アーカイブ : 2013年 7月

山田久美夫氏「都会で楽しむ天体写真セミナー」開催のお知らせ

前回のブログ更新でご紹介した「月刊カメラマン8月号」掲載の山田久美夫さんの記事に引き続き、山田久美夫さんが講師を務める「都会で楽しむ天体写真」セミナーの情報が入って来ました!

しかも無料のセミナーというから見逃せませんよ!

 

東京近郊にお住まいの方限定ではありますが、来月8月10日午後から、恵比寿にある「スタッフエビス デジタルラボ」で開催されるこのセミナーは、山田久美夫さんがこれまで横浜市内で撮影した天体写真のお話を、直接、聞くことができる貴重なチャンスです。

定員が30名(先着順)なので、ご希望の方はお早めにどうぞ!

セミナーの申し込みなどは、コチラまで!

 

 

月刊カメラマン8月号「軒先で楽しむ天体写真のススメ!」の巻

 

カメラ雑誌「月刊カメラマン8月号」、もうご覧になりましたか?

TOAST Proのヘビーユーザーでもあるフォトジャーナリストの山田久美夫さんが
「軒先で楽しむ天体写真のススメ!」と題して、
デジタル一眼レフカメラを使い、都会の夜空で星雲・星団をワンショット撮影する天体写真のノウハウを大公開!

 

実際に横浜市内のご自宅で撮影したとされる(だってあまりに凄すぎるんだもん!)星雲・星団の作例は、思わず息を呑むクオリティー。

さらに、雑誌に掲載されている星雲や星座の作例は、全て山田久美夫さんのモバイル赤道儀TOAST Proで撮影されたものだということですので、注目です!

 

 

実は、他の写真と違って、天体写真は、「月齢」、「雲」、「地方遠征」という3つの条件を満たさなければ楽しめない、非常にチャンスの限られたジャンルなんですね。

3つのうち、「月齢」だけは、1ヶ月待てばかならず良い条件が巡ってきますが、その夜が週末と重なってくれなければ、山奥まで遠征することができません。

そんなわけで、この3つの条件がピッタリ揃うその瞬間まで、僕らは忸怩たる思いで機材の手入れをしながら待つしかありませんでした。
さすがに天候だけは自分の努力ではどうにもなりませんが、少なくとも地方まで遠征せずに撮影が可能なのであれば、平日の夜でも、仕事帰りにビールを一杯引っ掛けながら撮影ができますよね。

しかも、小型のモバイル赤道儀で見事な星雲・星団が撮影できるとなれば、俄然モチベーションがアップするというもの!

これって凄いことだと思いませんか?

 

山田久美夫さんの「軒先で楽しむ天体写真のススメ!」のポイントのひとつは、望遠レンズやBORGを使って、星雲・星団のクローズアップを狙うというところです。

ここ数年、安価なコンパクト赤道儀がいくつも発売されましたが、どれも広角から標準レンズでの撮影に的を絞った製品。

そんな中で、1台でフィッシュアイから超望遠レンズまでカバーするモバイル赤道儀TOAST Proは、まさに山田久美夫さんが提唱する都会の夜空で狙う星雲星団の撮影にはもってこいの選択肢といえますね。

 

撮影後の画像処理によって美しい星雲の色が浮かび上がってくる場面は、まるで魔法のよう。

デジタルカメラ時代ならではの楽しみ方です。

横浜市内で撮影された気になる作品のクオリティーは、ぜひ月刊カメラマン8月号を手にとって確認してみて下さい。

きっと、あなたの眠っていた「やる気スイッチ」が”プチッ”と押されること間違いなしです。

かくいうTTスタッフも、吉祥寺で星雲を狙っちゃおうかな!と、密かに目論んでおります。

日本から南十字星が見える!?の巻

 

「どこにあるのか、知らないけれど・・・・誰もがみんな知っている」

その名は、「南十字星」。 

 

アラスカやフィンランドで見るオーロラのように、ニュージーランドやオーストラリアに行って、いつか絶対に見てみたい、憧れの星!として、誰もが知っている有名な星の並びです。

 

実は、日本からでも、見られるんですよ。 ←これホント!

 

撮影して来ました、「南十字星」。

場所は・・・

 

 

TTスタッフが降り立ったその場所は、沖縄県石垣島です。

 

6月の石垣島。
太陽が沈み、まだ薄暮でほんのり明るい夜空に、その星たちは輝き出しました。

 

南の水平線ギリギリのところ、ドラマチックに雲間から姿を表した4つの星は、まさしく「南十字星」。正式には「南十字座」という星座です。

 

南半球で豪快な天の川の中に”ビシっ!”と輝く南十字もいいけれど、こんなふうに、水平線ギリギリで儚く光る石垣島の南十字は、また特別な存在です。

TTスタッフがわざわざ飛行機に乗って出かけてていく気持ちが、わかるでしょう?

 

石垣島で南十字座を撮影するなら、春がおすすめ。 春の星座「からす座」が南中するタイミングとほぼ同じです。

 

来年の春は、あなたもいかがですか?

