タグ : Dish-2

冬の夜空のフォトジェニック:平野さん

 

今月の新月期は久しぶりに星空が広がってくれたようです。

今週はTOASTスタッフ2名が南信州に遠征して撮影にのぞみましたが、もう雪が降って来たそう。

八ヶ岳連峰もすっかり雪化粧です。

 

さて、常連の平野さんから新作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

お久しぶりです。平野です。

今年の夏はひどい天気が続きましたが、秋も終わり冬に入ってやっと天候も安定してきましたね。

久しぶりに撮影に行ったので作例を送付いたします。

[オリオン座全景]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SIGMA70-200 F2.8 DG OS HSM F4.0 70mm
フィルター:LPS-D1
感 度:ISO25600
露 出:30秒×74枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック・強調処再周辺部理(再周辺部のみトリミング)
撮影日:2017年11月17日
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[作者コメント]
SIGMA70-200F2.8はF4に絞ると最周辺部が少し落ちるのみで済むので、フラット補正なしで最周辺部のみトリミングをしました。

狙っていたバーナードループを写せたのはよかったのですが、やはり露出時間が足りずノイズが気になります。南部を薄雲が通過したカットがあったためリゲルがにじんでいますが、これはこれでいいかと思います。

次は魔女の横顔に挑戦したいです。

 

[オリオン座中心部]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:BORG 90FL+レデューサー 360mm F4
フィルター:LPS-D1
露 出:ISO25600(30秒×88枚)、ISO12800(30秒×22枚)、ISO6400(30秒×31枚)
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7で各露出別にスタック、さらに3枚でスタックフラットエイドでフラット補正、再度ステライメージ7で各種強調処理
撮影日:2017年11月10日
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[作者コメント]
ISO25600、12800、6400と露出を変えて処理してみたのですが、それでも全然足りないようでM42の中心部はほとんど飛んでしまいました。

M42中心部のHDR処理は今後の課題ということにしておきます。

 

[作者コメント]
11月10日の撮影風景も合わせて送付いたします。

この日は明るいうちから準備を開始することができました。
現地で何度かお会いしたことがある方の顔を初めて拝見し、寒い中楽しくお話をさせていただきました。

顔が見えなくても機材や星の話で盛り上がってしまえるのは天体写真家あるあるですね。

 

ところで、来年春にTP-2を持って1週間ほどハワイ島へ行くことにしました。

低緯度地域での極軸あわせには、TP-2を3ウェイ雲台に乗せるのがよいとどこかのTIPSで紹介されていた記憶があるのですが、TP-2+ジンバル雲台+2キロ程度のレンズとカメラを安定して乗せられる3ウェイ雲台の使用実績はありますでしょうか?

ManfrottoのMHXPRO-3Wであれば耐荷重8kgとの表記があるのでいけるかなーと思ってはいるのですが。

それとも北米皆既日食の記事でちらっと出てきたスカイメモの雲台でも対応可能でしょうか。

 

********** TOASTスタッフ **********

平野さん、ご投稿ありがとうございます!

超高感度撮影した膨大なカットのスタッキング処理で淡い星雲のディテールが見事に表現されています。

M42は非常に明るい天体ですのでISO6400の30秒露出でもオーバーになってしまいますよね。

簡単に写る天体ですが、表現がとても難しいのがM42です。

 

ところで、この時期にハワイ島へ遠征するのは最高ですね。どのあたりで撮影されるのでしょう?

もう数え切れないほどマウナケア山頂で夜の撮影の仕事をしてきたTOASTスタッフがいますが(一般の方は日没後30分以内に下山しなければならないルールがありますので山頂での星の撮影はできません)、空港の税関で極地用のダウンジャケットを見られるたびに「ハワイに来て水着を持ってこないなんてクレージーなやつだ」と言われるとか。

撮影場所にもよりますが、ハワイでも防寒対策はお忘れなく!

