TP-2でM51を狙う!: Kim ikjun氏

昨年9月に素晴らしいM42の作品を披露してくださったKim ikjunさんですが、今度は更に焦点距離の長い光学系を使って見事な春の銀河をとらえたそうですよ!

 

Kim ikjun さんのコメント:

「 4月に入り気温も暖かかったので、久しぶりにTP-2を手に撮影へ出掛けることにしました。

幸い天気は良かったのですが、その日の月齢は11。 あいにく 明るい月が輝く夜でした。
カメラレンズでの星野撮影は諦め、最近手に入れた望遠鏡をTP-2に搭載して春の銀河を狙ってみることにしました。

ターゲットとして選んだのは、この季節のフォトジェニック「M51」です。

サイズが小さいM51を撮影するために、今回はTakahashi FS60CB に1.7倍のエクステンダーを追加して焦点距離を600mmにしました。

この組み合わせは、1.7倍のテレコンバーターをビルトインしたFS60Qと同じ仕様です。

カメラはSONYのα7s。
感度をISO8000まで上げ、30秒露出で200枚を超えるインターバル撮影を行いました。

600mmという長焦点にもかかわらず、TP-2は安定した追尾をみせてくれ、仕上がりにも満足です!」

[撮影DATA]

カメラ : SONY α7s (Modified仕様)
光学系 : FS60CB with Extender 1.7×(600 mm f/10)
感  度: ISO8000
露  出: 30秒 × 200枚 + dark frame×30枚
撮影日時: 2020.4.4(土)
追尾架台: TP-2(微動雲台 Dish-2を使用)

 

FS60CBを搭載したTP-2

TOASTスタッフのコメント:

4kgを超えるシステムを搭載したTP-2を巧に使いこなすKim ikjunさんの技術とセンスにTOASTスタッフも脱帽です!

明るい月夜だったという悪条件を克服するのと同時に、感度をあげて非常に短い露出時間で多くのカットを撮影しスタック処理するワークフローは、モバイル赤道儀に長焦点の光学系を組み合わせた撮影での歩留まりを高めつつ、淡い光を炙り出すことができるテクニックとして、今やスタンダードな技法となっています。

淡い天体の表現に卓越したセンスとテクニックをお持ちのKim ikjun さんですが、様々な機材の性能を120%発揮させるための工夫と細かな気遣いができてこその結果と言えますよね。

Kim ikjun さんの次のターゲットに、TOASTスタッフはワクワクです!

初めてのTP-2: Lee kwang hwoさん

写真歴はすでに10年以上という Lee kwang hwoさんが、 TP-2を導入した のは 2020年2月のこと。

これまで一度も赤道儀を触ったことがない状態から、生まれてはじめて望遠レンズを使った天体の追尾撮影にチャレンジ。自宅の庭先で最初に狙ったターゲットは M42・オリオン大星雲でした。

 

Lee kwang hwoさんのコメント:

            TP-2による初めてのディープスカイ撮影「M42」

[撮影DATA]

撮影日時:2020.2.29(土)午後8:28
撮影地 :我が家の庭(昌原市)
追尾架台:TP-2(微動雲台 Dish-2を使用)
カメラ :ニコンD810(ローパスフィルター除去)
レンズ :ニコン300mm単焦点 + レンズコンバータ 1.4×
感  度:ISO100
絞  り:f2.8
露  出:180秒
補  正:Photoshopにて簡単補正

 

 

「DSLRカメラを購入して本格的に写真を始めたのは2007年からのことです。 雲海、霧氷、日の出など 風景や山の写真を中心に撮影をしていたのですが、ある時、天の川の写真に興味を持つようになりました。

広角レンズを使い、何度か天の川の撮影にチャレンジするうちに、他の方が撮影したディープスカイの写真にも興味をもちはじめ、私も一度自分で天体の追尾撮影をしてみたいと思うようになりました。

最初は小型の天体望遠鏡を調べてみたのですが、価格や重量、使用方法などの条件が自分には合わず購入を諦めていた時に、TP-2の噂を聞きつけました。私にとってTP-2は、精度、重量、価格、使い方などすべての面において満足のいくものだったからです。

私が持っているレンズ「70-200mm F2.8 L」では、とてもディープスカイの撮影が難しいように思えたので、中古でニコンの300mm単焦点レンズを購入しました。しかし重い300mmレンズを果たしてTP-2が耐えられるのか、内心とても心配をしましたが、ほぼ満足のいく結果を得ることができました。

微動架台「Dish-2」や自由雲台など、撮影に必要な周辺機器を備えた後、まずは自宅の庭先でオリオン大星雲を狙うことにしました。

あいにく近所の街灯などの光害がひどく、北極星が見えづらい環境だったため極軸合わせが少し難しかったのですが、何度か繰り返すうちに極軸合わせのコツを理解できると、3分以上の露出でも星が全く流れず点像に写すことができるようになりました。 D810の液晶モニターに現れた美しいM42の姿には大満足です!

