タグ : 皆既日食

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編②)

今回の北米皆既日食を高精細な4K動画で撮影するため、TOASTスタッフたちは独自の機材や撮影方法を試みました。

そのひとつがTOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルターです。

 

GH5による4K 10bit V-Log収録(※画像無断転載禁止)

 

TOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルター改造のGH5(※画像無断転載禁止)

 

この二つの画像は、別々のGH5で撮影された4K動画から1フレームを静止画として切り出したものです。

一見同じような印象ですが、よく見ると内部コロナの映り方が大きく異なるのが分かります。

実は、上は市販のGH5で撮影したもので、下はTOAST TECHNOLOGYで北米皆既日食用に改造したGH5による動画です。

その効果は一目瞭然。4K 10bit V-Log収録と特殊フィルターの組み合わせが、今後の皆既日食撮影のスタンダードになってくる、そんな予感すら抱かせる作例になりました。

後処理によるコンポジットではない分、撮影本番が勝負の全て。ますます緊張感あふれる現場になりそうです。

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編)

今回TOASTスタッフたちは、テレビ番組やカメラメーカーとのプロジェクトなどで撮影を行うことになりました。

そのため、メインのミッションは、4K動画による皆既日食の撮影です。

様々なバリエーションカット用に多くの撮影機材を持ち込む必要があり、TP-2とあわせて複数の小型軽量システムを構築するために選んだカメラがPanasonicのGH5。

マイクロフォーサーズセンサー搭載の「GH5」は、プロユースの動画撮影ニーズにも対応するデジタル一眼カメラです。

特に、高精細な4K動画撮影では、4K60pの高フレームレートやバリアブルフレームレート、6Kフォトなど、どれも皆既日食の撮影に活かせる機能が盛りたくさん!

なかでも4:2:2 10bitによる4K30p収録でV-Log Lガンマを組み合わせると、驚くほどの広ダイナミックレンジ撮影が可能になる点が選定の大きな理由でした。

 

 

これはGH5で撮影した4K動画から1フレームを切り出した静止画です。

大きく広がる繊細なコロナのディテールと同時にプロミネンスも見えているのがわかります。

スチルカメラで同様の画像を得るには、露出の異なる複数のカットを多段階露光で撮影しておき後処理で合成、R-USM処理やHDR処理をする必要があります。

ところが、4:2:2 10bitとV-Log収録により広ダイナミックレンジ撮影が可能なGH5なら、4K動画でありながらここまでの表現が実現するんですね。

GH5の4K動画はこれまでの概念を大きく変えるもの、皆既日食の動画撮影を実に面白くしてくれました。

V-Log収録した動画は撮影後のカラーグレーディングが前提となりますが、コントラストと色調整により美しく詳細なディテールを浮かび上がらせることができます。

 

ところでスチール撮影を担当したTOASTスタッフは、目下コンポジット処理に追われている真っ最中のようです。出来上がりが楽しみですが、完成後は動画とガチンコ勝負です!

 

アメリカに遠征したユーザーの方がいらしたら、リポートともにぜひ作品をご投稿下さいね!

北米皆既日食 現地編

今回の皆既日食を撮影するため、TOASTスタッフたちは別々の場所に散りました。天候へのリスクヘッジというわけです。

TOASTスタッフのひとりは、こんな場所で撮影に臨みましたよ。

見渡す限り一面の麦畑。これは前日の夕日ですが、黄金色に染まった麦の穂が実に美しかったそうです。

 

そして当日の夜明けの空。薄雲が空全体を覆う心配な天候のなか、機材の準備を始めます。

 

ツアーではないので他に日本人はいません。麦農場の軒先(?)を借りて、あちこちに機材を分散して設置しました。その多くはタイマーによる自動撮影です。

 

GH5に100-400mmの望遠ズームレンズを付け、さらにEXテレコンを組み合わせると、その焦点距離は35mm版換算でなんと1120mm。1000mmを超える機材がこんなコンパクトなシステムで済むのは驚きです!

まさに海外での皆既日食遠征用に最適なシステムのひとつですね。

カメラはジンバル雲台に搭載しているので、超望遠レンズでも完璧にバランスを取ることができます。

前日の夜中に極軸を合わせておき、ロープワークで大地にアンカーを打ってしっかり固定するのも重要です。

TP-2の駆動は「SUN」モードに合わせ、いざスペクタルショーに挑みます!

北米皆既日食 機材編

北米皆既日食が終わり、TOASTスタッフたちも五月雨式に帰国してきました。

遠征しなかった方にはまったくもって関心のない(?)皆既日食ですが、参考までにTOASTスタッフの一人が今回の遠征用に準備した機材の一部をご紹介しましよう!

 

4Kムービー用にPanasonicのGH-5が5台。GH5でクローズアップを狙うために「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S」を4本。残る一台は地上の景色と黒い太陽を同時にフレームに収めるために「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.」をそれぞれ用意。

 

タイムラプス用には、EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII、EOS 6D、Nikon D810Aとフルサイズ機を用意。サークルフィッシュアイ(全天周撮影)から超望遠まで様々なレンズを準備しました。

4Kムービーとタイムラプス撮影用にカメラの台数分のTP-2。さらにカメラの台数分の三脚も必要なため、なかなかの機材量です。

BENROのフラット三脚ならスーツケース1個に10本格納可能。

TP-2及びカメラ、レンズ群はインナークッション入りのPELICAN(大型防水ケース)に入れたので思った以上にコンパクトです。

さてさて、その成果はいかに?

