アーカイブ : 2012年 9月

IRフィルター換装改造版 EOS 5D Mark IIIの威力!:Mr.Jang jusu

 

前回に引き続き、海外のTOAST Proユーザーから素晴らしい作品が届きましたのでご紹介しましょう。

 


【はくちょう座 デネブ付近の散光星雲】

カメラ:Canon EOS 5D MarkⅢ
レンズ:Carl Zeiss Planar T* 100mm f2.0
絞値:F4.0
感度:ISO 1600
露出:240秒

モバイル赤道儀TOAST Pro使用

撮影地:Gangwon-Cheorwon

【カシオペア座付近】

カメラ:Canon EOS 5D MarkⅢ
レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm f1.4
絞値:F4.0
感度:ISO 1600
露出:240秒

モバイル赤道儀TOAST-Pro使用

【ぎょしゃ座】

カメラ:Canon EOS 5D MarkⅢ
レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm f1.4
絞値:F4.0
感度:ISO 1600
露出:240秒

モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 【オリオン座】

カメラ:Canon EOS 5D MarkⅢ
レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm f1.4
絞値:F4.0
感度:ISO 1600
露出:300秒
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

韓国のアマチュア天文家でありモバイル赤道儀TOAST ProユーザーのJang氏から届いたこれらの作品は、 IRフィルター換装改造したCanon EOS 5D Mark IIIによるものです。

アストロカメラとして改造されたEOS 5D MarkIIIの威力は、さすがに素晴らしいものがありますね。
EOS 5D Mark IIのIRフィルター換装改造は、国内でも耳にしますが、最新機種の5D Mrak IIIとなると、まだまだ希少な存在でしょう。

さて、CONTAXユーザーのJang氏が所有するレンズは、全てCarl Zeiss 製。
天体撮影には、それらのレンズを、近代インターナショナルのマウントコンバーターを介してEFマウントに変換し、EOS5D MarkIIIで撮影を行なうというスタイルだそうです。

特に、冒頭の「はくちょう座 デネブ付近」を切り取った作品は、圧巻のディテール表現力。
データサイズの関係で掲載できないのが残念ですが、マスターデータは、いつまでも見とれてしまうほどの解像感をもっています。

Carl Zeiss Planar T*は非常にシャープなレンズです。
冒頭の作品のようにディフューズせず、そのままの表現も素晴らしいですよね。
この作品、輝星に8本のスポークが出ているのがわかりますか?

あっぱれです!

カシオペア座、ぎょしゃ座、オリオン座などは、85mmレンズでちょうどバランスが取れる画角の星座ですので(フルサイズセンサー搭載のカメラの場合)、これからの季節は中望遠レンズも大活躍ですね。

モンゴルの星空:Mr.Lee jae rim

海外のTOAST ProユーザーMr.Lee jae rimから作品を投稿いただきましたのでご紹介しましょう。

 

【はくちょう座 デネブ付近】

Canon EOS 5D MarkⅢ
Zeiss 180mm F2.8
絞り値 f5.6
ISO 1600
露出 300秒

モバイル赤道儀TOAST Pro使用
撮影地:Mongolia

 

【夏の天の川】

Canon EOS 5D MarkⅢ
Zeiss 180mm F2.8
絞り値 f5.6
ISO 6400
露出 80秒

モバイル赤道儀TOAST Pro使用
撮影地:Mongolia

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

カメラもレンズも生粋のキヤノンユーザーのLee氏ですが、この夏モンゴルへ遠征するのを契機にLee氏は、友人のアドバイスを受けてCarl Zeiss Sonnar T* 180mm F2.8レンズを導入したのだそうです。

そのZeissレンズでモンゴルの星空を撮影してみたところ、EFレンズとあまりに異るツアイスレンズの表現力に愕然としたそうです・・・。

Lee氏は、帰国後直ぐに、持っていたすべてのEFレンズを手放し、EOS 5D MarkⅢ用にツアイスのレンズを導入したのだとか。

 

ちなみに、はくちょう座のデネブ付近を撮影した作品で星が滲んでいるのは、はやりのソフトフィルターではなく、撮影中にレンズに付着した夜露によるもの。

自然のハプニングが上手く作品に彩りを加えてくれました。

世界中を旅しながら星を撮影しているLee氏。
次回の遠征では南半球を狙っているそうです。

あー、羨ましい!!

