タグ : パンベース・クランプユニット

【ユーザーQuestion】TP-2でカメラを2台載せるのにはどうすればいいですか?(タイムラプス編)

前回ご紹介したデュアルカメラシステムですが、天体の自動追尾撮影の他に、タイムラプスムービー撮影でも活躍するシーンがあります。

今回は、ささっとこの話をしておきましょう。

 

基本システムの組み方は、前回の【ユーザーQuestion】でご紹介したので、それを参考にしてみてください。

さてさて、「パンベース・クランプユニット」とロングプレート、2つの自由雲台の他に、タイムラプスアダプター「Dish-25」と、極軸調整支援用微動架台「Dish-2」を組み合わせると、こんな感じのシステムが出来上がります。

 

デュアルタイムラプスシステム

見たまんまです。

2台同時にタイムラプスムービーの撮影が行えるシステムですね。

でも、これは実にメリットが多いシステムなんですよ、実は。

 

タイムラプスの撮影は、タイマーリモートコントローラーをつないだカメラで、数秒間隔で連続撮影をしていくことで、人間の目では確認できないほどのゆっくりとした動きを、気持ちのよい速度で可視化してくれるもの。

 

タイムラプスムービーは、それこそ撮影自体は簡単ですが、その分、ロケーション選びのセンスや、光の展開を予測するセンスなどが必要な、実に奥の深い表現手段なんですね。

星を入れたタイムラプスの場合、1秒分のムービーを作るのに必要な30カットを撮影するには、(表現方法によって変わりますが)軽く10分以上の撮影時間が必要いなります。

30秒のムービーを作るには、その30倍の時間がかかる計算にいなります。

したがって、一晩に撮れるシーンは、せいぜい1つか2つということも。

途中でミスに気がついても、取り返しがつかない、なかなか大変な撮影なのです。

 

このタイムラプスムービー用のデュアルカメラシステムなら、単純に、一晩で撮影できる作品が2倍になります。

それに同じ時間で、異なる風景・シチュエーションの作品を同時に2つ撮影できてしまうので、これはもう便利、べんり!!

もちろん、懐事情の良い方なら、複数台のTP-2をあちこちにセットして、異なる景色なのはもちろん、付加するカメラワークの速度や方向などのバリエーションを一気に稼ぐことも可能です!!(笑)

プロの方は、実際このようなスタイルで撮影されているかたもたくさんいらっしゃるようですよ。

 

 

【ユーザーQuestion】TP-2でカメラを2台載せるのにはどうすればいいですか?

今年も残すところあと数日。

今日で仕事納めという方も多いのでは?

 

さて今日もモバイル赤道儀のユーザーからご質問が来ていますよ。

TTスタッフが出来る限りお答えしていきたいとおもいます。

では行ってみましょう!

 

【ユーザーQuestion】
TP-2でカメラを2台載せるのにはどうすればいいですか?

 

【TTスタッフからのAnswer】

おおっ、デュアルカメラシステムをご検討ですか!

お目が高い!

 

TP-2は、非常に高いトルクと剛性を有するモバイル赤道儀ですので、搭載時のバランスをきちんと取ることさえ注意して頂ければ、一般的な広角レンズをつけた2台のデジタル一眼レフカメラ(中型機)を搭載し、1回の追尾時間で2カットを同時に撮影することができます。

 

では、まずは、システムから行ってみましょうか!

 

今回は、TTスタッフが実践しているシステム例をご紹介することにしますね。

TTスタッフたちが使用するTP-2の多くは、利便性の面で、標準で付属するDovetail Stageから、人気のオプション「パンベース・クランプユニット」に換装しています。

「パンベース・クランプユニット」は、ステージが360度自由に回転し、どこの位置でも固定する事ができるので、回転機構がない自由雲台を使用した場合には、ボール機構とあわせることで、さらに自由なアングルを可能にしてくれます。

また、クランプはアルカスイス規格に準拠していますので、市販のカメラ周辺機器の多くがそのまま装着可能、なおかつシステムの大幅な軽量化にも寄与する、大変便利なオプションです。

 

次に、市販のロングプレート(アルカスイス規格)を用意し、その左右端に適切な大きさの自由雲台2個をそれぞれ接続します。

ちなみにTTスタッフは、搭載する機材によって、20センチから24センチの長さのロングプレートを使い分けています。

 

この自由雲台に、2台のカメラを取付け、最後にロングプレートを「パンベース・クランプユニット」へ固定します。

これでデュアルカメラシステムの完成です!

