タグ : TP-2

2017年8月21日の米国皆既日食 TP-2 使用報告:喜田研一さん

今日発売の天文ガイドの表紙、すごかったですね~。

動画撮影からの画像処理であそこまでのディテールが表現できるとは驚きのひと言です。

皆既日食において動画撮影の鍵を握るのは専用の特殊フィルターの存在です。

月刊天文ガイドのこの作例も市販のフィルターを上手く組み込み、簡易的なニューカーフィルターとして利用したとのこと。

今後このような動画の撮影方法が脚光を浴びていくのは間違いないでしょう!

さて、TP-2ユーザーの喜田研一さんからオレゴン州で撮影した皆既日食の作品をお送りいただきましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 喜田さんのコメント **********

2017年8月21日の米国皆既日食の撮影のため、オレゴン州
オールバニに行ってきました。

太陽追尾用にTOAST
TP-2を持っていきましたが、最も気になったのが昼間の極軸合わせです。

北極星による極軸合わせはキャンプ場のようなところでは可能ですが、今回は海外、しかもホテルに宿泊したため、北極星による極軸合わせは断念しました。 事前にTOAST サポートの方にメールで問合わせ、傾斜計とコンパスを使う方法を教えていただき、それを試してみました。

1.傾斜計とコンパスを使う極軸合わせ

太陽撮影でフレーム内を極端に太陽が早く移動しなければと使えるかもしれないという考えです。 適当な極軸合わせになるので、果たして使い物になるのか、撮影予定地において、前日、テストしてみました。

真北を表示できるコンパスとGPSによる現地位置情報取得、小数点以下一位を表示できるデジタル傾斜計のスマホアプリ(IOS)を使用しました。

コンパスで真北と、傾斜計で緯度44.5度が表示されるよう赤道儀をセットして太陽を追尾してみました。結果は、上々で数時間太陽はフレームセンターを維持できることが確認できました。日食撮影においては、このような極軸合わせでも使い物になりそうです。

21日の本番においても、ほとんど太陽をフレームセンターに維持したまま撮影を完了することが出来ました。

2.使用したスマホアプリ

・真北を表示できるスマホアプリ 「IOSアプリのコンパス」

 

・デジタル傾斜計スマホアプリ 「Clinometer」

 

・経度、緯度などの位置情報取得のアプリ
「Mapmemo」 (IOSアプリのコンパスでも位置情報は表示されますが、都市単位のようです。その地点の位置情報を表示できるものにしました。)

なお、日本で使用しているスマホをアメリカで使っても(ローミングなどの高額料金問題ないように、前日にT-mobileでプリペイドSIMカードを購入、セットしておきました。

 

3.撮影結果の写真

 

********** TOASTスタッフ **********

喜田さん、ご投稿ありがとうございます。

皆既日食撮影成功おめでとうございます!

事前に昼間の極軸合わせの方法についてご質問をいただいていたので、回答を担当したTOASTスタッフが結果をとても気にしておりました。

喜田さんの作品を見て、そのTOASTスタッフがとなりで小さくガッツポーズしてます(笑)!

喜田さんには、昼間の極軸合わせの方法として今回採用された簡易的なものと、太陽の動きを観察しながら極軸のズレを補正していく方法をご紹介したのですが、第1接触から第4接触まで全ての工程を連続して捉えようとすると、正確な極軸合わせは必須ですが、日食のハイライト部分をスチルやムービーで撮影するだけなら簡易的な方法でも十分実用になります。

ある放送局のクルーは、ビクセンのアトラクスを3000mの山頂に荷揚げしてシネカメラと超望遠ズームレンズの組み合わせで長焦点距離による動画撮影をされているのを見ましたが、極軸合わせは喜田さんと同じ方法(しかも恒星時追尾)でした。それでも2分オーバーのスペクタクルを見事な動画映像として捉えていましたので、極軸合わせにあまりシビアになるよりは、細かな撮影の段取りを正確に淡々と行っていく方が結果的に成功率は高くなるのかもしれませんね。

喜田さんからは、撮影した複数の画像をコンポジットしてひと目で展開がわかる作品もお送りいただきましたが、こうした作品は現場での自分の感動を思い起こさせるものとして、とてもいいですよね~

喜田さん、今度は夜の撮影でも素敵な作品にチャレンジしてみてくださいね!