石垣島の南十字星・・・。

【TOAST豆知識】3Way雲台を利用したDish-2のワールドワイド運用方法

 

夏休みが近いせいか、大人気の極軸合わせ専用微動架台「Dish-2」を海外の遠征先でも使いたい!というご相談が、このところ多く寄せられています。

 

Dish-2は、バックラッシュの影響を受けること無く、ポーラファインダーの指標に対して正確に北極星を導入することができる画期的な製品です。

緯度が35度前後の地域では水平状態で設置すれば殆んど問題はありませんが、北海道や九州沖縄地方などでは、南北のどちらかに配置した三脚の脚の1本を伸縮させ、僅かに傾けるようにすることでDish-2の可動範囲を最大限に享受することができます。

ところで、日本国内とは大きく緯度が異なる、例えば、アラスカやカナダなどの高緯度地域、もしくは赤道儀に近い低緯度地域で、Dish-2を使用したい場合には、どうしたらいいでしょうか?

いくつかの解決方法がありますが、今回は最も手軽な方法をご紹介しましょう。

 

多くの皆さんは、恐らく三脚を購入する際にセットでついてきた3WAY雲台をお持ちでしょう。

この3WAY雲台を、TOAST Pro用の”傾斜ウエッジ”として利用してしまおうというのが今日のアイディアです。
えっ、単純すぎるって? アハハ、面目ないです。


例えば、こんなふうに、3WAY雲台の上にDish-2を装着し固定します。

 

次に3WAY雲台の上下方向の稼働軸を傾けて、遠征先の緯度に近い角度に合わせておきます。

この時、三脚の脚の1本は必ず南北方向に設置することが重要。特に過重がかかる方向に向けて置くのがポイントです。

こうすることで、三脚を含めたシステム全体のバランスを大きく崩すこと無く、Dish-2を使った極軸合わせが可能になります。

 

 

この夏、海外への遠征計画があるユーザーの皆さんには、ちょっと耳寄りな情報でした!

早く梅雨が明けない、かなぁ。。。

【TOAST豆知識】コレは便利!いなせなコインドライバー!

 

梅雨の季節も折り返し点を迎え、今日から7月です。

6月は殆んどBlogの更新ができず、多くのユーザーから問い合わせを頂いてしまいました。みなさんスミマセンでした・・・。

 

さて、7月最初の更新は、ユーザーからお寄せいただいた情報で幕開けです。

以前ご紹介したコインドライバー。TOAST ProのDovetail-StageDish-2の円形プレートを固定するのにとても便利な道具です。

しっかり力を込められるので、特に自由雲台をDovetail-Stageに固定するにはベストの工具ですが、常時持ち歩くにはチト大きめです。

そんな中、女性ユーザーから教えていただいたのがコレ!

なにやら不思議な形をしたキーホルダーらしきもの・・・。実はこれもコインドライバーなんですよ。このタイプの工具は、500円前後で発売されているのをホームセンターやカーショップ(バッテリーの栓を回すのに使うらしい)などで見かける事がありましたが、今日ご紹介するのは、なんと100円ショップで売られているシロモノです。 

 

パッケージを見ると、尖った先端はプラスドライバー、四角く飛び出した部分はマイナスドライバー、さらに、ゆるいR(アール)の部分で缶ジュースなどのプルトップを開けるのにも使える、とあります。

 

もちろん注目は、厚みが2mm弱ある、このゆるい「R」の部分です。そのカーブは10円玉の円弧と同じくらいだと思って下さい。

 

こんなふうに、Dovetail-StageやDish-2の円形プレートのネジ溝に合わせて、ギュギューっと右へ回転させれば、かなりしっかり固定することができます。本当は500円硬貨並にもっと「R」がゆるいと安心なのですが・・・なんといっても100円ショップの商品です、文句を言える筋合いではない、ですよね。

長玉のレンズなど重い撮影機材を搭載するときは、例のコインドライバーでしっかり固定することをオススメしますが、日常使いでは、これでもかなり使えそうです。

 

普段はこんなふうに、鍵と一緒にキーホルダーにつけておけば、いつでも取り出して使えますよね。それに無くさないで済みそうです。

 

あとは、カメラバッグやTOAST Proのキャリーバックにつけておいてもいいかも。でも、ワンタッチで脱着できるタイプのキーホルダーに付け替えておく必要がありますけどね。

 

 

もちろんTTスタッフは、このキーホルダータイプのコインドライバーを複数個大人買いし、あちこちにつけまくったことは言うまでもありませんが・・・。

 

撮影に出かけられない梅雨の時期には、こんなふうに、100円ショップで便利なグッズを探しまわってみるのも面白ですよね。

 

梅雨明けまであと3週間あまり。

この時期を楽しめる便利グッズ情報などなど、あなたからもぜひお寄せ頂ければ嬉しいです。

以上、いなせなコインドライバーのご紹介でした!