タグ : パンベースクランプユニット

新パンベースクランプユニット発売

アルミ削り出しのDOVETAIL STAGEを標準装備した初期タイプのTP-2やTOAST Proをアルカスイス準拠のパンベースクランプに換装できるカスタムオプション「パンベースクランプユニット」の新型タイプがTOAST Online Shopで発売されました。

このカスタムオプションユニットを組み合わせることで、最新のTP-2と同じ仕様にシステムアップすることが可能です。

従来の中型パンベースクランプは直径52mmでしたが、新しいユニットではより堅牢性の高い直径60mmのパンベースクランプが採用されています。

実質的な世界標準規格となっているアルカスイス準拠のカメラ周辺機器をTP-2と自由に組み合わせて使用できるTOASTスタッフおすすめのオプションです。

 

換装のために機材をメーカーに送る必要はありません。必要な工具やパーツが全て同梱されているので、手順を解説した動画を参照しながらユーザー自身で換装作業を行うことができます。

 

専用設計の接続アダプターによってパンベースクランプと筐体の間に最適なクリアランスを確保、快適な操作性を提供します。

 

70mm長のクイックリリースプレートおよびU1/4からU3/8へのネジ径変換アダプターも同梱されています。

接続ネジの先端にネジ径変換アダプターを装着をすれば、お手元のボールヘッド(自由雲台)に直接クイックリリースプレートを装着できます。

 

これだけで自由雲台のスムーズな脱着操作が可能なアルカスイスシステムを構築できます。

 

またロングレールプレート「DPG-210」を組み合わせることで、簡単にデュアルカメラシステム化を実現。別々のアングル、焦点距離のカメラを搭載することで流星撮影時の2連カメラ化や効率的なモーションタイムラプス撮影も可能になります。

世界中のサードパーティから発売されている様々なアルカスイス準拠のパーツ。それを自由な発送で組み合わせることで、独自のシステムアップを楽しんでください。

お求めはTOAST Online Shopまで。

TP-2 Style「X-Y 2軸駆動スタイル」とは?

この夏は、TP-2を使ったタイムラプスムービー撮影が大人気!

スチルのプロカメラマンやムービーカメラマンの方々はもちろん、TVやCM関係でも活用されています。

そんななか、とある放送局のプロデューサーから「Webで紹介されているTP-2のX-Y(2軸駆動)スタイルって、実際にはどんな動きをするんですか?」という問い合わせが。

思わず両手の手のひらを縦横に組み合わせて説明しようとしたものの、ここは手っ取り早くムービーでご紹介した方がと、TOASTスタッフ早速タイムラプスで撮影してみました。

 

 

このサンプルムービーは、X-Yスタイルに組み合わせた2台のTP-2それぞれで「360(360°/h)」のタイムラプス撮影モードに設定した動きを、30倍速で再生したイメージです。

EOS 5D MarkIIIとシネレンズという重量のある撮影機材にもかかわらず、非常になめらかな動きを見せていますね。

パン(水平)とチルト(上下)それぞれで別々の速度設定ができるため、狙ったタイミングで複雑な動きをシミュレートすることも可能です。

このシステムは、水平出しが正確に調整できるDish-2(高精度レベラー)に、Dish-25(タイムラプスアダプター)をつけた2台のTP-2で構成されています。

TP-2は、それぞれパンベースクランプユニットに換装してあるので、アルカスイス準拠の市販品を自由に組み合わせることができます。

よく見ていただくと、縦方向のTP-2には大きめのL-ブラケットが装着され、左右にスライドさせることができるようになっています。

これにより、TP-2とカメラの左右バランスを適切に取ることができます。

さらに、5D MarkIIIには、専用のLブラケットを装着し上下方向の動きをカメラに与えることができるようになっています。

 

また、2台のTP-2の裏側には、先日入荷したばかりの「外部電源バッテリープレート(LP-E6用)」をマジックテープで固定し、TP-2が1回転してもケーブルが引っかからないようにしてあるのもミソ!

電源には、LP-E6互換のリチウム電池を使用しました。

 

これらのオプションパーツは全てTOAST Online Shopで取り扱いしておりますので、チェックしてみてくださいね!

 

以上、今日の小ネタでした!