タグ : OM-D EM-5

中望遠レンズによる夏の夜空のフォトジェニック:飯島 裕 様

天体写真家の飯島裕さんから、「OLYMPUS OM-D E-M5」と中望遠レンズを組み合わせた作品をお送りいただきましたので、早速ご紹介しましょう。

———-**********———-

【飯島さんのコメント】

小さなカメラとレンズでこんなに写ってしまうんですから、フィルム時代を考えると信じられない機材の進歩ですねぇ。赤道儀が必要とはいえ、すごいことです。

このレンズは安価なのに明るくていい像を見せてくれます。周辺星像の歪み方は少ないですが、ピント位置のわずかな差で収差の出方が変わるようですよ。どのようなレンズでも言えることですけれども。

 

天の川の横で輝くわし座の1等星アルタイル、七夕の彦星です。
アラビアで両脇の2星とあわせて「飛ぶ鷲」と呼ばれていたのがその名の起源だとか。
すぐそばの暗黒星雲が面白い形をしています。

OLYMPUS OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
F2、90秒、ISO-1600
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 

はくちょう座胴体部付近を中望遠でクローズアップしました。
大きな暗黒星雲や赤い散光星雲が見えます。

OLYMPUS OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
F2、120秒、ISO-1600
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 

はくちょう座の北アメリカ星雲です。

OLYMPUS OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
F2、120秒、ISO-1600
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 

【飯島さんのコメント】

今回ご紹介させていただいた星雲・天の川画像がきれいに写ったのは、標高の高いところ(約2000m)での撮影で、とにかく空が暗かったことが最大の要因です。

空の暗い所でたっぷり露出することが、フィルム時代から変わらない星空をきれいに写す条件です。

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

飯島さん、OLYMPUS OM-D E-M5でコレほどの作品が得られるとは、恥ずかしながら今日の今日まで存じ上げておりませんでした。完全に勉強不足です。

それにしても素晴らしい!

OLYMPUS OM-D E-M5は、マイクロフォーサーズと呼ばれる規格のセンサーを搭載した「レンズ交換式デジタルカメラ」、いわゆる「ミラーレスカメラ」です。

マイクロフォーサーズ機では、専用のレンズを装着すると、35mm版フルサイズセンサー換算で2倍の望遠効果になります。計算しやすくていいですよね。

さて、今回は、OLYMPUS OM-D E-M5に45mmと75mmのレンズを組み合わせて、夏を代表する散光星雲や天の川をとらえた作品です。

45mmレンズは35mm版換算で90mm相当、75mmレンズは150mm相当ですから、いわゆる中望遠レンズの領域になります。

でも、みんさん、ちょっとびっくりじゃないですか?

広角や望遠に比べて、活躍の場面が少ない(僕だけか?!)中望遠レンズで、コレほど華やかで美しい天体写真が撮影できるんですよ。
これはチャレンジしない手はありません!

飯島さんは、画像処理のテクニックも相当の腕前ですから、同じカメラ設定でシャッターを切ったからといって同じ作品になるわけではなないですが、それでも、中望遠レンズが天体写真において、非常に有効なレンズだということをあらためて実感させて頂きました。

「写真は、センス」。

飯島さんの作品を拝見するたびに、この言葉が身にしみます。

飯島さん、今回も素晴らしい作品をご投稿いただき、ありがとうございました。

追尾撮影によるコンポジット処理の作例:飯島 裕 様

天体写真家の飯島裕さんから、去る2012年8月12-13日に撮影されたペルセウス座流星群の作品をお送りいただきましたので、早速ご紹介しましょう。

———-**********———-

【飯島さんのコメント】

今回のペルセ群の時は、どこも天気が悪そうで、どこで撮影するか悩みましたね〜
結局南アルプスの入笠山近くで撮影しましたが、標高の高いところに行ったのが正解でした。
とはいえ、たえず下から押し寄せて来る雲には悩まされましたよ。