またTP-2は、タイムラプスアダプター「Dish-25」を用いたタイムラプス撮影機能もあり、私にとって非常に満足のいく機材です。

今後は、さらに技術と知識を高めながら、天体撮影を楽しんでいきたいと胸踊らせているところです!」

 

 

TOASTスタッフのコメント:

赤道儀 を使った生まれて初めての追尾撮影のチャレンジが、300mmレンズによるM42とは、驚きの一言です!しかも、いきなり結果をものにされるとは、実にお見事ですね!

LEEさんは62歳とのことですが、どんどん新たなジャンルにチャレンジされるバイタリティは、TOASTスタッフも見習わねば・・・。

日本も韓国も新型コロナウイルスで大変な状況にありますが、一日もはやく状況が落ち着いてくれることを願うばかりです。

TP-2で究極のM42 オリオン大星雲を狙う:Kim ikjun氏

DaejeonのTP-2ユーザーKim ikjunさんからM42オリオン大星雲の作品を投稿いただきましたのでご紹介しましょう!

 

【撮影データ】
2018. 12. 31. 21:30 ~
Optics: FS60CB with Flattener (370mm F/6.2)
Filter: Optolong L-Pro filter
Mount: TP-2
Exposure: Sony A7s (modified) ISO 10000 x 30s x 250subs
60 dark frames
40 flat frames
50 bias frames

 

M42の周囲を取り巻く淡いガスの広がりまで見事に再現されたこの1枚、見慣れたオリオン大星雲が全く別の天体にみえてしまうほど独特な雰囲気を醸し出していますね。

深い奥行を感じさせ、そこが星の誕生の場であることをあらためて噛み締めてしまうような素晴らしい作品です。

Kimさんがこの作品を撮影したのは、去年の大晦日の晩のこと。

TP-2に搭載した機材は、光学系にフラットナーを装着した高橋製作所「FS60CB」、カメラは高感度モンスターと呼ばれたフルサイズデジタル一眼「 SONY α7s」という組み合わせです。

さらに光害カットフィルターOptolongの「L-Pro」フィルターを併用し、ISO10000の高感度設定で30秒の短時間露出を250回行うと同時に、ダークフレーム、フラットフレーム、バイアスフレームも取得、それらをもとにスタック処理することで、市街地にもかかわらず素晴らしい作品を生み出すことに成功しています。

「仕事が忙しくてなかなか遠征に出かけられないんだよねぇー」という、僕らのいつもの口癖が言い訳にしか聞こえなくなってしまうようなKimさんの見事な1枚でした!

TP-2に大口径望遠レンズEF200㎜ F2Lを搭載する:Mr.Lee Jaerim

天体写真家のLee Jaerimさんから、TP-2のシステムアップ情報が届きましたのでご紹介しましょう!

Leeさんが新たに導入したのは大口径レンズ「EF200mm F2L」。

200mmながら、定価で85万円もするマニア垂涎のハイスピードレンズです。

2.5kgもあるこのレンズにEOS5D MarkIIIを接続した撮影システムの重さは、優に3kgを超えます。そのままでも自由雲台を介してTP-2に搭載することはできますが、安定した構図作りと追尾の歩留まりのためにバランスウエイトを介したシステムアップを行ったそうです。

Leeさんが運用しているTP-2は、特別仕様のガンメタリックカラー。

一晩で広角から望遠まで様々なレンズで撮影することから、標準仕様のパンベースクランプユニットをそのまま使うのがキモとのこと。

簡易赤緯軸として選んだのは、スカイメモS/T用の微動台座&アリガタプレートIIにスカイメモS用のバランスウエイトとシャフトです。アルカスイス準拠のパンベースクランプユニットには、そのままでは微動台座&アリガタプレートIIが接続できません。
そこでビクセンのプレートホルダーSXの裏側にアルカスイス準拠のクイックリリースプレート(長さ100㎜)をねじ止めすることで、簡易赤緯軸ごとアルカスイス準拠のユニットにまずは変身。
微動台座&アリガタプレートIIはいわゆるビクセン規格なので、そのままプレートホルダーSXに接続できます。
こうして重さ約3.5kgの大口径レンズとカメラを搭載するシステムアップが完了です。
EF200mm F2Lのデビューはこれからとのこと。
ぜひこのシステムで撮影した作品も拝見したいですよね、みなさん!!
そんなわけで、Leeさん宜しくお願い致します!!