タグ : 飯島裕

飯島裕カメラマンのプチ・カスタム術「Dish-25にポーラファインダーを装着する」の巻!

タイムラプスアダプター「Dish-25」は、TP-2でモーションタイムラプスムービー作品を撮影する際に使用する人気のオプションですが、北極圏など高緯度地域で赤道儀として使用する場合には、Dish-25に三脚雲台を直接接続することで良好な機材バランス状態を保つことにも利用でる便利なパーツです。

Dish-25

 

Dish-25装着時にポーラファインダーを接続するためには、専用の「Dish-25用ポーラファインダー・ステーネジ」を使います。

Dish-25の固定ネジの1本をこの「Dish-25用ポーラファインダー・ステーネジ」に交換することで簡単に接続ができるようになっています。

 

ところで先日、天体写真家の飯島裕カメラマンとお会いする機会があったのですが、最近、OLYMPUSのOM-D EM-1を使ってタイムラプスムービーの撮影にもチャレンジされているとか。

ところが、ここでプロならではの悩みが・・・。

飯島さんは天体写真家ですから、普段の仕事では圧倒的にTP-2を赤道儀として運用されています。

モーションタイムラプスムービーは、その合間に撮影を行うというスタイルです。

 

仕事の内容ごとにTP-2からを毎回脱着するのは手間がかかるのでDish-25は付けっぱなしにしたい、かといって「専用ポーラファインダー・ステーネジ」で装着したポーラファインダーユニットを取り外すと、そのネジ穴に再びDish-25に付属するキャップスクリューネジを装着し直さなければならないし、なにより外しておいたキャップスクリューネジを紛失する心配もあるので、なんとかこれを解決する方法はないものかと、頭を悩ませていたそうです。

そこで飯島さんが思いついたのは、ポーラファインダーの取付けステーをDish-25の「Y字」のネジ穴ではなく、中心の三脚接続穴に装着してしまおうというプチ・カスタムのアイディアでした。

以下、カスタムの手順を飯島さんの画像と解説で、どうぞ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ポーラファインダー取付けステーはM6ネジ仕様、そのままではDish–25に装着することができないので、固定ネジをM6からU1/4インチに変更する必要があります。

まず、ポーラーファインダーステーにUNC1/4インチのタップを立てます。

これでオリジナルのM6ネジと1/4インチカメラネジの両方が使えるようになります。

ステー取り付けネジ穴の雌ネジは固定ネジの抜け止めの役目だけなので、ネジ山が怪しくなっても問題ありません」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「Dish-25の3/8インチネジ穴に1/4インチネジ変換アダプターをねじ込みます」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「市販されているノブ付きのカメラ止めネジでネジ長の適合するもの(カメラブラケット用のものなど)でポーラーファインダーを固定します」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「右目ききの私が好みのポーラーファインダーポジション。雲台に搭載したカメラの邪魔になりにくい位置です。

ステーに2つあるネジ穴の内側の方でもTOAST-ProやTP-2の本体に干渉することはありません。

これでDish-25をTP-2に2本のネジで固定したまま、簡単即座にポーラーファインダーを使用出来るようになります」

 

*******************************************************************

いかがでしょうか?

ポーラファインダーの取付けステーのネジ穴を、タップをたててM6からU1/4がねじ込めるように変えてしまうというアイディア。

TTスタッフもさすがに思いもつきませんでしたよ、飯島さん!

 

飯島裕カメラマンのプチ・カスタムのご紹介でした!

 

PS:飯島さん、ぜひモーションタイムラプスムービー作品が完成したら見せてくださ~い!

CP+2014 満員御礼申し上げます!