この写真は月が昇る前から星野に構図を合わせ、赤道儀で2時間くらい連続撮影したコマから流星の写ったものを合成しています。どのコマにも雲が写っていて、1コマに合成するのは少々大変でした。

月に照らされた雲が不自然にならないような階調に仕上げてみました。

 

「2012年8月12-13日のペルセウス座流星群です。
30秒露出の8コマを合成しました。」

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

いやぁ~、このヘブンな雰囲気は何でしょう!
こんなペルセウス座流星群の作品には、お目にかかったこともございません。

ため息が出るほど、美しい・・・。

飯島さんのセンスが見事に1枚に凝縮された素晴らしい作品です。

みなさん、しばし部屋の電気を消して、ご堪能くださいませ。

 

・・・どうです?ため息しか出ないでしょう?

 

天体写真家の飯島さん、いつものジプシースタイルで、この日も数百キロの距離を愛車で大移動しての撮影です。

当日の朝まで、GANREFのワークショップで長野県の木曽で仕事をしていた飯島さんですが、その晩のペルセウス座流星群の極大をどこで撮影するのか決めかねていたそうです。

一旦、東京の事務所に戻ってから体制を整えつつネットの天気予報で情報収集、再び中央道を北上して入笠山まで遠征されたとのこと。さすがプロの仕事っぷりは違いますね!

さて、この夜の飯島さんは、12mm F2.0レンズを付けた愛機「OLYMPUS OM-D E-M5」を、モバイル赤道儀TOAST Proに搭載して追尾撮影を開始。
あとは、カメラが自動的に30秒毎の露出を繰り返してくれるという、撮影スタイルです。

その間は、しばしコーヒータイムでも(笑)。

 

銀塩カメラの時には、フィルムが最大でも36カットしか撮影できませんでしたから、高感度フィルムを一晩に何本も交換をしなくてはなりませんでした。レリーズでシャッターを切るのももちろん手動です。
高感度のフィルムを使った場合でも、肉眼で見て、よほど明るく、かつゆっくりとした流星しか写りませんでしたから、それこそ何台もカメラを用意し夜空のあちこちに向けて、明るい流星が横切る確率を高めるくらいしか対策がありませんでした。流星は夜空のどこにいつ流れてくれるかわからないからです。

デジタル一眼レフカメラになってから流星の撮影スタイルは大きくかわりました。
フィルムに比べてセンサー感度が高くなった分、それほど明るい流星でなくても写ってくれますし、大容量のフラッシュメモリカードなら一晩に千カット以上の撮影も可能です。

そしてTOAST Proをつかえば、星を何時間ものあいだ自動で追いかけてくれます。
さらにタイマーリモートコントローラーを併用することで、TOAST Proに乗せたカメラは、同じエリアの星空をひたすら連続撮影し続けます。

すると、同じ画角(星空)を連続撮影した数百枚ものカットが得られますよね。

例えば、1枚目と900枚目を比べてみても、星の位置は全く同じです。その中から流星が映っているカットを複数選び出し、Photoshopなどの画像処理ソフトを使ってコンポジット(合成)処理をすれば、背景は変わらず、画面のあちこちに流星が流れる光景を、1枚の作品としてつくり上げることが可能です。

コンポジット処理(合成)をしたとしても、画像に写った流星の光跡は、実際に夜空を流れた位置になりますから、流星群か散在流星かの判定にも使えますね。

 

どうです?モバイル赤道儀とデジタルカメラを組み合わせると、こんなふうに肉眼では決して見ることができない風景を作品に変えることができるんです。

来る12月13日の午前2時ごろ、「ふたご座流星群」が極大を迎えます。

みなさんもぜひ、モバイル赤道儀TOAST Proを使って、流星群のコンポジット作品にチャレンジしてみてはいかがですか?

飯島さん、「ふたご座流星群」の作品もTOASTスタッフ一同、楽しみにしておりますよ!

