タグ : タイムラプスムービー

【ユーザーQuestion】TOASTでモーションタイムラプスムービーを撮影するにはどうしたら良いでしょうか?

溜まりに溜まってしまったユーザーQuestionに久しぶりにお応えしていきたいと思いますので、しばしお付き合い下さいませ。

では行ってみましょう!

 
【ユーザーQuestion】
「ちょっと大きくて重いのであまり出番がない第1世代のTOASTを所有しています。
このTOASTでタイムラプス動画を撮影できないかと考えていますが、システム図のようなもので説明しているページはありますか?」

 
【TTスタッフからのAnswer】
TOAST TECHNOLOGYのファーストプロダクツ「TOAST」のユーザー様からのお問い合わせです。

モバイル赤道儀TOASTは、現行製品のTP-2とはコンセプトが大きく異なる製品です。

天文ファン向けに開発されたTOASTは、天体の自動追尾性能を可能な限り追求したモデルで、TP-2の約2倍の重量と大きさがあり、形も異なります。

残念ながらモーションタイムラプスムービー撮影を考慮した設計にはなっていません。

TOASTを水平状態で三脚に接続するには、筐体根本の傾斜ウエッジ付近に開けられたネジ穴を使うしかありませんが、荷重重心から離れた位置で支えることになるためバランスが悪く、転倒の危険性があります。
ただし、大型三脚とある装置を組み合わせることで、TOASTを水平状態で設置し、モーションタイムラプスムービーの撮影用マウントとして使用できる方法があります。

今回は、その方法をご紹介しましょう!

 

TOAST
傾斜ウエッジを外してTOASTの底面をよく見てみると、三脚雲台固定用のU1/4インチとU3/8インチのネジ穴が空けられているのがわかります。

TOASTを水平状態で設置するには、このネジ穴を利用することになりますが、荷重重心から離れた位置にあるため、荷重に耐えうる大型の三脚が必要となります。今回は、TTスタッフが愛用しているGIZTO(ジッツオ)システマチック三脚を利用しました。

 

TOAST

この三脚は、標準装備のトップフラットプレートが交換可能な構造になっていますので、オプションの「ビデオアダプター」を装着。

 

TOAST

さらに、Manfrotto(マンフロット)の500BALLというハーフボールを組み合わせます。

 

TOAST

これで、システマチック三脚がレベリングベース仕様に変身しました。

次にTOASTのU3/8ネジ穴を使ってハーフボールへ接続します。これでTOASTを載せたまま水平が調整できるようになりました。

 

TOAST

このビデオアダプターとハーフボールとの組み合わせが優れているのは、三脚雲台を使わずに水平レベル調整が可能なのはもちろん、重心が非常に低い状態で運用でき、さらにハーフボールのおかげでTOASTとの接触面積が広くとれる点です。

 

TOAST

次に、TOASTに水準器を載せ、ハーフボールを操作しながらTOASTの水平が正しくなるように調整します。

 

TOAST

あとは、TOASTの雲台取付けステージに自由雲台とカメラを載せれば、撮影システムの完成です。

TOASTには、2段階の追尾速度が搭載されています。

[Normal]は1時間に15度、1/2 Speedは1時間に7.5度の速度で回転させることができます。

星空のモーションタイムラプスムービーでは、どちらの速度も利用できます。
GITZOのシステマチック三脚とビデオアダプター、ハーフボールと追加で用意しなければならない機材が多くなりますが、TOASTを安全に設置するには、これと似たシステムを検討していただければ安心です。

 

そうそう、TTスタッフうっかり基本的なことを忘れていました。

画像では三脚の脚と脚の間にTOASTが伸びている位置関係になっていますが、これは一番やってはいけない例です。

転倒事故を防止する観点からも、三脚の脚の1本がTOASTのフロント方向に向くように調整することが重要です。これによって、荷重重心から離れた位置で固定しても、ある程度安全性が担保できるというわけです。

 

TOASTはTP-2に比べて重いので、水平状態で運用する際には組み合わせる機材選定はもちろん、現場でも十分な安全管理のもと撮影を行って下さいね。

 

以上、本日のQuestionでした!

【ユーザーQuestion】TP-2でカメラを2台載せるのにはどうすればいいですか?(タイムラプス編)

前回ご紹介したデュアルカメラシステムですが、天体の自動追尾撮影の他に、タイムラプスムービー撮影でも活躍するシーンがあります。

今回は、ささっとこの話をしておきましょう。

 

基本システムの組み方は、前回の【ユーザーQuestion】でご紹介したので、それを参考にしてみてください。

さてさて、「パンベース・クランプユニット」とロングプレート、2つの自由雲台の他に、タイムラプスアダプター「Dish-25」と、極軸調整支援用微動架台「Dish-2」を組み合わせると、こんな感じのシステムが出来上がります。

 

デュアルタイムラプスシステム

見たまんまです。

2台同時にタイムラプスムービーの撮影が行えるシステムですね。

でも、これは実にメリットが多いシステムなんですよ、実は。

 

タイムラプスの撮影は、タイマーリモートコントローラーをつないだカメラで、数秒間隔で連続撮影をしていくことで、人間の目では確認できないほどのゆっくりとした動きを、気持ちのよい速度で可視化してくれるもの。

 

タイムラプスムービーは、それこそ撮影自体は簡単ですが、その分、ロケーション選びのセンスや、光の展開を予測するセンスなどが必要な、実に奥の深い表現手段なんですね。

星を入れたタイムラプスの場合、1秒分のムービーを作るのに必要な30カットを撮影するには、(表現方法によって変わりますが)軽く10分以上の撮影時間が必要いなります。

30秒のムービーを作るには、その30倍の時間がかかる計算にいなります。

したがって、一晩に撮れるシーンは、せいぜい1つか2つということも。

途中でミスに気がついても、取り返しがつかない、なかなか大変な撮影なのです。

 

このタイムラプスムービー用のデュアルカメラシステムなら、単純に、一晩で撮影できる作品が2倍になります。

それに同じ時間で、異なる風景・シチュエーションの作品を同時に2つ撮影できてしまうので、これはもう便利、べんり!!

もちろん、懐事情の良い方なら、複数台のTP-2をあちこちにセットして、異なる景色なのはもちろん、付加するカメラワークの速度や方向などのバリエーションを一気に稼ぐことも可能です!!(笑)

プロの方は、実際このようなスタイルで撮影されているかたもたくさんいらっしゃるようですよ。