 

さてハワイ島は北緯19.5度と日本よりも15度ほど緯度が低いので設置スタイルにも工夫が必要になります。

TOASTスタッフが仕事で良く使うのはジッツオのロープロファイル雲台です。

ジンバル雲台ではトップヘビーになりがちなので、振動や過重によるたわみなどの対策用として、なるべくシンプルな機構で高さの低い雲台を選ぶようです。

画像は星の追尾撮影用ではなく、3WAY雲台をつかったバーティカルスタイルによるタイムラプス撮影用の例ですが、クイックリリースクランプ部分をDish-2に差し替えれば極軸合わせが正確に行えます。

 

その他では、三脚にビデオ雲台用のハーフボールを組み合わせDish-2で極軸調整をすることも多いですよ。

 

高さが増してくるとシステム全体として見た時にたわみも大きくなるので、ロースタイルがリスクヘッジになるという考え方もあります。

TOASTスタッフたちはコンパクトで堅牢、軽量なDish-2の魅力に取り憑かれているので(笑)、それ以外のサードパーティ製品については詳しい使い勝手をアドバイスすることが叶いませんが、極軸合わせの操作に慣れていないユーザーは、X-Y駆動の一般的な微動架台の方がわかりやすいかもしれません。

ManfrottoのMHXPRO-3Wなら仕様的には十分だと思いますが、可能であれば量販店の店舗などで実際に触って強度を確認されると良いでしょう。

【ユーザーQuestion】重心をできるだけ低く三脚に載せたいのですが

今日も爽やかな空気と青空が広がっている吉祥寺。

井の頭公園を散策するには最高です!

さて、今日はTP-2と三脚の接続方法に関するユーザーQuestionにお答えしていきましょう!

 

【ユーザーQuestion】

「注文したフラット三脚が本日届きました。

U1/4の小ねじを使いたかったのでセンターポールのネジを逆付けし直しましたが、TP-2の重心を出来るだけ低く設置するにはどうしたらよいでしょうか?」

******************************************************************************

【TOASTスタッフからのAnswer】

TOAST Online Shopで人気のDealer Select Option PartsのひとつBENRO「フラット三脚」シリーズ。

 

BENRO フラット三脚広角レンズでの撮影が多い方は「A2180T」を、フルサイズ機でしっかり撮影される方には三脚の脚が太い「A3180T」がオススメです。

 

BENRO フラット三脚フラット三脚のTOPネジはU3/8ネジ、いわゆる太ネジ仕様で、雲台をしっかりと固定出来るようになっています。

BENRO フラット三脚最も使いやすいのは、TP-2専用の極軸調整支援微動架台「Dish-2」をフラット三脚とTP-2の間に入れて使う方法です。

極軸合わせの際は、Dish-2の3本の脚を調整ネジで操作し、正確かつバックラッシュのないスムーズな微動操作が可能になります。

重心も低く抑えられ、TOASTスタッフがオススメするスタイルです!

 

BENRO フラット三脚一方では、こんなシステムも。

これはTOAST Online ShopのDealer Select Option Partsのひとつ「中型パンベースクランプ」をフラット三脚に直接装着するものです。

Dish-2を使用せず、高度は南北側の三脚の脚の一本を伸縮させることで調整し、方位は中型パンベースクランプのパンニング機能をつかってスムーズな回転操作で極軸を調整できます。

BENRO フラット三脚TP-2を三脚に直付けしようとすると、任意の方向にTP-2本体を向けることができませんが、中型パンベースクランプを挟み込めば、ロゴの貼られたセンターの脚の方向にTP-2の操作面を向けてセットすることが可能になります。

Dish-2を使った極軸合わせに比べると快適性と精度はかなり落ちますが、広角レンズメインで極軸合わせに慣れている方であれば、こうした簡易的なシステムでも十分撮影は可能です。

 

ところで、一般撮影では三脚のセンターポールは撮影機材の高さを調整するのにとても便利ですが、こと天体の自動追尾撮影においてはあまりオススメしません。

というのも、センターポールを装着または伸ばして機材を搭載すると、システムが不安定な状態になり、正確な追尾が必要な天体撮影では、歩留まりを低下させることに繋がる恐れがあるからです。

緊急時以外は、センターポールの併用はなるべく控えたほうが良いかもしれませんね。

 

BENRO フラット三脚また、このフラット三脚には、標準で金属製のスパイク(石突き)が付属しています。

購入時にはゴム製の石突になっていますが、ねじ込み式なので金属製スパイクへの交換はとても簡単。

天体撮影では、ぜひ金属製のスパイクに交換しての撮影をおすすめします!

 

以上、本日の【ユーザーQuestion】でした!

Dish-2(高精度レベラー&極軸調整支援用微動架台)マイナーチェンジ!