天体改造モデルと短時間露光&スタック処理

GW皆さんはどんなふうに過ごされましたか?

5月6日からの数日間、神奈川県の由比ヶ浜周辺に大規模な赤潮が発生したニュースを見て現場に急行した天文ファンも多いようです。
赤潮が発生した夜は「夜光虫」による生物発光現象が見られるからです。

波頭が深いブルーに輝く光景は昼間の赤潮のイメージからは想像できないほど神秘的。

夜光虫自体は特に珍しいものではないので、お近くの海岸や港などでも目にすることがあるかと思いますが、今回は鎌倉の由比ヶ浜という観光地でかつ大規模な発生だったため、TVのキー局ではニュースとして取り上げられたというわけです。

また、ちょうど後半夜には月も沈み、南の空にそびえ立つ夏の天の川と青く輝く海を同時にとらえることができるベストタイミングだったこともあり、天文ファンにとってもGW中のうれしいハプニングでした。

さて、SONY α7Sの天体改造モデルと短時間露光&スタック処理で見事な作品づくりをされているTP-2ユーザーの平野さんから新作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

平野と申します。
4月末に撮影に行ってきましたので作例を投稿いたします。

 

[アンタレス付近]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ(360mm F4)
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 131枚
後処理:ステライメージ7でスタック
追 尾:TP-2
撮影日:2017年4月29日未明
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[干潟星雲M8・三裂星雲’M20・NGC6559]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ(360mm F4)
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 104枚
後処理:ステライメージ7でスタック (540mm相当にトリミング)
追 尾:TP-2
撮影日:2017年4月29日未明
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[撮影中の様子]

カメラ:α6300
レンズ:Samyang 12mmF2.0 NCS CS 絞り開放
露 出:20秒
感 度: ISO4000
「機材をライトで照らしているのですが、明かりの強さと照射時間の調整が意外と難しいです。暗がりの中でTP-2 を被写体とするタイムラプス撮影はかなりハードルが高いかもしれません」

 

日付が変わるころにはさそり座がターゲットに入ってくる時期になりました。
ということで今回はさそり座のアンタレス付近を1枚、干潟星雲M8・三裂星雲’M20・NGC6559を1枚です。
α7sでの超高感度短時間露出のスタイルを確立したのが昨年末ごろからだったこともあり、
人気の高いこれらの領域の撮影は楽しみにしていました。
特にアンタレスは撮影条件に恵まれる期間がとても短いので、4月末連休前半の新月期に天気が良かったのは幸いでした。
両方とも明るい対象で1時間ほどの露出時間を確保することができたので、そこそこ低ノイズに仕上げることができたと思います。

アンタレスは360mmだと少し狭い感じがしますね。一方M8M20はトリミングしても足りない感じです。
別の焦点距離で試してみたいところですが、しばらくは今の組み合わせでいろいろな対象を狙う方向で活動していきたいと思います。

このシステムはもともと、α7sのバルブ撮影が使えないというところがスタートになっています。
α7sはバルブ撮影をすると微光星が消える現象が確認されています。
これを回避するためシャッタースピードは30秒が上限になります。
この条件で必要な露出を稼ぐためにF4程度の明るい光学系+高感度撮という今の組み合わせが決まりました。
追尾時間が短くなったことにより、結果的に赤道儀が小型のものでOKということになりました。
TP-2とα7sは私にとってベストなコンビネーションだったようです。

ちなみに1200万画素の画像を100枚ステライメージ7で処理するとメモリを18ギガほど使用します。
アンタレスはメモリ不足を懸念して65枚ずつに分割して2段階で処理しました。
メモリと処理時間を大量に必要とするのがこのシステムの課題です。

 

 

