Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST 2012ケアンズ日食・1
このコーナーは、開発メンバーの知人の知人である「青年K」がモバイル赤道儀のテストを依頼され、その活用方法を探るべく展開した(時に無謀な)試行錯誤を記録したものです。
※ これはあくまで青年Kの個人的な意見・感想ですのでご了承下さい。

K's Report・2012年オーストラリア・ケアンズ皆既日食の旅 Part-1・旅程計画編

【 Prologue 】

 

2009年の中国・武漢の皆既日食から時を経ること2年とちょっと。我々、天文ファンのオリンピックとも言うべき、皆既日食の機会が訪れた。もちろん世界地理的に見れば、皆既日食は毎年どこかしらで起こっている。が、実際に行ける場所と考えると、時間的・距離的にチャンスは少ない。

今回の皆既日食はオーストラリアのケアンズ周辺で見られる。皆既継続時間は約2分間、皆既中の太陽高度は約15度と、観測条件は良くないけど、やっぱりそこは皆既だからねぇ。今夏の金環日食とは、もたらす感動の度合いが桁違いってもんだ。

今回のコラムは、テスト記事と言うより、やや紀行文みたいになるけど、ご容赦くださいませ。

 

【 Are You Ready?】

 

というわけで、今回の日食の準備は6ヶ月前、ゴールデンウィーク後すぐに始めることに。治安が良く、車が左側通行、以前にも訪れたことのあるオーストラリアということで、自前でツアーを組むこととした。

空港からレンタカーを借り、オーストラリアの大地を疾走する。自由度が高い旅行はストレスフリーである。言葉も何とかなるしね。

 

まずは日程の決定。スリリングな皆既日食には、スリリングな日程が良く似合う(笑)…と勝手に思っている。あくまで個人的〜。

各航空会社の往復のフライトスケジュールを確認する。

スリリングな日程につき、直行便限定とする。なので選択肢は多くない。が、逆に決め易い。結果、12日夜出発、14日夜帰着の便に決定。1泊3日の弾丸!現地滞在はたった30時間〜。その中で、夜の星空撮影から、翌朝の皆既日食まで、全てを満喫する!これが今回の目標。宿泊は最悪の天候に備えて現地にホテルは確保するが、晴れれば日程的に実際は使わない(使えない)だろう。となると、実際は0泊3日になるなぁ…。でも、これはこれで充実した時間を過ごせそうだ。

 

同行のメンツを募ったところ、2名が手を挙げた。一人目はワーカホリックのM君。仕事がホントにデキルので、時間を最大限に活用して生きている。こんなときこそは晴れてもらいたいね。もう一人はE・EのS君。「ECLIPSE EATER」である彼は日食以外の目的で海外旅行はしない。しかも写真は撮らない、ある意味硬派なヤツ。そして星バカのオレ。つまり3バカで3日間の行程。愉しい旅になるコト確定!

 

メンツが決まったので、レンタカーの手配。

仮眠に備えたミニバンと小回りの効くセダンの2台を予約。3人で2台。このくらいキャパシティに余裕があると、様々な場面で有効な使い方が出来るはず。

そしてこのレンタカーの手配をはじめ、ビザの取得、当面のオーストラリアドルへの換金などなど…今は自宅PCの前で出来るんだもんねぇ、便利になったもんだ。


Prat2へ続く!