アーカイブ : 2019年 9月

TP-2に大口径望遠レンズEF200㎜ F2Lを搭載する:Mr.Lee Jaerim

天体写真家のLee Jaerimさんから、TP-2のシステムアップ情報が届きましたのでご紹介しましょう!

Leeさんが新たに導入したのは大口径レンズ「EF200mm F2L」。

200mmながら、定価で85万円もするマニア垂涎のハイスピードレンズです。

2.5kgもあるこのレンズにEOS5D MarkIIIを接続した撮影システムの重さは、優に3kgを超えます。そのままでも自由雲台を介してTP-2に搭載することはできますが、安定した構図作りと追尾の歩留まりのためにバランスウエイトを介したシステムアップを行ったそうです。

Leeさんが運用しているTP-2は、特別仕様のガンメタリックカラー。

一晩で広角から望遠まで様々なレンズで撮影することから、標準仕様のパンベースクランプユニットをそのまま使うのがキモとのこと。

簡易赤緯軸として選んだのは、スカイメモS/T用の微動台座&アリガタプレートIIにスカイメモS用のバランスウエイトとシャフトです。アルカスイス準拠のパンベースクランプユニットには、そのままでは微動台座&アリガタプレートIIが接続できません。
そこでビクセンのプレートホルダーSXの裏側にアルカスイス準拠のクイックリリースプレート(長さ100㎜)をねじ止めすることで、簡易赤緯軸ごとアルカスイス準拠のユニットにまずは変身。
微動台座&アリガタプレートIIはいわゆるビクセン規格なので、そのままプレートホルダーSXに接続できます。
こうして重さ約3.5kgの大口径レンズとカメラを搭載するシステムアップが完了です。
EF200mm F2Lのデビューはこれからとのこと。
ぜひこのシステムで撮影した作品も拝見したいですよね、みなさん!!
そんなわけで、Leeさん宜しくお願い致します!!