ケアンズ皆既日食:飯島 裕 様

天体写真家の飯島裕さんから、去る2012年11月14日のオーストラリアケアンズで撮影された皆既日食のご報告をいただきましたので、早速ご紹介しましょう。

———-**********———-

【飯島さんのコメント】
飯島です。

昨日、ケアンズ皆既日食から帰国しました。
雲に悩まされた日食でした(予想していましたけど)が、かろうじて皆既後半の1分弱にコロナの撮影をすることが出来ました。

出国直前まで機材調整に対応していただきたいへん助かりました。
どうもありがとうございました!

 

当日の機材のセッティングとコロナ画像をお送りします。
使用したコンポーネントは画像でわかると思いますが、光学系はBORG71FLに1.08×フラットナーを使用カメラはOLYMPUS OM-D E-M5です。

 

OLYMPUS OM-D E-M5
BORG71FLに1.08×フラットナー
1/3秒、ISO-200
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

OLYMPUS OM-D E-M5
BORG71FLに1.08×フラットナー
1/80秒、ISO-200
モバイル赤道儀TOAST Pro使用

 

今回の皆既時間は約2分間でしたが、前半は雲に隠された状態でした。
コロナが全貌を現してくれたのは食の最大を過ぎたころで、いろいろ計画していた撮影メニューの半分もこなすことが出来ませんでした。

自分では2分間でじゅうぶんこなせるつもりでいましたが、やはり、皆既日食撮影はあたふたしてしまいますね~
いささか残念な結果になったと言わざるを得ません。
今回のように変則的な事態になっても対応できる適応力が問われますね。
おおいに反省しなければ…

 

** * * * * * * * * *

【TOAST Staff コメント】

旅行会社が主催した皆既日食ツアーのインストラクターとして、オーストラリア・ケアンズのペブリィビーチで今回皆既日食を迎え撃った飯島さん。

今回は、皆既日食撮影用にモバイル赤道儀「TOAST Pro 飯島スペシャル」を現地に持って行っていただきました。飯島さんのこのスペシャルシステムは、BORG71FLを安全かつ高精度に運用するために考えられたもので、BENROのジンバルフォーク雲台の代わりに、プロカメラマン御用達の米国人気メーカー「 Really Right Stuff(通称:RRS)」のパノラマシステム・パーツを組み合わせたものです。

ただし、市販のRRSパーツを直接TOAST Proの極軸に組み合わせることはできません。飯島さんをはじめ、プロの写真家の方々からのご相談を受けて、今回の皆既日食撮影用に特別に改造を施したカスタム機となります。

一般的なジンバル雲台と違って、パノラマ撮影用のパーツを組み合わせたジンバルフォークユニットの利点は、なんといっても分解可能なため可搬性に優れ、軽量なシステムでありながら、バランスウエイト不要で、完璧な機材バランスが取れることにあります。

極軸部には、360度の回転粗動が可能なパノラマ用のクランプを特別なアダプターを介して装着しています。

このジンバルシステムでは、カメラを装着する縦軸を水平方向に自由に移動させることができるため、完全にフリーハンドで運用することができます。数百ミリクラスの望遠レンズでも容易に太陽を画角中心にフレーミングでき、重量機材を安全に運用することができるまさにプロ仕様のシステムです。ちなみにシステム全体のお値段はかなりなものです!(TOAST Online ShopではRRS製品のお取り扱い、および改造等は行なっておりませんので予めご了承ください)

さて、お送りいただいた作品ですが、薄雲が流れる中でのコロナは、かえって臨場感にあふれていますよね。紅色のプロミネンスがアクセントとなり、現場の興奮が伝わってくるようです!

実はTOASTスタッフも、以前、中国の武漢での既日食の撮影を行いましたが、まさに今回と同じシチュエーションでした。
何ヶ月も前から各カメラの露出シミュレーションを重ね、あとは時間が来たらシャッターボタン(PCのEnterボタン)を一発押せば万事OKの完全装備で当日をむかえてしまったものだから、直前の薄雲による露出変更に手が回らず(なんたってビデオを含めて5台もカメラがあり、PCをつないだシステムだったものだから)、手元の1台を補正するので精一杯。結局「二兎を追うものは一兎をも得ず」教訓よろしく、撃沈した苦い思い出があります。

ところで、飯島さんは、プロの写真家でありながら、とにかく自分の目で空を見上げることを非常に大事にされている方です。

愛車にはいつもお気に入りの双眼鏡が装備されていて、それがまた手によく馴染む一品なのです。!

今回も複数台のカメラの他、きっと双眼鏡も携えて現地入されていると勝手に推測しております。その感想もぜひ今度伺えれば光栄です。

飯島さん、遠征お疲れ様でした!