CP+史上初の大雪による開催中止に見まわれながらも、最終日の昨日は2万人を超える来場者で、会場はものすごい熱気でした。

TOAST TECHNOLOGYのブースでは、天体写真家の飯島裕さんのトークショーが13時から開催されました。

 

CP+トークショー

TP-2の組み立てや極軸の合わせ方に始まり、パンベースクランプユニットをつかった独自の撮影システムの組み方まで、飯島さんご愛用の機材を会場にお持ち頂いてのトークショーに、皆さん真剣に耳を傾けていたようです。

飯島さんが今回ご紹介頂いた撮影機材は、マイクロフォーサーズマウントのOLYMPUS OMD EM-1に150mmの大口径レンズの組み合わせ。

これを、パンベースクランプユニットにRRSのロングプレートとバーティカルレールを組み合わせて、独自のシンプルなジンバルシステムを構築し、大口径レンズでの撮影を容易にしているとのこと。

飯島さん愛用の木製三脚「ベレルバッハ」に搭載されたTP-2は、実に頑丈な撮影システムでした。

ご来場頂いた皆さん、そして急遽予定を延期して対応して下さった飯島さんに、心から御礼申し上げます。

 

現在、TP-2のご注文が殺到しております。

早めのご注文が確実かと思いますので、この機会にぜひご検討いただければ幸いです。

では、今なお雪深い(?)吉祥寺より、TTスタッフからのお知らせでした!

 

CP+2014 注目情報 Part-4「天体写真家 飯島裕氏トークショー」開催のお知らせ

大雪で多くの公共交通機関が止まってしまったため開催中止となった今日のCP+ですが、このまま天候が回復に向かえば明日は予定通り開催されます。

天体写真家「飯島裕氏のトークショー」は、CP+の最終日、明日の13時からTOAST TECHNOLOGYブースで行われる予定です。

最終日で大変な混雑が予想されますので、みなさんお早めにご来場ください。

スケジュール変更に対応いただきました飯島さんに、心から感謝申し上げます。

以上、本日のCP+情報でした!

CP+2014 注目情報 Part-3「TOAST TECHNOLOGYブース」

CP+2014、2日目。昨夜からの雪が吹雪に変わり、開催地の横浜も一面の雪景色。

そんななか今日も大勢の方々にご来場をいただき、ただただ感謝申し上げます。

さて、今日は今年のTOAST TECHNOLOGYブース見どころをちょこっとだけご紹介させていただきますね!

CP+2014

 

今年のテーマは「マルチファンクショナルターンテーブルで表現できる世界」ということで、従来の天体自動追尾機能のほか、TP-2の新機能のひとつ「モーションタイムラプスムービー」の撮影に重点をおいて、様々なシステム、スタイルを実機でご提案しています。

中央のブルーのレールの上にTP-2が組み合わせてあるのは、スライダードリー・スタイル。直進方向の移動と回転運動を組み合わせた非常に複雑で効果的なモーションタイムラプス撮影が可能になります。

その右手に圧倒的な存在感を醸し出しているのは、ジンバルフォークユニットとパンベースクランプを組み合わせることで、EF300mm F2.8L IS IIをフリークランプで搭載したTP-2システムです。完全にバランスを取ることができるため、この重量級の大口径レンズを指一本で操作可能。どの方向に向けても、クランプを締めずに停止します。耐荷重性能にすぐれた新しいギアユニットと、昇圧回路による大幅なトルクアップで、こうした組み合わせの運用性が格段にあがりました。

 

CP+2014
CP+2014
ブース右手は、モーションタイムラプスムービー撮影スタイルのコーナー。

水平方向のパンニングが可能な「ホリゾンタルスタイル」。

Lブラケットを組み合わせ、TP-2を90°傾けて設置すれば、上下方向のチルティングのカメラワークが可能な「バーティカルスタイル」。

TP-2に2台のデジタル一眼レフカメラを搭載し、同時に2台のカメラでモーションタイムラプス撮影が可能な「デュアルカメラスタイル」。

さらに2台のTP-2をL字型に組み合わせれば、2軸制御で複雑なカメラワークが可能な「X-Yスタイル」などなど、TP-2の設置スタイルを変えるだけで様々なモーションタイムラプス撮影が可能になります。

 

 

CP+2014

 