 

デュアルカメラシステム

 

ここで注意しなければならないことは、左右のカメラのバランスを確実に取ってあげること。

「パンベース・クランプユニット」に換装したTP-2ならそれも簡単です。

クランプをゆるめ、ロングプレートを左右に動かしながら、左右のバランスがとれたところで、再びクランプするだけ。

 

見た目はかなりトップヘビーになりますが、このシステムは上下左右のバランスがほぼ完璧に取れますので、三脚さえしっかりしたものを使っていただければ、実に歩留まりの良い撮影が可能になります。

デメリットとしては、2台のカメラの構図を別々に合わせてからシャッターを切らなければならないので、実はあまり時短にはつながらないかも。

また、カメラ同士の間隔が近いので、構図を合わせるのにちょっと苦労することもありますね。

さらに、トップヘビーなので、カメラに触ったらどうしてもシステム全体が揺れるので、その振動が収まるまでしばし待つ必要がある点。

おなじく、重心が高くなるので、強い風などの影響を受けやすくなる点、などが挙げられます。

 

一方このシステムが威力を発揮するのは、なんといっても流星群の撮影でしょう!

予め2台のカメラのアングルを決めたら、タイマーリモートコントロールで、メモリーカードの容量がなくなるまで、完全自動追尾&自動撮影が可能になります。

自宅に戻ってからPhotoshopなどの画像処理ソフトで比較明合成すれば、満天の星空に、いくつもの流れ星が放射性に流れる作品を作ることができます。

しかも、2台同時に別々の空を狙っておけば、流星のヒット率も2倍、2倍!!!!

 

それ以外にも、実はタイムラプスムービーの撮影でも、デュアルカメラシステムが活躍します。

これは、また別の機会にご紹介しましょうか!

TTスタッフ御用達ガジェット「クロスレンチ」の巻

天体写真ファンならずとも、デジタル一眼レフカメラユーザーなら誰でも「六角レンチ」の1つや2つをカメラバッグのポケットに忍ばせているのでは?

六角型をした棒状のこのレンチ、正式には「ヘキサゴンレンチ」とか、「ヘックスレンチ」なんて言うらしいです。

最近では、サードパーティーから専用のカメラプレートやL-ブラケットなどなど、固定に1/4インチの六角ネジを使った周辺機材が数多く発売されていますよね。

 

カメラの周辺機材として開発されたTOAST Proでも、六角レンチを使ったオプションがいくつか存在します。

市販のカメラプレートなら、4mmの六角レンチ1本あればOKですが、TOAST Proのオプションには、何種類かの六角レンチを使用します。

 

よく目にするのは、こんなふうに何種類かのL字型「六角レンチ」がセットになった工具です。コンパクトなものから本格的なプロ仕様のものまで、品質も価格も様々。でも、使う度にホルダーから出して使うため、いつの間にか1本が紛失している、なんてことも。しかも一番良く使うヤツが。

 

もちろんTTスタッフも六角レンチセットは何種類か持っていますし、無くさないようしっかり整理整頓をしています。でも、実際に工具を使うのは、撮影現場となるフィールドがメイン。しかもそれが暗闇の中というシチュエーションですから、工具の管理にはかなり気を使いますよね。

 

そんな矢先、TOAST TECHNOLOGYの開発スタッフの一人が、ポケットからこんなものを取り出して見せてくれました。

丸い筺体から十字型に4種類の六角レンチが伸びています。これ、「1丁で4サイズが使える!」がキャッチコピーの「クロスレンチ」なる工具。

工具先端を含めた大きさは、約6.8mm四方。中央の筺体部分は、500円玉とほぼ同じ。
コンパクトでありながら、使う時に十分力を込められる絶妙なサイズになっています。
しかも、TOAST Proでよく使う、5mm、4mm、2.5mmがセットになっている!これかなりイイかも!(あー、3mmは今のところ出番はないけれど・・・)

 

1/4インチのカメラネジが付いたカメラプレートの脱着には、4mmのレンチを使います。先月発売されたオプションの「パンベース・クランプユニット」や、人気の「ジンバルフォークユニット」を組み合わせている場合には、ほぼ毎回使うスタメンのレンチですよね。また、TOAST Proの底部にもカメラプレートを付けている場合は、さらに使用頻度が多くなり、超便利です。

