TOASTのコンセプト

TOASTを片手に、今夜もフィールドへ

デジタル一眼レフカメラの登場で
天体写真の撮影スタイルが大きく変化しました。
露出時間の大幅な短縮、撮影直後のモニタリング、
そしてコンピュータによる画像処理工程・・・。

しかし、自然相手の天体写真では
機材をフィールドに運んで撮影するというスタイルが
変わることはありません。

助手席には、いつもTOASTがある。
三脚とカメラさえ持ち出せばいつでも
満天の星空を自分の“作品”にすることができる。

TOAST…それは撮影者を
新たなモバイル撮影のステージへといざなうパートナー。

中型赤道儀に匹敵する大型ウオームホイールを採用し
高精度な追尾性能と優れた携帯性を実現した
待望の新スタイル・ポータブル赤道儀

TOAST、誕生。