カテゴリー : TOAST豆知識

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編②)

今回の北米皆既日食を高精細な4K動画で撮影するため、TOASTスタッフたちは独自の機材や撮影方法を試みました。

そのひとつがTOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルターです。

 

GH5による4K 10bit V-Log収録(※画像無断転載禁止)

 

TOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルター改造のGH5(※画像無断転載禁止)

 

この二つの画像は、別々のGH5で撮影された4K動画から1フレームを静止画として切り出したものです。

一見同じような印象ですが、よく見ると内部コロナの映り方が大きく異なるのが分かります。

実は、上は市販のGH5で撮影したもので、下はTOAST TECHNOLOGYで北米皆既日食用に改造したGH5による動画です。

その効果は一目瞭然。4K 10bit V-Log収録と特殊フィルターの組み合わせが、今後の皆既日食撮影のスタンダードになってくる、そんな予感すら抱かせる作例になりました。

後処理によるコンポジットではない分、撮影本番が勝負の全て。ますます緊張感あふれる現場になりそうです。

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編)

今回TOASTスタッフたちは、テレビ番組やカメラメーカーとのプロジェクトなどで撮影を行うことになりました。

そのため、メインのミッションは、4K動画による皆既日食の撮影です。

様々なバリエーションカット用に多くの撮影機材を持ち込む必要があり、TP-2とあわせて複数の小型軽量システムを構築するために選んだカメラがPanasonicのGH5。

マイクロフォーサーズセンサー搭載の「GH5」は、プロユースの動画撮影ニーズにも対応するデジタル一眼カメラです。

特に、高精細な4K動画撮影では、4K60pの高フレームレートやバリアブルフレームレート、6Kフォトなど、どれも皆既日食の撮影に活かせる機能が盛りたくさん!

なかでも4:2:2 10bitによる4K30p収録でV-Log Lガンマを組み合わせると、驚くほどの広ダイナミックレンジ撮影が可能になる点が選定の大きな理由でした。

 

 

これはGH5で撮影した4K動画から1フレームを切り出した静止画です。

大きく広がる繊細なコロナのディテールと同時にプロミネンスも見えているのがわかります。

スチルカメラで同様の画像を得るには、露出の異なる複数のカットを多段階露光で撮影しておき後処理で合成、R-USM処理やHDR処理をする必要があります。

ところが、4:2:2 10bitとV-Log収録により広ダイナミックレンジ撮影が可能なGH5なら、4K動画でありながらここまでの表現が実現するんですね。

GH5の4K動画はこれまでの概念を大きく変えるもの、皆既日食の動画撮影を実に面白くしてくれました。

V-Log収録した動画は撮影後のカラーグレーディングが前提となりますが、コントラストと色調整により美しく詳細なディテールを浮かび上がらせることができます。

 

ところでスチール撮影を担当したTOASTスタッフは、目下コンポジット処理に追われている真っ最中のようです。出来上がりが楽しみですが、完成後は動画とガチンコ勝負です!

 

アメリカに遠征したユーザーの方がいらしたら、リポートともにぜひ作品をご投稿下さいね!

天体写真ファンに人気のSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD

時々、TOASTシリーズのユーザーから「タイムラプス撮影用に最適な広角レンズを教えて下さい」という内容の問い合わせを頂くことがあります。

みなさんが持っているカメラのメーカーは様々ですし、レンズにかけられる予算も人ぞれぞれ。

そんな中、星空のタイムラプス撮影用にTOASTスタッフが最初に導入する1本としてオススメするのはTAMRONの大口径ズーム「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」です。

星景写真ファンなら知らない人がいないというこのレンズ、15-30mmのズームレンズでありながら開放値F2.8と明るく、しかも開放から解像感のある収差の少ない見事な星空を生み出してくれるという、いわゆる「神レンズ」として人気の1本です。

