アーカイブ : 2018年 12月

TP-2でウィルタネン彗星 46P/Wirtanenたタイムラプスで狙う:Ikjune Kimさん

現在、カペラに向かってぎょしゃ座を移動中のウィルタネン彗星(46P/Wirtanen)、皆さんはもうご覧になりましたか?

12月16日に地球と最接近を迎え、明るさも3等台まで増光していると言われていますので、TP-2と望遠レンズの組み合わせで簡単にその存在を撮影することができます。

ところで、韓国のTP-2ユーザーIkjune Kimさんは、このウィルタネン彗星をインターバル撮影して、星空の中を移動する彗星の動きをタイムラプスムービーに仕上げたそうです。早速ご紹介しましょう!

 

[Comet 46P/Wirtanen

– カメラ :Fujifilm X-E1 (Unmodded)
– 望遠鏡 :Takahashi FS60CB with 0.72x Reducer (255 mm F4.2)
– 撮影露出:ISO6400✕ 1 min ✕ 60 subs
– ソフト :Adobe Photosho
– 追尾装置:TP-2

この撮影を行うには、STRAモード(恒星時駆動)にしたTP-2で行います。

恒星を自動追尾することで、移動する彗星の動きをタイムラプスで表現できるというわけです。

Ikjune Kimさん、お見事です!

TP-2「限定カラーバージョン」ライトパープル発売!

TP-2「限定カラーバージョン」発売のお知らせです。

新色は、ズバリ「ライトパープル」!

TP-2の筐体は、金属加工後のバフ研磨、ショットブラストといった下処理の後、メッキ工場で化学研磨処理、カラーアルマイト処理が施され贅沢な表面処理で仕上げられています。

 

アルマイト処理は、アルミ素材との密着性が高く安定した酸化膜が形成されるので、長期間に渡って美しい外観を保つことができ、耐摩耗性にも優れています。

 

ショットブラストによって生まれた 細かい凹凸のある表面にもかかわらず、化学研磨処理を施すことで美しい光沢を放ち、独特なメタリックの風合いを醸し出します。

 

メーカー初となるライトパープルカラーのTP-2。写真よりもさらに上品で、ごく淡い赤紫色やピンク色の輝きを放つ特別色。光の具合で多彩な色調に変化して見えます。

 

TOAST Online Shopでは、TP-2単体のほか、ポーラファインダーユニットのセット、およびタイムラプスアダプターDish-25のセットも販売しています。

特別カラーのTP-2は数量限定の発売で、在庫がなくなり次第終了となりますのでご了承下さい。

新パンベースクランプユニット発売

アルミ削り出しのDOVETAIL STAGEを標準装備した初期タイプのTP-2やTOAST Proをアルカスイス準拠のパンベースクランプに換装できるカスタムオプション「パンベースクランプユニット」の新型タイプがTOAST Online Shopで発売されました。

このカスタムオプションユニットを組み合わせることで、最新のTP-2と同じ仕様にシステムアップすることが可能です。

従来の中型パンベースクランプは直径52mmでしたが、新しいユニットではより堅牢性の高い直径60mmのパンベースクランプが採用されています。

実質的な世界標準規格となっているアルカスイス準拠のカメラ周辺機器をTP-2と自由に組み合わせて使用できるTOASTスタッフおすすめのオプションです。

 

換装のために機材をメーカーに送る必要はありません。必要な工具やパーツが全て同梱されているので、手順を解説した動画を参照しながらユーザー自身で換装作業を行うことができます。

 

専用設計の接続アダプターによってパンベースクランプと筐体の間に最適なクリアランスを確保、快適な操作性を提供します。

 

70mm長のクイックリリースプレートおよびU1/4からU3/8へのネジ径変換アダプターも同梱されています。

接続ネジの先端にネジ径変換アダプターを装着をすれば、お手元のボールヘッド(自由雲台)に直接クイックリリースプレートを装着できます。

 

これだけで自由雲台のスムーズな脱着操作が可能なアルカスイスシステムを構築できます。

 

またロングレールプレート「DPG-210」を組み合わせることで、簡単にデュアルカメラシステム化を実現。別々のアングル、焦点距離のカメラを搭載することで流星撮影時の2連カメラ化や効率的なモーションタイムラプス撮影も可能になります。

世界中のサードパーティから発売されている様々なアルカスイス準拠のパーツ。それを自由な発送で組み合わせることで、独自のシステムアップを楽しんでください。

お求めはTOAST Online Shopまで。