カテゴリー : TOAST豆知識

ボタン電池の液漏れにご注意!

先日、ポーラファインダーの暗視野照明装置が突然点灯しなくなった、というお問い合わせをいただきました。

ご購入から1年以上経過していたお客様でしたので、ポーラファインダーをTOAST Online Shopのカスタマーサービスへ送っていただき、状況を確認することに。

 

暗視野照明装置のスイッチを動かすも特に問題はないようです。

続いて電池ボックスを開けて電池ホルダーを取り出してみると・・・

液漏れむむっ???

これは一体・・・???

LEDの端子に白い粉末状の物質が頑なにこびりついています。

 

液漏れ

電池ホルダーを裏返すと、こちらも同様の状態。

工具で電池ホルダーからボタン電池を無理やり押し出すと・・・

 

液漏れボタン電池から電解液が外部に漏れだす現象、いわゆる「液漏れ」が発生していることがわかりました。

液漏れのリスクは一般的な乾電池を使っているどの電気製品でもありますが、液漏れをさせないための方法もあります。

まず、製品がお手元に届いたポーラファインダーの暗視野照明装置には、点灯テスト用のボタン電池が入っています。

これはあくまで製品の初期不良をすぐに確認していただくための点灯テスト用電池ですので、取扱説明書にもあるとおりできるだけ早めに新しい電池と交換していただくことをお願いしております。

但し、そのまま使い続けたとしても、それがすぐに液漏れにつながることはありません。

問題は保管状態です。

製品を長期間使用しない場合は、必ず電池を取り出して保管していただくこと。

これだけでも、液漏れのリスクは格段に低くなります。

また、使い古しの電池を入れて使用したり、新旧の電池を混在して使用した場合になどにも液漏れのリスクが高まると言われています。

 

ちなみにこのトラブルでは、電池ホルダーとLEDを新品と交換し、新しい電池を入れることで元通り使えるようになりました。

小さな周辺機器ですが、これがきちんと仕事をしてくれないと正確な極軸合わせができませんので、普段からのちょっとした気遣いをお忘れなく!

以上、今日のワンポイントアドバイでした!

【ユーザーQuestion】重心をできるだけ低く三脚に載せたいのですが

今日も爽やかな空気と青空が広がっている吉祥寺。

井の頭公園を散策するには最高です!

さて、今日はTP-2と三脚の接続方法に関するユーザーQuestionにお答えしていきましょう!

 

【ユーザーQuestion】

「注文したフラット三脚が本日届きました。

U1/4の小ねじを使いたかったのでセンターポールのネジを逆付けし直しましたが、TP-2の重心を出来るだけ低く設置するにはどうしたらよいでしょうか?」

******************************************************************************

【TOASTスタッフからのAnswer】

TOAST Online Shopで人気のDealer Select Option PartsのひとつBENRO「フラット三脚」シリーズ。

 

BENRO フラット三脚広角レンズでの撮影が多い方は「A2180T」を、フルサイズ機でしっかり撮影される方には三脚の脚が太い「A3180T」がオススメです。

 

BENRO フラット三脚フラット三脚のTOPネジはU3/8ネジ、いわゆる太ネジ仕様で、雲台をしっかりと固定出来るようになっています。

BENRO フラット三脚最も使いやすいのは、TP-2専用の極軸調整支援微動架台「Dish-2」をフラット三脚とTP-2の間に入れて使う方法です。

極軸合わせの際は、Dish-2の3本の脚を調整ネジで操作し、正確かつバックラッシュのないスムーズな微動操作が可能になります。

重心も低く抑えられ、TOASTスタッフがオススメするスタイルです!

 

BENRO フラット三脚一方では、こんなシステムも。

これはTOAST Online ShopのDealer Select Option Partsのひとつ「中型パンベースクランプ」をフラット三脚に直接装着するものです。

Dish-2を使用せず、高度は南北側の三脚の脚の一本を伸縮させることで調整し、方位は中型パンベースクランプのパンニング機能をつかってスムーズな回転操作で極軸を調整できます。

BENRO フラット三脚TP-2を三脚に直付けしようとすると、任意の方向にTP-2本体を向けることができませんが、中型パンベースクランプを挟み込めば、ロゴの貼られたセンターの脚の方向にTP-2の操作面を向けてセットすることが可能になります。

Dish-2を使った極軸合わせに比べると快適性と精度はかなり落ちますが、広角レンズメインで極軸合わせに慣れている方であれば、こうした簡易的なシステムでも十分撮影は可能です。

 

ところで、一般撮影では三脚のセンターポールは撮影機材の高さを調整するのにとても便利ですが、こと天体の自動追尾撮影においてはあまりオススメしません。

というのも、センターポールを装着または伸ばして機材を搭載すると、システムが不安定な状態になり、正確な追尾が必要な天体撮影では、歩留まりを低下させることに繋がる恐れがあるからです。

緊急時以外は、センターポールの併用はなるべく控えたほうが良いかもしれませんね。

 

BENRO フラット三脚また、このフラット三脚には、標準で金属製のスパイク(石突き)が付属しています。

購入時にはゴム製の石突になっていますが、ねじ込み式なので金属製スパイクへの交換はとても簡単。

天体撮影では、ぜひ金属製のスパイクに交換しての撮影をおすすめします!

 

以上、本日の【ユーザーQuestion】でした!

コインドライバーでガッチリ固定!

TP-2のDovetail Stageには、指先で操作可能な引き起こし式のノブが付いている特殊なSCREWです。

 

Dovetail Stage

 

最初から工具でSCREWをねじ込もうとすると、穴の位置がすぐに決まらなかったりと意外に手間取るものです。

それを解決してくれるのがこのノブ!