EOS 60Da&EF180mmによる干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20):RedLily様

twitterがきっかけでモバイル赤道儀TOAST-Proを導入されたRedLily様から、天体撮影モデルのデジタル一眼レフカメラ「EOS 60Da」とマクロ望遠レンズ「EF180mm F3.5L」を組み合わせた作品をご投稿いただきましたので早速ご紹介しましょう。
——–
初めまして。
6月中頃にTOAST Proグリーンカラーモデルを購入したRedLilyと申します。

実はTOAST Pro発注前日にCanon EOS 60Daを注文したのですが・・・EOS 60Daが届いたのが8月中旬、その間はEOS 7Dで追尾撮影の練習?に勤しんでおりました。

私は風景を撮る事がほとんど無く、専らマクロ撮影かレース撮影のため長いレンズばかり所有しています。そんな理由で重量のある望遠レンズでも使えるポータブル赤道儀を探していた所、twitterで教えてもらってTOAST-Proと出会いました。

・・・と、いうことでまずは長いレンズの作例を送付させていただきます。

極軸望遠鏡を使っての極軸合わせは初めてだったのですが、予想以上の出来で驚いています。

 


【撮影データ】
Canon EOS 60Da
EF180mm F3.5L マクロ USM 開放
ISO 1600
露出 338秒+73秒
TOAST Pro使用
画像処理 合成後トーンカーブ補正、トリミング

 

【撮影データ】
Canon EOS 60Da
EF180mm F3.5L マクロ USM 開放
ISO 1600
露出 73秒
TOAST Pro使用
画像処理 PPD現像、Photoshop CS6にて強調補正、トリミング

 

撮影時の機材はこんな感じです。(これは別の日に撮影、iPhoneカメラなので画質悪く申し訳ないです)

間に合わせで買った自由雲台がちょっとギリギリな感じで、締めたつもりなのにすぅーっと動いて冷や汗をかくことも・・・(苦笑)
対策が必要ですね。

 

住んでいる所は市街地や工業地帯が近く、残念ながら少し遠征しないと作例のような写真は撮れません。が、ものは試しに・・・と自宅の庭でカシオペアのだいたいの位置を頼りに時角合わせして北極星のみで極軸合わせしてみたら、300mm単でも1分ほどの追尾ができそうな感触です。

(おまけ)自宅庭で、 北極星しか見えない状態かつ建物の影で北斗七星もカシオペアも見えない状態で極合わせての300mm 30秒露出です。

ポーラアライメントホールではうまく合わせきれなかったのですが、ポーラファインダーを使うことで予想外に追尾できるので驚いてます。しかし、300mmになると今使っている自由雲台では危なっかしいので、やっぱりジンバルフォークユニットが必要そうです。(早く買わなくちゃ。)

冬に向けて、光害で北が明るい場所でも撮れるかなーと、期待しています。

あと、大事なことを書き忘れていました。写真は、厳密に上が北になっていません。カメラが地面に対してほぼ水平の状態での撮影です。地面に立って見るのと同じ状態になっています。

実はあの干潟星雲が「ほぼ初めての」天体写真だったりします。もう1回撮れと言われて撮れるかどうか、未だに自信がありません(笑)

まとまっておらず、申し訳ありません。射手座が大きく時期外れになる前に取り急ぎ送付します。
* * * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

RedLilyさん、作品のご投稿ありがとうございます。
普段の撮影フィールドがマクロとレースということで、どちらも撮影時に細部まで気を配る必要があり、高いテクニックが要求されるジャンルですよね。特に、被写体深度が浅くフォーカスにシビアなマクロ撮影は、天体撮影と似ている部分もある分野かもしれません。

そんなRedLilyさんが今度は夜空にそのマクロレンズを向け、天体撮影に挑戦されたわけですが、最初からこのレベルの作品を撮影できる人は、そう多くはありません。正にあっぱれです!