TOAST ProとBORGによる金星食:飯島 裕 様

天体写真家の飯島裕さんから、去る2012年8月14日未明に撮影された金星食の作品をお送りいただきましたので、早速ご紹介しましょう。

———-*****———-

【飯島さんより】

天体望遠鏡は解像力(望遠鏡では分解能と言います)が最も重要ですから、それ以外のあらゆることを犠牲にしていてカメラレンズに比べると使いにくい(MFオンリーだったり鏡筒が長大だったりして)のですが、その解像力を求めて野鳥を撮る人たちが使うようになりました。

光学系は対物レンズだけというシンプルさで、像のヌケ(つまりコントラスト)もいいんですよ。

だけど、画面中央しか観察しないのが望遠鏡なので像の平坦性が悪く、写真に利用すると画面周辺がボケてしまったりします。
それを改善するのが「フラットナー」という補正レンズで、このときも使用しています。

 

2012年8月14日未明の金星食。
東の空に昇ったばかりの金星と月です。

 

金星が月の背後から現れたところです。
薄雲越しの撮影になりました。

 

地球照をはっきり出してみました。金星が月からだいぶ離れてきました。
すでに空が白んできている時刻です。

 

金星食直後の月と金星が朝焼けに輝いています。OM-D E-M5の「ライブTIME」機能を使い、モニターで露出の具合を確認しながら遮光板で画面上下の明るさのバランスを調整しています。
(OLYMPUS OM-D E-M5、12mm(f8)、17秒露出、ISO-200)

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

飯島さん、日食に引き続き金星食をとらえた素晴らしい作品をお送り頂きありがとうございます。

あの天候の中、しっかり”その時”を捉える、さすがプロの仕事は違いますね!

天文雑誌の連載や特集記事なども担当されている天体写真家の飯島さん。こうした天文現象の時は、とにかく晴れ間を探し求めて、時には数百キロの距離を移動し、必ずモノにしなくてはならないプレッシャーの中で仕事をされているんですね。チャンスはいつも一期一会ですから、車を使ったジプシースタイルは天体写真家の宿命です。

さて、飯島さんはこの日、千葉県の千葉県銚子市の犬吠埼まで遠征されたとのこと。関東近辺の貴重な晴れ間だったため、到着した場所には多くの天文ファンの他、某天文雑誌のスタッフたちもしっかり三脚を据えていたとか(余談です)。

オリンパスユーザーの飯島さん、今年に入ってからすっかり天体撮影時のメイン機材となった「OLYMPUS OM-D E-M5」に、フィールドフラットナーを組み合わせたBORG 77ED IIを接続し、モバイル赤道儀TOAST Proへ搭載しての追尾撮影です。

フラットナーの使用で、77ED IIの焦点距離は550mm、 F値は7.2相当の光学系になります。
マイクロフォーサーズ機では、同じ焦点距離でフルサイズセンサーの2倍の望遠効果になるので、超望遠が必要な天体撮影では特に有利になりますね。

また、「OM-D E-M5」は、小型軽量のレンズ交換式デジタルカメラ、いわゆるミラーレスカメラですので、これまた軽量・コンパクトな望遠鏡「BORG」との組み合わせでもバランスが保ちやすいため、TOAST Proとのマッチングはバッチリです!

今回のように月の高度が非常に低く、流れる雲間というシチュエーションでは、ISO感度をこまめに切り替えながら適切な露出で撮影する必要があります。そのあたり、瞬時の判断でこうした作品に仕留める飯島さんは、さすがプロフェッショナルです!

ところで、よく見ると明るく輝く金星に十字の光跡が映っているのがわかりますか?

えっ?クロスフィルターを使っているんでしょ、って?
いえいえ市販のフィルターなど使っていません。実はもっと凄い職人技なんですよ。

まぁ、そのうち飯島さんのお許しが出たらその技をご紹介いただくことにして、しばらくはその謎に思いを馳せておいてください。

さて、今回の金星食以外にも、飯島さんからは、モバイル赤道儀TOAST Proを使った作品をいくつかお送りいただいておりますので、順次ご紹介していきたいと思います。

お楽しみに!