重量が1.1kgと重く大きいので取り回しが多少面倒な部分もありますが、1本で15mmから30mmの画角を自由に作れるまさに万能レンズ。

重いフルサイズ機との組合せでも、トルクの大きなTP-2なら左右方向のパンニングから上下方向のチルティングによるタイムラプス撮影まで全く問題なく運用できるので、「迷ったら、まずはこのレンズ!」です。

キヤノン、ニコン、ソニーの各マウントに対応し、なんといってもこの性能のレンズが実質10万円以下で入手できるのが大きな魅力。

この作例は、20mmにセットしたSP 15-30mm F/2.8 Di VC USDによるもの。

天の川は頭の真上。見上げるようなアングルで独特なフォルムの樹木をアクセントに添えたタイムラプス撮影のひとコマです。

【南天の天の川と樹木のシルエット】
カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(20mm、F2.8)
感 度:ISO6400
露 出:11秒
架 台:TP-2(Dish-2、Dish-25使用)
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

銀河撮影に最適な「NIKKOR 28mm f/1.4E ED」

焦点距離28mmは、特に天の川銀河の中心部を撮影するのに最適なレンズのひとつ。

中心部が頭上高く昇る南半球では、複雑な暗黒帯がいとも簡単に表現されてしまう楽しさがあります。

サジタルコマフレアの発生を抑えた設計を謳っているNIKKOR 28mm f/1.4E EDは、開放でも見応えのある作品を撮影することができますが、その明るさ故にに空の状況によっては露出時間をあまりかけられないことも。

そんな時は、絞りとISOで露光時間を調整していきますが、TP-2ならたっぷり露出をかけた撮影も簡単。

モノコック構造による剛性の高い筐体は、重量のある大口径レンズや望遠レンズ搭載時でも安心して仕事を任せられるので、レンズや設定をどんどん変えながらスターハンティングを楽しむことができますよ。

【南十字座】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED(F4)
感 度:ISO1600
露 出:300秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

ボタン電池の液漏れにご注意!

先日、ポーラファインダーの暗視野照明装置が突然点灯しなくなった、というお問い合わせをいただきました。

ご購入から1年以上経過していたお客様でしたので、ポーラファインダーをTOAST Online Shopのカスタマーサービスへ送っていただき、状況を確認することに。

 

暗視野照明装置のスイッチを動かすも特に問題はないようです。

続いて電池ボックスを開けて電池ホルダーを取り出してみると・・・

液漏れむむっ???

これは一体・・・???

LEDの端子に白い粉末状の物質が頑なにこびりついています。

 

液漏れ

電池ホルダーを裏返すと、こちらも同様の状態。

工具で電池ホルダーからボタン電池を無理やり押し出すと・・・

 

液漏れボタン電池から電解液が外部に漏れだす現象、いわゆる「液漏れ」が発生していることがわかりました。

液漏れのリスクは一般的な乾電池を使っているどの電気製品でもありますが、液漏れをさせないための方法もあります。

まず、製品がお手元に届いたポーラファインダーの暗視野照明装置には、点灯テスト用のボタン電池が入っています。

これはあくまで製品の初期不良をすぐに確認していただくための点灯テスト用電池ですので、取扱説明書にもあるとおりできるだけ早めに新しい電池と交換していただくことをお願いしております。

但し、そのまま使い続けたとしても、それがすぐに液漏れにつながることはありません。

問題は保管状態です。

製品を長期間使用しない場合は、必ず電池を取り出して保管していただくこと。

これだけでも、液漏れのリスクは格段に低くなります。

また、使い古しの電池を入れて使用したり、新旧の電池を混在して使用した場合になどにも液漏れのリスクが高まると言われています。

 

ちなみにこのトラブルでは、電池ホルダーとLEDを新品と交換し、新しい電池を入れることで元通り使えるようになりました。

小さな周辺機器ですが、これがきちんと仕事をしてくれないと正確な極軸合わせができませんので、普段からのちょっとした気遣いをお忘れなく!

以上、今日のワンポイントアドバイでした!