マクロレンズを天体撮影で使用するのは、いまや天文界でも常とう手段。特に非常にシヤープな像を結ぶ180mmなどの望遠マクロは、天文ファンにも人気の魅力的なレンズのひとつです。

ところで、APS-Cセンサー搭載のEOS 60Daで180mmを使う場合は、300mmレンズ迫る長焦点撮影になります。RedLilyさんは、ポーラファインダーをつかった極軸合わせも初めてということですが、極軸調整の腕も確かです。

望遠レンズを使った撮影の場合は、北極星だけでなく、こぐま座のδ星(4.4等星)も使った2点アライメントでセッティングすると、時角合わせが正確に行われるため高い精度が得られますので、300mmレンズでも安心して撮影が行えます。こぐま座のδ星は明るさも4.4等星ですので、ポーラファインダーで十分確認できる星ですので、ぜひお試しを。

RedLilyさんの作品を拝見してまず感じるのは、漆黒の闇の中に透明感と奥行きを感じさせてくれる絶妙なあんばいで調整された色調やコントラストなど画像処理のセンスの良さです。

60Daは、現在発売されているキヤノンのデジタル一眼レフカメラで唯一の天体撮影モデルで、Hα線の透過率を約3倍に上げた赤外カットフィルターを搭載しています。
そのため、赤い星雲が写りやすくなる一方で、画面全体が赤味がかった色調となります。これをPhotoshopなどの画像処理ソフトをつかってバックグランドの赤カブリを抑えながら、散光星雲の赤色をキープするよう上手く補正していくわけです。

画像処理をやり過ぎるとすぐにデータが飽和してしまいますし、また単純に散光星雲の表現だけを重視すると、バックグランドはマゼンタ系に転がってしまうこともしばしば。

もちろん作品の仕上げは好みの問題ですが、RedLilyさんのように色彩とコントラストのバランス感覚を持った方は実に羨ましい!

広角から超望撮影までを一台で対応できるモバイル赤道儀TOAST Proは、EOS 60Daの性能を活かした作品づくりに向いています。Hαを放つフォトジェニックな星雲が夜空には数多くあり、それらをひとつずつEOS 60Daで狙っていくのは、実に楽しい作業です。RedLilyさんの更なる作品に期待です!

念願のTOAST Proデビュー:小貝哲夫 様

パラグライダー専門誌を中心に大自然やオーロラ、野生動物などのジャンルで活躍されているフォトジャーナリストの小貝哲夫さん。
オーロラと星空の共演というあらたな作品づくりのため、モバイル赤道儀TOAST Proを導入されました。
その小貝さんからコメントをお寄せいただきましたので早速ご紹介しましょう。

———————-

モバイル赤道儀TOAST Proとの出会いは、今年の2月に横浜で開催されたCP+の会場でした。
僅かの間に何度もブースに足を運び、いろいろと疑問や質問を浴びせたのでスタッフの方もビックリしたことでしょう。(笑)

それまで星空だけの撮影には特に興味はありませんでしたが、ライフワークにしているオーロラ撮影では当然星が写り込みます。どんなに美しくオーロラを記録できても、星がぼけているのはガッカリです。そこで明るい星を利用して無限遠を出すようになりましたが、それでも長秒時撮影では星が流れてしまう・・・。
そんな悩みを解決してくれるのがTOAST Proです。

オーロラ撮影では風景を入れるよう心掛けていますが、追尾速度が1/2になる【星景撮影モード】を使えば、風景と星空を止めることもできる。
北の大地に現れるオーロラとその背景に広がる天の川・・・TOAST Proで撮影したイメージがどんどん膨らんでいきます。

新しくオリンパスからリリースされたOM-D E-M5も、大きな切っ掛です。
高感度に強い新型センサーにより、従来のオリンパス機が苦手だった星空撮影の可能性が広がると感じていたからです。
前年のCP+にも行っていますが、その時には目にもとまらなかったのですから不思議なものですね。

斯くして8月、念願のTOAST Proが手元に届きました。
カラーはもちろんオーロラカラーの限定グリーンです!

こんなシーンで星をピタリと止めたい。それがTOAST Pro導入の切っ掛けです。

 

8月最後の土曜日、熊本県天草で開催される「天草アウトドアアドベンチャーレース」の取材に行くことになり、『チャンスが有るかも』と機材一式を車の中に忍ばせ木曜の23時に自宅を出発。ひたすら高速を走り続け、現地に到着したのは翌々日の土曜日1時過ぎ。この頃には上弦の月も海に沈み、満天の星空が広がっていました。

チャンスは逃さない。

天草最高峰の倉岳(682m)山頂に移動して、TOAST Proを使った星空撮影にチャレンジです。

6月に朝霧高原で開催した「初心者のための星空撮影」の小さなイベントで、TOAST Proの構造や使い方をレクチャーして頂いたので、何の戸惑いもなく組み立てて準備完了。ところが余りにも星が多くて、北極星が確定できません。そこで3分間シャッターを切り、北極星を特定しました。結果的には自分の予想と合致していましたが、無事に極軸調整も完了です。