 

そして、モバイル赤道儀TOAST Proでタイムラプスムービー撮影を行う際に使用するオプションパーツ「Dish-25」の脱着は、5mmのレンチが適用します。その他、ジンバルフォークユニットパンベース・クランプユニットの接続アダプターの脱着では、2.5mmのレンチが活躍!とりあえずこれさえあれば当面は困らないという、いまやTTスタッフお気に入りのガジェットとなっています。

 

価格は、ホームセンターなどで300円台から購入可能。セットに比べて無駄がなく、普段よく使うレンチだけを持ち歩けるのは、大きなメリットです。しかもこんなふうに、中央の筺体に開いている穴を利用し、ワンタッチ脱着可能なストラップを自分でつければ、キーホルダーのようにいつもカメラバッグの外にぶら下げておいても邪魔にならず、必要なときには直ぐに外して使えてなお便利!

TOAST Proユーザーのみなさんも、おひとついかがですか?残念ながらTOAST Online Shopで扱う予定はありませんので、お近くのホームセンターへいますぐどうぞ!

 

以上、本日の豆知識でした!

片持ちフォーク 部分の軽量化システム:井上普丘様

 

今回は、TOAST Proによるモバイル撮影を楽しんでいらっしゃる井上さんから、独自のジンバルフォークシステムについてご投稿をいただきました。では早速ご紹介しましょう!

 

*************** 井上様 より ***************

TOAST Blog、いつも楽しく読ませていただいております。井上普丘と申します。

4/24 の TOAST Blog の記事を拝見しました。私もパンベース・クランプユニット付き TOAST Pro にジンバル雲台を載せ、片持ちフォーク式赤道儀として利用しております。

私は RSS(Really Right Stuff) の Pano-Gimbal Heads を使っております。パンベース・クランプユニットが発売される前は、新型 Dovetail Stage に回転防止のM6イモネジを仕込み、直接 PG-02 Pro/L を固定して、各軸周りのバランスを完璧に取った状態で使用しておりました。

 

PG-02 Pro/L はそれ自体で 1300g 近くあり、70-200mm f/2.8 望遠レンズ+Nikon D4 を載せると、Dovetail Stage 込みで赤経軸に掛かる重量は5kg強ありました。
(写真1ではFujifilm S5pro ですので、4kg強となります)

この状態で、200mm にて撮影した例です。(加算コンポジット・トリミングあり)

 

 

同行した友人の初星野撮影の手ほどきで手一杯で、自分の撮影開始は薄明開始後となってしまい、あまり露出は掛けれなかったのが残念ですが、200mmでも露出3~4分であれば、ピクセル等倍で見ても星像を点にすることが出来ました。

精度的には満足できるものの、5kgもの重量を Dovetail Stage 上の 1/4inchネジ一本だけで受けているということが心配でした。
パンベース・クランプユニットが発売され、早速これを購入し、片持ちフォーク部分の軽量化に成功することができました。

 


構成要素は以下の通りです。
・パンベース・クランプユニット
・CB-10 (10-inch Camera support bar)
・PG-02 VA (Pano-Gimbal Vertical Arm)
・B2-Pro/L (80mm clamp with dual mount)

上記重量は1150gとなります。
これに 70-200mm f/2.8 レンズ+Nikon D4 を載せた場合、赤経軸に掛かる重量は4.6kgとなり、写真1に比べ400g軽量化することができました。ジンバル雲台部と TOAST Pro 間の固定も、写真1よりは安心できるものになりました。PG-02 Pro/L のジンバル水平軸PG-02 HB (Pano-Gimbal Horizontal Base) とCB-10 の断面積は同じですので、ジンバル雲台部の強度は変わりません。

CB-10 は PG-02 HBより長く、赤経軸中心付近に PG-02 VA を取り付けることもできるため、赤経軸周りのバランス調整の自由度が飛躍的に大きくなりました。

この状態にして以降は、まだ時間と天候に恵まれず、長時間露出は試せていません。

先日のパンスターズ彗星とM31の接近の折に、この構成を試した結果はこちらです。
(トリミングあり・12枚コンポジット)

数十秒の露出を12枚程コンポジット、最初のコマから最後のコマまで5分程度のノータッチガイドとなりましたが、写野のズレはX, Y座標とも1ピクセル以下でした。

 