**********  TOASTスタッフ **********

メキメキとスキルアップする平野さん、試行錯誤しながら作品づくりを楽しんでいらっしゃる様子が目に浮かぶようです。

機材にはアドバンテージとウィークポイントが共存します。画質や歩留まりを優先すると巨大で重く高額なシステムに行き着きますし、コンパクトなシステムでは可搬性に優れている一方で使い勝手や歩留まりが犠牲になることも。

その点で、平野さんはセンスあるバランス感覚をもっていらっしゃいますよね。割り切るところはズバッと判断しながら、勝負の舞台をトータルバランスで勝負されているようにお見受けします。

カメラの制約で短時間露光を選ばざるをえないという条件からスタートし、それを補うために明るい光学系の採用に加えISOを25600までアップ。しかしそれだけでは超高感度&長秒露光によるノイズ問題が立ちふさがります。

そこで100枚を超える同ポジ静止画を撮影し、ステラナビゲーターでスタック処理することでその問題を解決するというアプローチで挑むわけですね。

このスタイルは平野さんもおっしゃっている通り、コンパクトな赤道儀ではトップヘビーも相まってどうしても歩留まりが低くなりがちな長焦点の光学系も活かせますし、さらに短い露光時間はある程度光害が残る空でも十分楽しめる作品づくりを可能にしてくれます。

またシンプルなシステムは、現場に到着してから撮影をはじめるまでの時間も短く済み、億劫になりがちな遠征撮影へのモチベーションも保ってくれるものです。

ところで平野さんも悩んでいらっしゃる後処理の問題ですが、話題のAMD新型CPU「Ryzen 7」はどんなもんなんでしょうね。IntelのCPUに比べて圧倒的なコストパフォーマンスと高速処理を可能にすると注目されています。

TOASTスタッフも新しいマシンを「Ryzen 」で組んでみようかと思案中です。ただ、昨年からメモリの価格が驚くほど値上がりしている状況もあってまだ様子見の段階ですが・・・。あとはRyzen へのソフトウエアの対応状況も気になる今日このごろです。

平野さん、アンタレス付近の暗部のディテール処理、お見事です!

天体撮影専用D810AでTP-2デビュー!:長船さん

 

沖縄ははやくも梅雨明けしたものの、まだほとんどの地域では厚い雲と雨模様に見舞われているこの時期は、星の写真を狙う僕らにとって辛抱の毎日です。

さて、ニコン初の天体撮影専用超高精細デジタル一眼レフカメラ「D810A」は、天文ファンがいま最もほしいカメラのひとつとなっています。かつてキヤノンからも20Daや60Daなど天体専用機が発売されましたがいずれもAPS-Cサイズのセンサーでした。

あこがれのフルサイズ機「D810A」を携えてTP-2デビューを果たした長船さんからデビュー作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 長船さんのコメント **********

はじめまして、長船ともうします。

購入の際には、色々相談にのっていただきありがとうございました。

購入後はなかなか天気に恵まれず、使う機会がありませんでしたが、先日ようやくデビューすることができました。

 

HDRによる夏の天の川

場所は千葉県の東浪見海岸です。

光害はそれなりにありますが、1枚20秒(露出)✕40枚でコンポジットしてみました。

50mmレンズでの撮影でトータル13分の露光となりましたが見事に追尾しており、次回はもっと暗い場所で倍の露光をかけてみたいです。

 

 

神洗神社の鳥居と夏の天の川

2枚目は定番のポイントでの撮影です。

 

天体写真はど素人の私ですが、TP-2の追尾性能には感動しました。

色々悩みましたがTP-2にして良かったです。

使用カメラはニコンD810Aです。さすがに赤がしっかり写りますね。

これからもどんどん使っていきたいです。

 

***** TOASTスタッフ *****

長船さん、星空デビューおめでとうございます!

デビュー作とは思えないしっかりとした構図と後処理は見事です。

いきなり40枚のコンポジットとは恐れ入りました!

今度はぜひ1分以上の露出でコンポジットにチャレンジしてみてください。

はくちょう座のあたりなら3分露出5枚程度でも、びっくりするような天の川と出会えますよ!