現在予約販売受付中のDish-2ですが、メーカーからの入荷が遅れております。
ご予約頂いているお客様にはご迷惑をお掛けしており誠に申し訳ございません。

New Dish-2現在、組み立て工場で生産が進められているDish-2ですが、今回から一部マイナーチェンジが施されることになりました。

Dish-2こちらは従来型のDish-2です。ローレット加工が施された調整ネジと固定ネジは、エッジを効かせた深い円形の溝加工になっています。

New Dish-2今回のマイナーチェンジでは、調整ネジと固定ネジそれぞれに、手に馴染んですべり止め効果の高いローレット加工部分を広げ、溝加工の幅を細くしたデザインに変更されます。

New Dish-2これにより、素手での操作がより快適になりました。

New Dish-2マシニングセンターによる精細な加工は、手によく馴染みます。

New Dish-2下の段が角度調整用の調整ネジ、上の段の少し直径が小さい方が固定ネジです。

New Dish-2

 

既に多くのご予約を頂いておりまして、お客様への発送にあともうしばらくお時間を頂きたくお願い申し上げます。

9月中にはお届けできる予定ですが、商品の出荷はご予約順に順次発送となるため、ご検討頂いている方はぜひ早めにご注文をいただければ安心です。

以上、ご案内申し上げます。

TP-2 Style「X-Y 2軸駆動スタイル」とは?

この夏は、TP-2を使ったタイムラプスムービー撮影が大人気!

スチルのプロカメラマンやムービーカメラマンの方々はもちろん、TVやCM関係でも活用されています。

そんななか、とある放送局のプロデューサーから「Webで紹介されているTP-2のX-Y(2軸駆動)スタイルって、実際にはどんな動きをするんですか?」という問い合わせが。

思わず両手の手のひらを縦横に組み合わせて説明しようとしたものの、ここは手っ取り早くムービーでご紹介した方がと、TOASTスタッフ早速タイムラプスで撮影してみました。

 

 

このサンプルムービーは、X-Yスタイルに組み合わせた2台のTP-2それぞれで「360(360°/h)」のタイムラプス撮影モードに設定した動きを、30倍速で再生したイメージです。

EOS 5D MarkIIIとシネレンズという重量のある撮影機材にもかかわらず、非常になめらかな動きを見せていますね。

パン(水平)とチルト(上下)それぞれで別々の速度設定ができるため、狙ったタイミングで複雑な動きをシミュレートすることも可能です。

このシステムは、水平出しが正確に調整できるDish-2(高精度レベラー)に、Dish-25(タイムラプスアダプター)をつけた2台のTP-2で構成されています。

TP-2は、それぞれパンベースクランプユニットに換装してあるので、アルカスイス準拠の市販品を自由に組み合わせることができます。

よく見ていただくと、縦方向のTP-2には大きめのL-ブラケットが装着され、左右にスライドさせることができるようになっています。

これにより、TP-2とカメラの左右バランスを適切に取ることができます。

さらに、5D MarkIIIには、専用のLブラケットを装着し上下方向の動きをカメラに与えることができるようになっています。

 

また、2台のTP-2の裏側には、先日入荷したばかりの「外部電源バッテリープレート(LP-E6用)」をマジックテープで固定し、TP-2が1回転してもケーブルが引っかからないようにしてあるのもミソ!

電源には、LP-E6互換のリチウム電池を使用しました。

 

これらのオプションパーツは全てTOAST Online Shopで取り扱いしておりますので、チェックしてみてくださいね!

 

以上、今日の小ネタでした!

【ユーザーQuestion】Dish-2を逆さまに装着してドリフト法をスムーズに実現するには?

50年に一度の巨大台風と連日報道されていた台風8号が熱帯低気圧に変わったようで安心しました。皆さんの街では被害など大丈夫でしたでしょうか?心配です。

今日の東京は、台風一過で久しぶり青空が広がっています。でも、気温と湿度が高くて、外を歩くにはちょっとつらい一日です。

さて、久しぶりの【ユーザーQuestion】です。先日に引き続き、井上さんから投稿いただきましたので早速ご紹介しましょう!

 

***** 以下、井上様より *****

井上 普丘です。

星野撮影用のサブシステムをより軽量化するため、先日、Dish-2 を注文致しました。明日着とのことで、楽しみにしています。
望遠(焦点距離200~300mm以上)レンズでの撮影においては、淡いガス雲の階調を可能な限り詳細に記録するため、少しでもISOを下げて撮りたくなります。

そうなると露出時間が5分、10分と長くなり、赤緯方向のガイドズレが顕著に表れるようになります。

そこで極軸設定を追い込むために、デジカメを用いたドリフト法を多用しています。
(参考:http://blogs.yahoo.co.jp/qff01360/24855084.html)

ドリフト法を行うには方位・高度方向に赤経体を微動させる必要がありますが、Dish-2 の機構では難しいと思います。

これを実現すべく、Dish-2 を以下のように変えたものはできないものでしょうか?

