Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST 500mm望遠レンズはどうだ!?
このコーナーは、開発メンバーの知人の知人である「青年K」がモバイル赤道儀のテストを依頼され、その活用方法を探るべく展開した(時に無謀な)試行錯誤を記録したものです。
※ これはあくまで青年Kの個人的な意見・感想ですのでご了承下さい。

K's Report 限界に挑戦 その1 「500mm望遠レンズはどうだ!?」

100mm、200mmとまぁまぁの結果が得られたようなので、お次にやるコトはといえば…そう限界に挑戦だ。本来は300mm前後のモノでもう一回試写したいとろだったけど、手元にレンズが無いものはしょうがない。ここら辺の焦点距離のモノを知りたいと思うヒトは大勢いると思うんだけどねぇ。

 

当初の試写依頼から、無理を承知で限界に挑戦せよということで、タムロンの500mmのミラー望遠(レフレックスレンズ)を借り受けていたので、それを実行に移すことにしたわけ。

 

画像:タムロン500mmこのタムロン500mmは、レンズ構成(収差補正形態)が望遠鏡に近くて、天体写真撮影においてもかなり期待できる。それになんといってもコンパクト!感覚的には、先の200mmよりモバイルには適しているんじゃなかろうか? もちろん500mm(35mm判800mm相当)という焦点距離なので、ある程度以上の精度を保有する赤道儀でなければアカンだろうね。

 

TOASTは単体でピリオディックモーション量±5秒、300mmまでの追尾は可能(天文年鑑「天体写真のデータ」に準拠)。また、ウオームホイールの歯数が240歯ということなので、ピリオディックモーション周期は6分。ピリオディックモーションカーブが理想的なサインカーブを描いているとすると、露出時間3分ならうまくすると2枚に一枚は600mmでの撮影が可能ということになる。この必要露出時間、ウオームホイール歯数、ピリオディックモーション量の相関関係を把握しておくと効率的でクレバーな撮影を行なえるね。

 

画像:100mm用三脚セットに乗せたタムロン500mmその昔、五藤光学から発売されていたポタ赤に「スカイグラフ」というのがあった。確か歯数が72枚、ゆえに周期は20分、ピリオディックモーション量が±10〜15秒ほどと謳っていた。

ここから導き出されることは、露出時間を3分とするならば、その露出時間の間のピリオディックモーション量は±3〜5秒ほどで、充分300mmを追えることになる。なるほど評価の高い赤道儀だったわけだ。

もちろん歯数が少ないということはウオームホイールの直径が小さいことを意味し、構成部品の精度、組み立て精度の高さが要求されたはずだね。当時としては高額の定価が付けられていたのもうなずける。

 

さて、ノーガキもこれくらいにして、次回はいよいよ実際の撮影&撮影結果へといきましょうか。