Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST ジンバル6・各種レンズでのテスト撮影
このコーナーは、開発メンバーの知人の知人である「青年K」がモバイル赤道儀のテストを依頼され、その活用方法を探るべく展開した(時に無謀な)試行錯誤を記録したものです。
※ これはあくまで青年Kの個人的な意見・感想ですのでご了承下さい。

K's Report TOAST Pro編27・ジンバルシステム実践編Part-6 各種レンズでのテスト撮影に挑戦

ホントはね、こういうコラムを書く以上、系統的に、計画的に粛々と撮影をこなしていかないといけないのね。でないと、後に何らかのカタチにまとめるのにとても苦労する。これ、今までに勉強シタコト。

あらかじめの言い訳から始まってしまったけど、ここからのレポートでは、いささかの時系列的な前後があるかもしれないけど、そこんとこよろしく。今回はレンズも多かったし、各々の頻繁なタテヨコ構図の切り替えとか、回数が増えると結構煩雑な作業も伴っていたわけよ…。

 

まずはパンケーキレンズ

 

実はこのカラースコパー、小さくて取り回しはとてもいいんだけど、あまりにコンパクトにまとまっているからか、星の撮影には向いてないみたい。向いてない、というのは星像のシャープさとか、周辺減光という点においてね。

もちろん、お手軽に・お気楽に楽しみたいというというなら充分な性能を有してはいると思う。というか、このコンパクトさは魅力的にさえ感じる。

 

実際「ジンバルシステムと組み合わせたらどうか?」だけど、すこぶる快適なことは間違いない。L字ブラケットを介した、縦構図・横構図の切り替えもスムース。
しかしながら「自由雲台を介したときと比べてどうか?」と聞かれると、どっちもどっちだな、と思えるね。カメラを含めた総重量が大きくないので、自由雲台でもさほど苦労無く構図決定できるし、かつTOAST Proへの負担も大きくないように感じる。

このレンズの、この段階でのジンバルシステムの優位性はあまり無いかな。ただ、クイックリリースクランプにも自由雲台はくっつけられるし、ワンタッチでね。クイックリリースクランプの用途は広い。

 

とりあえず作例は撮ったので、掲載する。作例はカラースコパーじゃなくて、パンケーキに準ずるリケノン50oのもの。理由は前に書いたね。こちらの重量はもっと軽い135g!

でもスーパーシャープ!(クリックで拡大します)


次に大口径比広角レンズ

 

このニッコール、星を撮るレンズとしての性能は抜群。APSサイズはもちろん、フルサイズ一眼でも、良好な結果を叩き出す。超広角から広角までの焦点距離を網羅する、スゴいヤツ。
ジンバルシステムへの搭載に関しては、その巨大な風貌ゆえに、事前のシミュレーションでバランスの悪さが気になった。レンズの前後でバランス調整が効かないので、やむを得ないんだけど…。ココ、何とかしてもらいたいねぇ、TOAST TECHNOLOGYさん!シミュレーション通り、強めのハーフクランプで対応できるのか?

実際に載っけてみると…、とその前にL字ブラケットによる縦横構図の切り替えが少々難儀。総重量が大きいので、いくらクイッククランプを以ってしても、滑り込ませるのには慎重さを要する。慎重にやれば何の問題も無いけどね。

 

で、構図決定・取り回しはどうか?

強めのハーフクランプで見事留めることができた。フォークのクランプ機構の出来の良さは特筆もの。ハーフクランピングからハードクランプへの移行も全然問題ない。ハーフクランピングで構図決定し、その位置でハードクランプしても、移動・ブレが無いってことね。

 

自由雲台にて取り回したときのことと比較してみる。

シミュレーション通り、このクラスの重量のレンズを片手でホールドしながら、あっちこっち向いてしまう自由雲台にて構図決定するのは骨が折れる。ときにカメラ+レンズは危険にさらされる。手が滑ってゴツン!とかね。

ジンバルシステムでハーフクランピングしてあれば、少なくともその危険は回避できる。

今回は使わなかったけど、ジンバルシステムには、パン棒も付属している。邪魔にならない範囲で使用すれば、カメラに触れずに操れる訳なので、もっと快適かもしれないね。ちゃんと試すべきだったなぁ。

 

で、こちらも作例を掲載。(クリックで拡大します)

 

ニッコールの他に、レンズの単独回転が出来なくて、フロントヘビーなレンズ。ここではサムヤンの85oF1.4を選択して掲載。安価だけど、造りもまぁまぁ、星像はAPSサイズでは文句無し。国産メーカーも、うかうかしてらんない性能だねぇ。こちらも普通にジンバルシステムに搭載すると、バランスは合わない。焦点距離を考えると、ニッコールより、撮影の厳しさは上かもしれない。
だけど見事、撮れましたねぇ。ジンバルシステムの、バランスの合わない不利な状況下も、ものともしない働きに感激。

 

最後に回転機構の付いた中望遠レンズ

 

シミュレーションのときと同じ、シグマアポマクロ150oF2.8。天文界では、言わずと知れた高性能を有するレンズ。

便利な回転機構が備わっているお陰でとても使い易くなっている。そのお陰で、自由雲台搭載時でもそこそこの取り回しは可能だけど、どっこいジンバルシステム搭載時と比較したら、雲泥の差が生じる。

 

シミュレーションしたときの通り、完全なハンズフリーシステムが実現した。暗夜での作業・構図決定ではこの上ない安心感・信頼感を持って望める。

自由雲台では、このレンズに留まらず、クランプを締めた状態でないと手は離せない、絶対に。でもジンバルなら大丈夫!

また、構図決定の際、2軸独立による追い込み(縦位置を合わせてから、横位置を合わせる、など)がどれほどの恩恵をもたらすか!実践派の人ほど、その重要性は理解できると思う。

2台態勢の、まぁホント忙しい撮影なんだけど、快適な操作性のお陰で撮影はどんどん進めることができる。雰囲気のあるスナップなんてのも、いくつか撮りました。

 

このカテゴリーのレンズでの撮影では、ジンバルシステムに勝るものは無いと思われる。それほど快適。

 

このレンズでの作例も掲載します。(クリックで拡大します)

 

 

Part-7に続きます!