Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST 三脚座付き中望遠レンズ&まとめ編
このコーナーは、開発メンバーの知人の知人である「青年K」がモバイル赤道儀のテストを依頼され、その活用方法を探るべく展開した(時に無謀な)試行錯誤を記録したものです。
※ これはあくまで青年Kの個人的な意見・感想ですのでご了承下さい。

K's Report TOAST Pro編25・ジンバルシステム実践編Part-4 シミュレーション 三脚座付き中望遠レンズ&まとめ編

【三脚座付き中望遠レンズ】

 

さて次は、回転台座の着いた中望遠レンズとして、シグマ2.8/150アポマクロを選ぶ。

レンズ重量900g。カメラボディを含めた重量は1,400〜1,900gといったところ。

重さはニッコールとさほど変わらないが、回転台座のお陰で、カメラに着けた時の重心は全体のほぼ中心に来る。これは期待出来るのではないか?

 

【パーフェクトなバランス感覚】

 

単独回転出来るので、L字ブラケットは不必要。その代わり、アルカスイス規格のプレートを台座に装着してから、フォークアームに接続。

おそるおそる手を離してみると…、

お!留まった!もちろんクランプフリー!前後左右、全然傾かない。全方向、どこへ向けて手を離しても、手を離した位置で留まる。これぞジンバルシステムの真骨頂。

ファインダーの覗き易さは、前の2種類のレンズと変わり映えしないけど、この焦点距離の長さのレンズで、任意の方向でピタッと留まるシステムはスゴイ。構図の決め易さは、きっと想像以上に違いない。自由雲台では、こんなこと、ハッキリ言って不可能なことだからね。

 

【ジンバルフォークでの適正が見えてきた】

 

3種類のレンズでシミュレーションした結果を簡単にまとめてみよう。

 

  1. クランプフリーが実現するのはカメラとレンズの総重量に依存する。
  2. その重量は概ね、1500g前後。
  3. その近辺の重量では、軽くクランプを締める、ハーフクランプで対応可能。
  4. また、カメラとレンズの重心を見極めることが重要。なるべくバランス中心にて、フォークアームに取り付けること。
  5. 覗き易さは、自由雲台に比べると格段に良いが、それでも覗き難い天空の位置が存在する。

 

こんなところか。

以前のボーグの時の試写では、上の要項、全てがクリアになってたことがわかるね。どうりで、うまく撮影がはかどったわけだ。

 

以上で、シミュレーションは終わり。

シミュレーションはあくまでシミュレーションだから、現場ではどうか?TOAST Proに机上の空論は似合わない。実際に使えてナンボの機材だもんね。

さ、夜空が待っている。いざ、星降る山へ。

 

Part-5に続きます!