撮影時、記録されていく画像を液晶でチェックできるOM-Dのライブタイムは大変有効で、画像と自分のイメージを限りなく近づけることができます。細かい設定は今後の課題としても、この組み合わせによる戦闘能力の高さに大変満足しています。

しかし問題点も。自由雲台を組み合わせたのですが、狙いたいアングルにカメラをセットできず四苦八苦。天地逆で撮影し、後で回転させるなどの対応に迫られました。(帰宅後、直ぐにオプションのジンバルフォークユニットを注文しました)

TOAST Proを使って撮影した初めての作品。星空撮影の奥の深さや楽しさに引き込まれていきます。

 

余りに星が多くて北極星が・・・そこでTOAST Proをオフにして長秒時撮影して特定した。

  星空撮影は90分ほどで切り上げ仮眠、5時にはレースブリーフィングが始まります。「天草アウトドアアドベンチャーレース」はシーカヤック9km、マウンテンバイク17km、トレイルランニング5km、それにパラグライダーを組み合わせた複合レースです。今回はシーカヤックとマウンテンバイク、パラグライダーで選手に混じっての取材ですが、パラグライダーでは10時間前に見上げていた倉岳上空をフライトしました。

 その夜も同じように満天の星が広がっていましたが、さすがにTOAST Proを取り出す体力は残っていません。海岸の芝生にグランドシートを敷いて朝まで爆睡しました。その後は台風の影響で再び星空に出会うことはなく、僅か90分の星空撮影デビューになりました。

星空撮影をした倉岳上空1400mをパラグライダーでフライト。

話しが逸れてしまいましたが、いよいよユーコンに向けて出発です。
今年は太陽活動も活発で、連日素晴らしいオーロラが出現しています。撮影機材と最小限のキャンプ道具、それにパラグライダーを持って山に登りオーロラ撮影。朝日が昇ったらパラグライダーで飛んで下山する・・・こんな撮影スタイルを楽しもうと思いっています。

北の大地にオーロラと星空を写し込んだ一枚。どんな瞬間に出会えるのか、今からワクワクしています。

* * * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

小貝さん、ユーコンへの遠征準備でお忙しい中、コメントと作品をお寄せいただき心から感謝申し上げます。

天草でのTOAST Proファーストショット、無数の星がピタリと止まって液晶モニターに浮かび上がったときの感想はいかがでしたか?
モバイル赤道儀という機材を介してはじめて見えてくる世界がそこにあります。

小貝さんは、世界中のアウトドア・フィールドでのネイチャー撮影を中心に活躍されているプロのフォトグラファー。
そこで出会う星空を様々な切り口で作品に変えていくためのパートナーとして、モバイル赤道儀TOAST Proが今後小貝さんのお仕事に大いに役に立つことを願っております。

日中の撮影を終えてテントに戻っても、夜はふたたびTOAST Proで星空の撮影と、お仕事の苦労を2倍にしてしまうかもしれませんね(笑)。

雪のない大地でオーロラを撮影できる9月から10月にかけては、オーロラと地上の景色、そして星空の共演を撮影するには、まさにベストなシーズンといえます。

TOASTスタッフも前回の冬にイエローナイフでオーロラ撮影に挑みましたが、ここ数年停滞していたオーロラ活動が一気に開花するように、素晴らしい極光が夜空に舞いました。

ユーコン準州は、カナダの極北に位置するオーロラ撮影のメッカのひとつ。月の光をうまく取り込むことで、赤く染まった見事な紅葉も作品づくりの演出に一役買ってくれそうですよね。

雪のない季節は、オーロラが湖にも写りこんだシチュエーションを撮影できるので、とても魅力的です。

皆さんも、モバイル赤道儀TOAST Proをカメラバッグのポケットに忍び込ませて、秋のオーロラ撮影へ出かけてみてはいかがですか?

小貝さん、ユーコンでのご活躍を心からお祈り申し上げております。

どうかお気をつけて、素晴らしいお仕事を期待しております。

限定ブルーカラーモデル Sold out!

人気の限定カラー「ブルーカラーモデル」は、完売となりました。

皆様、誠にありがとうございました。

今後は、通常モデルのブラッドオレンジカラー(ワインレッド系色)のみの販売となります。

なお、現在のところ各限定カラーモデルの再販予定はございません。

個別にお問い合わせをいただきましても同様のご返答となりますので、ご了承くださいませ。

以上、TOAST Online Shopからのお知らせでした!