また、コンポジット前提の自動追尾撮影であれば、レンズの絞りを開放から最低でも2段(2絞り)絞って撮影してみてください。周辺減光(画像の四隅が暗く映る現象)がぐっと改善されます。

また開放で撮影すると、コマ収差と呼ばれる現象で四隅の星が潰れた三角形のような形に写りますが、絞りを2段以上いれることでコマ収差が随分改善されてきます。

絞って暗くなった分は、自動追尾による長秒露光で補えばOKです!

 

長船さんのカメラ「D810A」、残念ながらTOASTスタッフはまだ誰も手にしていませんが(別のスタッフが喉から手が出るほどほしい!と日頃から叫んでいますが・・・)、望遠鏡を使った星雲星団のクローズアップだけでなく、広角レンズによる天の川の撮影でも劇的な効果があります。

先日ニュージーランドでD810Aを使いましたが(・・・知人からの借り物です)、後処理をきちんとやると驚きの光景がモニターに浮かび上がって来ました!

望遠鏡ショップなどでは、市販のデジタル一眼カメラを天体用に改造してくれるサービスがありますが、特に星景撮影などで月を画面のなかにフレーミングすると光源の周りに独特の格子状をしたゴーストが盛大に現れてしまいます。

この時ばかりは、天体写真専用機種の強みを実感させられますね。

 

神洗神社の鳥居と夏の天の川も素敵です!!!

車のヘッドライトがなかなかいいアクセントになっていますよね。

今度はぜひ「赤を出しながらできるだけ赤を押さえる」テクニックにも挑戦してみてください。作品の印象がガラッと変わってきますよ。

 

あー、それにしても夜は雲ばかりでいやになっちゃうなぁ。関東の梅雨明けはまだまだ先の話です。

思わずうっとり・・・星空の360度パノラマ:佐藤信敏さん

小型のウエアラブルカメラを複数台組み合わせたMotion VRやRICOHのTHETAを使ったVRなど、いま再び360度のVRコンテンツが注目されています。

TP-2を使って様々な作品づくりを楽しんでいらっしゃる佐藤信敏さんから、今度はなかなか衝撃的な作品が送られてきましたのでご紹介しましょう!

 

********** 佐藤信敏さんのコメント **********

先日は投稿の採用ありがとうございます。

今回は少し変わった使い道をご紹介します。
星空の360度のパノラマです。

映像の見方はグーグルマップのストリートビューと同じです。画面をドラッグすると絵がぐるぐると動き天地左右360度の映像を見ることが出来ます。WEB上での作品なので残念な事にULRでのリンクでしか見ることが出来ません。

実際の撮影はTP-2の上にパノラマ専用の雲台をのせて全天を8枚の写真に分割撮影をして、後作業でそれを合成してパノラマを作るという作業になります。

星空を撮るときは、おのおの2〜5分の露出をかけますので地上はぶれてしまいます。ですから赤道儀のスイッチを切って地上だけ別撮影をするという新星景の手法を使い作品を作り上げます。

機材はNikonD810AにSamyang12mm FisheyeとBushmanPanorama GOBIマウントという比較的ヘビーなセットを使っています。
長時間にわたりカメラを何度も動かして何枚もの撮影をする関係上しっかりとした赤道儀でないとカメラ位置が変わってしまい、後の合成作業でズレが出てしまい都合がよくありません。
かといって大きな赤道儀だと赤道儀自他も写ってしまいカメラアングルの制限が出来てしまうので、これも都合がよくありません。その点TP-2はコンパクトで剛性も優れ精度も高いので、このような無理な撮影でも完璧に仕事をこなしてくれます。

 

今回紹介するパノラマは伊豆半島の突端の爪木崎灯台からの星空と房総半島の御宿の海岸からの星空です。
1億4千万画素で作っていますのでモニターのフルスクリーンでご覧になると臨場感が増すと思います。
どちらも、とても足場が悪いところでの撮影でしたのでコンパクト・軽量で素早くセッティング出来る機材はとても有利でした。