 

≪改造内容≫
・Dish-2 下部リングに、水準器を設ける
・Dish-2 – TP2 間の円形プレートと同様なものを、Dish-2 – 三脚間にも設ける

≪使い方≫
1. 3本の調整ねじのうち、1本をおおよそ北の方角に向けて、三脚を設置する
2. Dish-2 下部リングの水準器を見ながら三脚の水平出しを行う
3. Dish-2 – 三脚間の円形リング固定を緩め、南中している星を使って改良ドリ
フト法で極軸の方位設定を調整する。(粗動での調整となるが、それでも極望を使った調整よりは精度を出せると思う)
4. Dish-2 – 三脚間の円形リングを固定する
5. 西または東に望遠レンズを向け、写野内の星を使って改良ドリフト法で極軸の高度設定を調整する。
このとき、北側に向けた1本の調整ネジだけを使う。他の2本は動かさない

いかがでしょうか?

 

***** TOASTスタッフより *****

井上さん、お返事が遅くなって申し訳ありません。

一軸式の赤道儀で極軸の精度を上げるためには、仰るとおりポーラファインダーで調整後に、実際に撮影してその差異を補正していくドリフト法は有効な方法です。

その分、多少の手間と時間はかかりますが、確実に極軸設定を追い込むことが可能なので、実践しているユーザーも多いかも知れませんね。

 

ドリフト法の具体的な方法などについては、ネットなどで詳しく検索していただくとして、ここではDish-2について。

TOASTシリーズの極軸合わせでは、もともと三脚架台が水平状態でなくとも極軸を合わせることが可能なレチクルをポーラファインダーに搭載しています。そのため、水準器が未実装ですが、こんな風に市販のバブル式水準器を簡易的に装着するのも解決策の一つかも知れません。

Dish-2 水準器

 
ところで、Dish-2の三脚接続側も円形プレートにするアイディアは、実は試作段階でずいぶん検討されました。

最終的には、固定ネジの関係で使用できる三脚が制限される可能性があることから採用には至りませんでしたが、現状でもパンベースクランプユニットを組み合わせることで、井上さんのご要望に近づけることができます。

早速その手順をご紹介していきましょう!

Dish-2まずは、固定ネジを抜き取ったDish-2の円形プレートを逆さまにして、三脚に直接ねじ込んで固定してしまいます。

Dish-2そこに、上下さかさまにしたDish-2を被せます。

Dish-2

円形プレートの固定ネジで、Dish-2としっかり一体化させます。

Dish-2

次に、TOAST Online Shopで発売している「Dish-2用ネジ径変換アダプター」をDish-2に装着します。


Dish-2この時、ネジ径変換アダプターがDish-2の上面から飛び出さないよう注意して下さい。

 

 

 

Dish-2

TOAST Online Shopで人気のオプション「パンベースクランプユニット」を長めのU1/4ネジでDish-2にしっかりと固定します。

 

Dish-2

パンベースクランプユニットのクランプがDish-2の外形の外まで飛び出ていますので、この状態でアルカスイス規格のプレートを装着できるというわけです。

 

Dish-2

画像では、GITZOの三脚を改造してセンターポールを外すためのガジェット(Markins製)が付いていますので、ちょっと高さがあるように見えますが、基本的には、通常のシステムでDish-2を上下逆さまにしただけの状態です。

 

TP-2

こうすることで、Dish-2の3本の脚の一本を任意の方向で固定できます。

Dish-2を上下逆さまにに装着してしまうという逆転の発想ですが、実はTOASTスタッフも日常的に利用しています。用途は井上さんと全く異なり、Dish-2を付けたままだと三脚のキャリングケースにはいらないので、円形プレートだけ付けておくというもの。あらかじめ三脚の上部に円形プレートが装着されているので、Dish-2をねじ込む手間が不要でワンタッチで組み立てられるという、まさに横着なTOASTスタッフならではの使い方ですが・・・。

本来の製品の使い方とは違うので、多少問題がありますが、円形プレートのネジをU3/8にしているのは、実は開発途中で下側にも円形プレートを実装するという発想の名残かも???

井上さん、とりあえず、こんな方法はいかがでしょうか?

 

と、TOAST-Blogを書いている間に、雲行きが怪しくなってきました。

梅雨明けにはもう少し時間がかかりそうですが、月末の新月期には、いよいよ夏の星空撮影本番がスタートしますよ!