Nikon D4 +望遠レンズ級の機材を載せる場合は PG-02 並の剛性を持つジンバル雲台が必要になりますが、ミラーレスカメラを使う場合は、以下の構成でもっと軽く仕上げることもできます。

 

・パンベース・クランプユニット
MPR-192 (192mm Multi-purpose rail)
CRD-Rail (Vertical rail w/ on-end clamp)
・DDH-02 (Panning Base Clamp)

上記セットの重量は、わずか500g。大きめの自由雲台と同程度の重量ですが、自由雲台と違って赤経・赤緯方向いずれにも、完璧にバランスを取ることができます。

現在、新たに Fujifilm X-E1 を購入し、これをIRカットフィルタ除去改造依頼中です。改造が成功すれば、これにマウントアダプタを介して先の Nikon 70-200mm f/2.8 レンズを付け、換算300mm 相当でノータッチガイドを敢行してみたいと思います。この構成で赤経軸に掛かる重量は、2.6kg程度となる見込みです。

Xマウントで新たに発売予定の 55-200mm F3.5-4.8 を使うならば、あと1kg以上軽く仕上げることも可能です。こうなると TOAST Pro を含めた重量が Dish-2 込みで 3.5kg 弱となり、三脚も GITZO 1型トラベラーでも耐えられ、三脚込みの全重量が僅か 4.5kg となります。

「結果に妥協せず、旅行のついでに持って行いける星雲/星団撮影システム」がいよいよ現実味を帯びてきました。

将来的にオートガイドにまで対応できれば、「全重量10kg未満で500mm撮影、打率8割」なんて夢も、叶ってしまうかもしれませんね。

 

最後に、新商品の開発希望を1つ。
赤経軸・赤緯軸のアルカスイス型クランプの間に取り付けられる、薄い微動回転ステージを熱烈に希望しております。

よく撮影の合間に、望遠レンズにアダプタを介してアイピースを取り付け、月惑星の高倍率観望をすることがあります。このとき、軸周りのバランスが取れていても、僅かな微動ができるとできないのとでは、導入の容易さが全然違います。

また、200~300mmで星雲・星団を狙うとき、構図を僅かに変えるのに、微動があればと思うことが多々あります。

全周微動ですとウォームギアが必要となり、どうしてもある程度の厚みが必要になり、調整も難しくなると思います。しかし部分微動と割り切れば、赤道儀設置における水平微動のような簡単な機構で、薄く仕上げることができないものでしょうか?

是非、ご検討をお願いします。

 

***************TOAST TECHNOLOGY***************

【TTスタッフより】

ご投稿ありがとうございます。
井上さんの理想のシステムへの飽くなき探究心に、TTスタッフはもうワクワクです!

かくいうTTスタッフも、様々なメーカーの汎用パーツを入手し、自分好みのTOAST Proシステムを組み上げる試行錯誤を楽しんでいる一人です。

井上さん愛用のReally Right Stuff(RRS)社は、プロカメラマンに絶大な人気を誇るアメリカのメーカーですが、同社の商品は、どれも痒いところに手が届き、かつ素晴らしい精度で仕上げられたパーツばかりですよね。

TOAST Proユーザーのプロ写真家、飯島裕さんや伊達淳一さんも、RRSのパーツを組み合わせた独自のジンバルフォークシステムを構築されています。

 

それぞれのパーツの剛性が高くとも、極端なトップヘビー状態は、現場での操作性や運用性に影響が出てきます。

井上さんのように、システム全体として見た時のバランスを常に意識されているのは、さすがです。

ただ、パンベース・クランプユニットは、小型・軽量の本体に回転機構をもたせたクランプユニットですので、剛性はそれほど高くありませんから無理の無い範囲で運用されるのがいいでしょう。

 

ところで、井上さんの微動装置のアイディア、長焦点光学系を搭載した時の、「あと少しだけ微調整できれば・・・」というお気持ち、よくわかります。

小型・軽量で剛性と操作性、さらにデザイン性を兼ね備えたパーツはちょっと頭を悩ませそうですが、TOAST TECHNOLOGYの開発チームに伝えておきますね。

 

望遠鏡業界には、様々な部分で独自の規格が存在します。それは、望遠鏡という特殊な光学系の能力を最大限発揮させるために考えられた、ドッシリ、ガッチリの安心規格です。

一方、TOAST Proは、あくまでカメラの周辺機器として開発された製品です。そう、ストロボやカメラ三脚と同じジャンルです。ですから、CP+でも望遠鏡ゾーンではなく、”フォトアクセサリーゾーン”にブースが出展されているんですね。

