、流れる雲間というシチュエーションでは、ISO感度をこまめに切り替えながら適切な露出で撮影する必要があります。そのあたり、瞬時の判断でこうした作品に仕留める飯島さんは、さすがプロフェッショナルです!

ところで、よく見ると明るく輝く金星に十字の光跡が映っているのがわかりますか?

えっ?クロスフィルターを使っているんでしょ、って?
いえいえ市販のフィルターなど使っていません。実はもっと凄い職人技なんですよ。

まぁ、そのうち飯島さんのお許しが出たらその技をご紹介いただくことにして、しばらくはその謎に思いを馳せておいてください。

さて、今回の金星食以外にも、飯島さんからは、モバイル赤道儀TOAST Proを使った作品をいくつかお送りいただいておりますので、順次ご紹介していきたいと思います。

お楽しみに!

金環日食 : 天野昌弘 様

ネット上ではまだまだ興奮冷めやらぬ、2012年5月21日の金環日食ですが、今回はTOAST Pro ユーザーの天野昌弘さんの作品をご紹介しましょう。

天野様からのコメント

「金環日食画像をお送りします。当日は6時半頃まで雲に隠れていましたが、それ以降は雲も切れて食の最後まで撮影することが出来ました」

2012年5月21日-金環日食

撮影機材
PENTAX K-5
BORG 50FL+絞り+マルチレデューサー0.7×DGT+PENTAX F-AFアダプター1.7倍
Kenko ND10000フィルター
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

撮影データ
ISO200 F11 1/1000秒

* * * * * * * * * * *

【TTスタッフ コメント】

天野さんからお送りいただいたデータによると「インターバル撮影合成」とありますので、モバイル赤道儀TOAST Proで自動追尾しながら、一定間隔ごとにシャッターを切り、あとでPhotoshopなどの画像処理ソフトで1枚に統合された作品だと思われます。
こうして1枚にまとめてみると、月が太陽の前を横切っていく様子がよくわかりますよね。黒点もバッチリ写っていて、実に貴重な記録となっています。

ところで、軽量かつ高い解像度を誇る人気のBORGとモバイル赤道儀TOAST Proを組み合わせて運用しているユーザーは非常に多く、昼間はBORGで野鳥や航空機、夜はTOAST Proに載せ替えて天体撮影と、BORGユーザー寝る暇がありません。

50FLは400mmの焦点距離を持つ望遠鏡ですが、今回天野さんは、マルチレデューサー0.7とPENTAX F-AFアダプター1.7倍をK-5に組み合わせたシステムですので、35mm版換算で約700mm相当の超望遠レンズ撮影となります。(計算間違ってたら教えてください、天野さん!)

ポイントは鏡筒とカメラの間にBORGの”絞りユニット”を追加している点です。BORGは望遠レンズと望遠鏡を行ったり来たりできる独特の光学系。しかも無数とも言えるパーツの組み合わせで独自の撮影システムが楽しめるという、素人にはなんのこっちゃわからないスゲー製品なのであります。

望遠鏡は、通常F値は固定です。レデューサーをつければ可変できますが、カメラの望遠レンズのようにシームレスな絞り値変更は不可能です。ところが、です!BORGには20枚の絞り羽根をもつ絞りユニットが追加できる!特に今回の金環日食のように雲間から見え隠れするような天候下の撮影では、状況に応じて絞り値を変化させることがきるメリットは計り知れません。

各言うワタクシは、まだ個人的にはBORGを持っておりませんが、BORGの生みの親であるトミーテックの中川昇氏は、なんとモバイル赤道儀TOAST Proカワセミブルーモデルを所有されている真のTOAST Proユーザーだったりします。こりゃイカン、早速BORG買わないと・・・とBORGのサイトを訪れてみると、在庫が全然ない超人気っぷりっていうじゃありませんか!

その人気の秘密、わかります。ハイ、いわゆる「ボーグ沼」ってヤツですね。天野さんは、その複雑怪奇なボーグ沼をガンガン進んでいらっしゃるヘビーユーザーでしょうか?システムの組み合わせ方、今度教えて下さいませ。BORG勉強します!