指先でノブをつまんで回転させることで、回転の初期段階をスムーズかつ素早く行える便利な機能です。

ある程度までねじ込んだら、一旦ノブを折りたたみます。

 

Dovetail Stage

 

最後に増し締めを行いますが、小さなコインなどでは力が入らないためしっかりネジを固定することができません。

Dovetail Stageの溝は、大きめのコイン(500円玉)が入るようになっていますので、しっかりと力を込めて増し締めします。

フルサイズ機や望遠レンズなど重い機材を接続する場合は、コインドライバーと呼ばれる工具をつかうとさらに効果的です。

コインドライバーは、ホームセンターなどで300円前後から入手可能な工具ですので、ぜひ揃えておくとよいでしょう。

 

Dovetail Stage

SCREWのノブは、指先で回して仮止めするためのパーツですので、ペンチなどで挟んで強固に回転させようとするとノブが破損し危険です。

ノブは接続初期段階の仮止め用として利用していただき、必ず指先で操作するようにご注意下さい。

 

以上、今日のワンポイントアドバイスでした!

TP-2 Style「X-Y 2軸駆動スタイル」とは?

この夏は、TP-2を使ったタイムラプスムービー撮影が大人気!

スチルのプロカメラマンやムービーカメラマンの方々はもちろん、TVやCM関係でも活用されています。

そんななか、とある放送局のプロデューサーから「Webで紹介されているTP-2のX-Y(2軸駆動)スタイルって、実際にはどんな動きをするんですか?」という問い合わせが。

思わず両手の手のひらを縦横に組み合わせて説明しようとしたものの、ここは手っ取り早くムービーでご紹介した方がと、TOASTスタッフ早速タイムラプスで撮影してみました。

 

 

このサンプルムービーは、X-Yスタイルに組み合わせた2台のTP-2それぞれで「360(360°/h)」のタイムラプス撮影モードに設定した動きを、30倍速で再生したイメージです。

EOS 5D MarkIIIとシネレンズという重量のある撮影機材にもかかわらず、非常になめらかな動きを見せていますね。

パン(水平)とチルト(上下)それぞれで別々の速度設定ができるため、狙ったタイミングで複雑な動きをシミュレートすることも可能です。

このシステムは、水平出しが正確に調整できるDish-2(高精度レベラー)に、Dish-25(タイムラプスアダプター)をつけた2台のTP-2で構成されています。

TP-2は、それぞれパンベースクランプユニットに換装してあるので、アルカスイス準拠の市販品を自由に組み合わせることができます。

よく見ていただくと、縦方向のTP-2には大きめのL-ブラケットが装着され、左右にスライドさせることができるようになっています。

これにより、TP-2とカメラの左右バランスを適切に取ることができます。

さらに、5D MarkIIIには、専用のLブラケットを装着し上下方向の動きをカメラに与えることができるようになっています。

 

また、2台のTP-2の裏側には、先日入荷したばかりの「外部電源バッテリープレート(LP-E6用)」をマジックテープで固定し、TP-2が1回転してもケーブルが引っかからないようにしてあるのもミソ!

電源には、LP-E6互換のリチウム電池を使用しました。

 

これらのオプションパーツは全てTOAST Online Shopで取り扱いしておりますので、チェックしてみてくださいね!

 

以上、今日の小ネタでした!

[外部電源(LP-E6)用バッテリープレート] 入荷しました!

マスコミの一部では、「スーパームーン」の話題で盛り上がっていたようですが、台風11号の影響で、各地はそれどころではなかったですよね。

さて、売り切れ中だった「外部電源用バッテリープレート」が本日入荷しました!

LP-E6

すぐに売り切れになる人気のオプション!
「EOS 5D MarkII・III」、「6D」、「7D」、「60D」、「70D」などのキヤノンのデジタル一眼レフカメラに使用されている専用リチウムイオンバッテリー「LP-E6」をTP-2の外部電源として使用できるという実に便利なガジェットです。

LP-E6

リチウムイオンバッテリー「LP-E6」の電圧は7.2V。電圧が高い分、消費電力も多くなるので使用時間は若干短めですが、単3形乾電池に比べて高トルク駆動が期待できます。

カメラとTP-2の共用電源として使えるので、チャージャーは1種類でOK!

余計な荷物が減るので、特に遠征で重宝するのが人気の理由です。

 

LP-E6

LP-E6を滑りこませるようにバッテリープレートに装着します。

 

LP-E6

ロックが掛るようになっているので、バッテリーがプレートから脱落する心配もありません。

 

LP-E6

また、カール式の電源コードは、収納にも運用にも便利です!

 

外部電源用バッテリープレート

BP-09

BP-08

バッテリープレートの裏面はファスナーテープ(いわゆるマジックテープ)式になっているので、こんなふうにTP-2の凹みに合わせて取付けることも簡単!

 

BP-07

カールコードを活かして、三脚の脚にファスナーテープで固定する方法は、TOASTスタッフのお気に入りのスタイル。

気温の低い夜は、三脚の脚ごとタオルなどでぐるぐる巻にしてしまえば、温度低下によるバッテリーの性能低下を防ぐこともできます。
もちろんその中にカイロを挟んでおくのも簡単!

 

このオプションは、TP-2はもちろん、全てのTOASTシリーズで使用可能ですので、キヤノンユーザーには強くおすすめしたい逸品です!

 

TOAST Online Shopは、お盆期間中も休まず営業しております!

人気のオプションですので、興味のある方はお早めにどうぞ!

 

以上、今日のお知らせでした!