フォトアクセサリーに関して言えば、互換性のある安価で高性能な周辺機器パーツが世界中のサードパーティ・メーカーから発売され続けています。

皆さんも是非、井上さんのように、フォトアクセサリーをTOAST Proと組み合わせ、理想の撮影システムの構築を楽しんでみてください。答えが一つじゃない分、試行錯誤は楽しいものですよ。

もちろん、TOAST TECHNOLOGY製のオプションパーツはもとより、TTスタッフが探しだした「使えるフォトアクセサリー」をどんどんご紹介して行きたいとおもっています。

今後も、井上さんの飽くなき探求心に注目です!

TOAST-Proセッティング時の豆知識「バランスシフト」とは?

 

望遠レンズやBORGなど長焦点光学系を使った撮影に限った場合の話ですが、バックラッシュという現象が撮影の歩留まりに影響を及ぼしてきます。
(広角レンズや標準レンズでは全く気にしなくて大丈夫、望遠レンズ撮影時だけの事だと思っていただいて構いません!)

 

天体撮影のベテランのみなさんには釈迦に説法ではありますが、搭載機材のバランスを完璧にとってしまうと、不思議なことに追尾精度が落ちてしまう場合があるんです。

 

基本的に、ギアを組み合わせた構造を持つどの赤道儀でも、ギアとギアの噛み合わせ部に必ず僅かな隙間が存在します。これは意図的に設けられた隙間で、「バックラッシュ」といいます。この隙間がないと、赤道儀は動きません。

で、このバックラッシュ、ある条件下になると、撮影時の歩止まりに影響を及ぼすことがあります。

 

前回のBlogでご紹介した「パンベース・クランプユニットとジンバルフォーク雲台の組み合わせによるクランプフリーシステム」を例に解説していきましょう。

 

 

東西方向のバランスを完全にとってしまうと、ギア同士のかみ合わせ部にできる、ほんの僅かな隙間の中で、ギアとギアがどこにも触れていない、いわば宙ぶらりんに浮いた状態になってしまうことがあります。

片方のギアでもう片方のギアを押すことにとってモーターで発生した回転運動を極軸まで伝えていくわけですから、ギア同士が宙ぶらりんの状態では、モーターを回してもギア同士が接触するまでの間、僅かなタイムラグが生じることになります。

つまり、このタイムラグの間は、厳密に言うと追尾していない状態。このまま撮影を続行すると、星が僅かに流れて写ってしまうことがあるのです。

 

「極軸を完璧に合わせたのに、望遠レンズでの撮影で、追尾がうまくいく時と行かない時があるんだよなぁ」という方は、もしかしたらバックラッシュの影響を受けているかもしれません。

 

粘性の非常に高いグリスを塗布することによってバックラッシュを目立たなくさせている製品も多くありますが、基本的には、どの赤道儀でもバックラッシュは存在します。

でも、ちょっとしたひと手間で、バックラッシュの影響を解消し、撮影時の歩留まりを向上させることができます。

 

まず、望遠レンズを使った撮影において、カメラの構図を決める操作によってギア同士が宙ぶらりんの状態になっていたとします。直ぐにこの状態でシャッターを切らず、1分程度そのままの放置します。すると、ギアが動いて隙間が無くなり、ギア同士でしっかり運動を伝え始めます。それからシャッターを押すという、ひと手間を加えるだけで、バックラッシュによる歩留まりへの影響を解消することができます(取扱説明書 P17参照)。

 

しかし、追尾撮影している最中にも、少しずつ機材のバランス状態は変化して行きますから、運悪く、撮影中にギアの“アソビ“の真ん中でバランスがピッタリと合ってしまうと、これまた追尾撮影の歩留まりに影響してきます。

 

そこで、搭載機材の東西のバランスを、ほんの僅かだけ、”東側”に過重が来るようにわざとバランスを崩して調整してあげます。ギア同士が宙ぶらりんの状態になるのを防ぐ為の工夫です。こうすることで、バックラッシュの影響を最小限にし、TOAST-Proの持つ追尾性能を存分に享受することができる、というわけです。

望遠鏡での撮影に慣れた天体写真ファンの間では一般的なノウハウですが、モバイル赤道儀での追尾撮影でも同じなんですね。

 

以上、今日の豆知識でした!