TOAST ギャラリー

モバイル赤道儀 HOMEGALLERY沈むぎょしゃ座

沈むぎょしゃ座(TOAST Pro)

撮影データ
Canon EOS Kiss X2
EF 28-70mm f/2.8L USM
絞り値 開放
ISO1600
露出25秒
星景撮影モード
TOAST Pro

★ APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したEOS Kiss X2に焦点距離28mmのレンズを取り付けた場合、固定撮影で星を点像として映すための最大露出時間はおよそ17秒。それより長い露出時間では星が線状に写ってしまう。一方、星と同じ速度で追尾すると地上の景色が流れて写ってしまう。この作例は、星景撮影モードをつかい25秒の露出時間で撮影したもの。通常の半分の速度で追尾することにより、夜空の星と地上の景色を両方共に止まったように写すことが出来るというわけだ。山並みなどの風景はもちろん、こんなふうにセルフタイマーをつかって撮影中の自分自身を星空と一緒に写し込むのも楽しいもの。RAW画像からPhotoshopでレタッチし、夜空とのバランスを整えた。

沈むぎょしゃ座