Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST ジンバル2・パンケーキレンズ編
このコーナーは、開発メンバーの知人の知人である「青年K」がモバイル赤道儀のテストを依頼され、その活用方法を探るべく展開した(時に無謀な)試行錯誤を記録したものです。
※ これはあくまで青年Kの個人的な意見・感想ですのでご了承下さい。

K's Report TOAST Pro編22・ジンバルシステム実践編Part-2 シミュレーション パンケーキ・レンズ編

さて、シミュレーション。

事前に、知っておくことは数点。バランスはどうか?どの方向へも向けることができるか?どういう風に使用するのが最適なのか?ジンバルのメリットはどこら辺にあるのか?

撮影地に行く前に、部屋でシミュレーションね。これが結構楽しい。

 

【超広角パンケーキレンズ】

 

手始めは、Voightlander(フォクトレンダー)のColor Skopar 20mm f/3.5。
わずか200g程度の、いわゆるパンケーキレンズ。 このレンズ装着の際は、タテヨコの切り替えが単独で出来ないので、市販のL字ブラケットを使用する。
聞いた話によると将来的に、タイマーコントローラー端子や電池蓋に干渉しない、専用のL字ブラケットを用意するそうだが、今回は市販のものね。

これを介し、ワンタッチにてあっという間にフォークアームに装着。この「ワンタッチ」という動作はとても重要で、実戦においても、例えば暗闇での構図変更とか、不意の天候急変の際の撤収作業に大いに役立つ。

 

で、まずはバランスを確認。ここでは便宜上、フォークアームをデフォルト位置(TOAST Proを北側から見て、ノブ2つが左、つまり東側となる位置関係)にして「左右」「上下」という言い方をさせてもらおうかな。適切な表現ではないかもしれないけど、わかり易いようにね。

カメラ重量はレンズを含めて700〜1,200gくらいかな?エントリーモデルからハイエンドモデルまでのカメラボディを考えるとね。パンケーキで無い、他のレンズでも、24〜50oクラスのレンズはこの範疇に入るね。

 

まず左右のバランスをみてみる。

この重量だとカメラ側が若干軽く、クランプを完全にフリーとすると、ちょこっと左に向いてしまう。しかし少しクランプを効かせてやるよう(いわゆるハーフクランプ)にすると、ピタッと任意の方向へ向けることが出来るようになった。もちろん懸案だった北天もね。

上下方向は、ややレンズ側に傾くが、極端なモノじゃあないね。こちらもハーフクランプにて充分対処出来てしまう。
ただファインダーを覗くとなると、全天どの方向でも快適というワケでもない。特に北天方向でね。一方、東南〜南〜西南方向のいわゆる、もっとも撮影のし甲斐があり、撮影機会の多い範囲の方向では、とても覗き易い。

ファインダーの覗き易さというものは、極軸からの距離に関係する。極軸から離れれば離れた位置にファインダーがあれば、それは覗き易いものとなる。
でもね、カメラが極軸から離れると、今度はモーメントの問題が絡んでくる。ブレであるとか、強度の問題ね。強度や精度を落とさずに、使い易さをも追求した答えが、このジンバルシステムということなんだろうね。

 

というわけで、極軸からの距離が小さい自由雲台と比べると、覗き易さの範囲ははるかに拡大しているのは間違いない。

 

Part-3に続きます!