ブースの左手は、モバイル赤道儀として運用するスタイルをご紹介するコーナーです。

ズラリと並べられた色とりどりのTP-2は、参考出品された特別仕様で残念ながら発売予定はありませんが、どうしても気にいったカラーがあったなら、ブースのTTスタッフへ強く強くリクエストしてみると、ひょっとしたら!?(笑)

 

CP+2014

 

ブース中央には、オプションのパンベースクランプユニットを使用することで、市販のカメラ周辺機器を自由に組み合わせた独自システムの一例も。

真北方向にも向けられ、バランスウェイトも不要な一石二鳥のシステムアップ例ですね。

某プロ写真家の方が実際に運用されているシステムを展示させていただきました。

 

CP+2014

 

ところ狭しと並んだTP-2システムの数々をじっくりとご覧いただけます。

天体写真だけに興味のある方も、タイムラプスにしか興味が無い方も、そしてどちらに興味津々な方も、きっとご満足度いただける情報をGETできると思いますよ。

あと2日間の開催、雪が少々心配ですが、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

 

ところで、明日土曜日は、天体写真家の飯島裕さんによるトークショーがTOAST TECHNOLOGYのブースで開催されます。

14時からですので、ぜひ時間を合わせてご来場いただければ幸いです。

以上、本日の注目情報でした!

CP+2014 注目情報 Part-2「天体写真家 飯島裕氏トークショー」開催のお知らせ

さて、本日よりスタートしたCP+2014。

初日から非常に多くのご来場をいただき、特にモバイル赤道儀TOASTシリーズユーザーの皆さんがたくさんブースを訪れてくださり、お光栄の限りです。

みなさん、新しいクリエイティブワークにとても積極的で、TTスタッフの方が圧倒されてしまいます。

目的がはっきりしていれば、機材の選定も明確。ぜひ、新しい映像表現にチャレンジしていただければと思います。

 

 

さて、今日は、CP+で開催されるプロの天体写真家によるトークショーのお知らせです。

 

出演される写真家は、TP-2のプロユーザーでもあり、素晴らしい作品の数々を天文雑誌等で発表されている天体写真家の飯島裕さん。

TP-2のセットアップや調整、使い方のコツのほか、プロ視点のシステムアップ例などを、飯島さん所有のTP-2システムをつかい、わかりやすくご紹介してくださいます!

飯島裕さんによるトークショーは、明後日、2月15日(土)の午後2時から、TOAST TECHNOLOGYのブースで開催されます。

 

◆出   演:飯島裕氏(天体写真家)

◆開催日時:2月15日(土曜日) 14時から

◆場   所:CP+2014 TOAST TECHNOLOGYのブース(A-11)にて

 

TP-2で撮影した作品の数々や撮影テクニックなどもご披露いただけるとのこと、これは見逃せないチャンスです!

ぜひ土曜日のCP+へご来場くださいませ!

 

~プロフィール~

天体写真家

飯島 裕 (いいじま ゆたか)氏

1958年埼玉県生まれ。69年のアポロ11号月面着陸の際、はじめて天体望遠鏡で月を見て天文の面白さにはまったアポロ世代。72年のジャコビニ流星群の大出現が予想されたとき、カメラを借りて初めて天体写真を撮影。大学卒業後、広告制作会社のカメラマンに。ハレー彗星が回帰した86年からフリーの写真家として独立。現在はおもに広告、雑誌、書籍などの写真を撮影。科学関係雑誌や天文誌などには執筆も行い、国立天文台の広報関係の撮影も担当。科学的な天体写真をベースに表現性も付加した、いわゆる星景写真に早くから取り組む。2003年より月刊天文誌『星ナビ』(アストロアーツ刊)に、モノクロ銀塩フィルムによる星景写真作品「銀ノ星」を連載中。10年6月13日は「国立天文台はやぶさ観測隊」に加わり、オーストラリア・ウーメラ砂漠で小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏再突入を撮影した。

 

明日は、TOAST TECHNOLOGYのブース見どころをご紹介します。

おたのしみに!