御宿のパノラマは波の音をBGMに使っているのでその場で星見をしている臨場感も味わえると思います。

 

TP-2による爪木崎灯台360度パノラマ
 TP-2による爪木崎灯台360度VRパノラマ

カメラ:Nikon D810A
レンズ:Samyang 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYE
パノラマ雲台:BushmanPanorama  GOBI
追尾架台:TOAST TECHNOLOGY  TP-2

 

TP-2による御宿海岸360度パノラマ

TP-2による御宿海岸360度VRパノラマ

カメラ:Nikon D810A
レンズ:Samyang 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYE
パノラマ雲台:BushmanPanorama  GOBI
追尾架台:TOAST TECHNOLOGY  TP-2

 

***** TOASTスタッフ *****

小さな サムネイルを見たただけでも強烈な印象を受ける2つの作品。まずは何も言わずクリックしてみてください。驚きの世界がモニターに現れます。暗くした部屋のなかで、しばし時を忘れて御覧ください!

ディフュージョンフィルターを使った星空の美しさはもちろん、絶妙なバランスで浮かび上がらせた見事な地上のディテールからは、まさに佐藤さんのセンスの高さをうかがい知ることができます。

星が極端に小さくシャープに見えるのはモザイク合成処理による1億4千万画素という超多画素処理によるものですが、フルサイズ機対応のSamyan 12mm Fish-Eyeは、なかなか良い仕事をしてくれていますね。

 

ところで、佐藤さんが使ったパノラマ雲台はコンパクトな設計と使い勝手の良さが評判のチェコのメーカー。TOASTスタッフの知人カメラマンたちも数多く使っているパノラママウンです。遠征先のフィールド撮影では、どんな機材でもコンパクトで剛性の高いものが望まれます。そうした設計思想の機材たちは、ユーザーをどんどんフィールドに導いてくれるようです。

 

ところで「新星景」という言葉、去年あたりからよく耳にするようになってきました。

同じ画角で固定撮影と追尾撮影を行い、それぞれをマスク処理してひとつの画面に合成するという手法で、アメリカなどでは以前から積極的に取り入れられています。
完全なる合成画像作品なので特に国内では賛否両論があるようですが、サイエンスかアートかの主観の違いとも言えそうです。
合成処理であることをきちんと明記すれば、それはアート作品のひとつとして大いに受け入れられるものとTOASTスタッフは思うのでした。

ただし、この「新星景」、非常につくり手にセンスが問われる手法でもあります。いわば作者の脳内で合成された現実にはありえない世界を具現化するわけですから違和感があっても当然なのかもしれませんが、「合成処理作品」と銘打ってやるなら、ありえない世界をとことんリアルに追求してみたいものです。不自然な世界のなかに、いかに自然を作りだせるかが勝負とでもいえるでしょうか?

その点、佐藤さんは見事なバランス感覚とセンスをもっていらっしゃる作家さんですね。

現時点では無敵と言われる(?)IRカットフィルターを外した天体専用カメラのD810A。赤をしっかり出しながら自然なカラーバランスに仕上げるには、技術というよりもこれもまたセンスが必要なんですよ。

あー、それにしてもこの作品、ため息しか出てきませんね~。美しすぎるぅ!!!!

今夜は夢を見そうです・・・。

デジキャパ! 2015年2月号

カメラ雑誌やWebなど様々な媒体で発表されるレビュー記事が人気のフォトテクニカルライター伊達淳一さん。

先週発売の「デジキャパ!2月号」では、伊達さんの連載コーナー「伊達淳一のDな買い物」でTP-2を紹介頂いています。

デジキャパ

実は伊達さん、TP-2の前モデル「TOAST Pro」のユーザーでもあり、特にアルカスイス規格の様々な周辺機器を駆使した独自のシステムで、都内の夜空で天体自動追尾撮影をされているそう。

そんな伊達さんがタイムラプス撮影用として、今回TP-2の限定カラー「ガンメタリックモデル」を導入され、早速フィールドで試されされたようですよ。

詳細はぜひ「デジキャパ!2月号」の「伊達淳一のDな買い物」で!