タグ : パンスターズ彗星

プロの写真家がとらえたパンスターズ彗星

TOAST Proを愛用しているプロカメラマンは多く、その作品は、各種雑誌や広告、個展などで私達を魅了しています。

なかでも写真家の飯島裕さんは、TOAST Proをバリバリに使いこなすプロユーザーのお一人。
機材の特性を知り尽くし、独自の撮影システムを組み上げて、素晴らしい作品の数々を世に送り出しています。

本日発売の天文雑誌「星ナビ」の巻頭カラーでは、コンパクト赤道儀特集が組まれています。

モバイル赤道儀TOAST Proで撮影した飯島さんの作品が掲載されていますので、ぜひ書店で手にとってみて下さいね。

 

 



4月4日パンスターズ彗星撮影風景(鹿島にて)

 

 


4月5日のパンスターズ彗星(野辺山にて)
OLYMPUS OM-D E-M5+ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0

 

 


4月5日のパンスターズ彗星(野辺山にて)
OLYMPUS OM-D E-M5+ZUIKO DIGITAL ED 35-100mm F2.0

 

 

4月8日のパンスターズ彗星(野辺山にて)
OLYMPUS OM-D E-M5+ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0

 

*************** TTスタッフより ***************

 

さすがプロカメラマンの飯島さん、どの作品も素敵です!

星ナビ誌上では、飯島さんのコメント記事もご覧いただけますよ!

 

ところで、飯島さん愛用のOLYMPUS OM-D E-M5は、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼です。

マイクロフォーサーズ機では、専用のレンズを装着すると、35mm版フルサイズセンサー換算で2倍の望遠効果になりますから、OM-D E-M5はモバイル赤道儀と組み合わせた天体のクローズアップ撮影にはもってこいのカメラですね。

 

TOAST Proの登場と大ヒットによって生まれた、モバイル赤道儀(星ナビ編集部では「コンパクト赤道儀」と命名)というマーケット。TOAST Proのあとに続けと各メーカーから様々なタイプの製品が発売され、多くの方が星空にカメラのレンズを向けるようになりました。

TOAST Proのユーザー登録ハガキのアンケートをみてみると、特にここ1年ほどは、広角レンズでの撮影用に仕様を絞った製品からの買い替えユーザーが急増していることがわかります。

 

フィッシュアイレンズから超望遠レンズまで、さらにタイムラプスムービーの撮影にも対応するモバイル赤道儀TOAST Proが、多くの写真ファンを魅了しているのは嬉しい限りです。

 

明日からGW後半戦がスタートしますね。

比較的天候も良さそうですので、モバイル赤道儀TOAST Proを持って出かけましょう!

 

それではみなさん、良い休日をお過ごしください。

みたび、パンスターズ彗星!(青年Kの巻)

 

昨夜遅く、お馴染みの青年K(TOAST TECHNOLOGYのWebサイトでコラム”K’sリポート”を担当)から、画像ファイルが転送されてきた。今週火曜日の早朝、みたびチャレンジしたパンスターズ彗星の画像処理が仕上がったとのこと。

 

当日の撮影現場は、常に風が吹き荒ぶ状況で、時折激しい突風にも見舞われるような厳しい環境だったとのこと。

普段なら撮影どころではなく、迷わず帰路につくようなその厳しい状況の中で、青年Kは可能な限りベストを尽くしてくれたことが、送らてきた画像を見るなり伝わってきた・・・。

「アナタハ、スゴイ!」

 

【撮影データ】

撮影日:2013年4月16日
時 間:3h10m30s~
カメラ:EOS 6D
光学系:BORG 77ED
ISO:6400
露  出:90秒×12枚コンポジット処理

 ※モバイル赤道儀TOAST Proにて自動追尾

 

 【撮影データ】

撮影日:2013年4月16日
時 間:3h20m45s~
カメラ:EOS Kiss X4
光学系:タムロン70-200mm
ISO:3200
露  出:90秒×4枚コンポジット処理

※モバイル赤道儀TOAST Proにて自動追尾

 青年Kの奮闘の様子など、詳しくはTOAST TECHNOLOGYのWebサイトのコラム「K’sリポート」で!

 

まだまだイケルぞ、パンスターズ彗星!「青年Kの挑戦は続く」の巻

 

TOAST TECHNOLOGYのWebコラムを担当してくれている青年Kは、仕事で忙しいスケジュールをやり繰りしながら、連日、パンスターズ彗星を追いかけているらしい。
先週撮影に成功した朝方のパンスターズ彗星については、最新の「K’sリポート」で紹介されているのでぜひご一読を

 

 

そんな青年Kから、昨夜遅く、僕のスマホに一通のメールが届いた。

「いま、清里某所の駐車場です。こないだよりは条件が良いようです。時折、突風が吹くので機材が気が気ではありませんが…。もっと、条件が良くなる感じはします」

 

僕は直ぐにGPV気象予報と複数のライブカメラをチェックし、今夜は、遅くなるにしたがって天候が良くなってくることを確認。青年Kへその旨を伝える。

 

やがて彼から返信が来た。

気温は7度ですね。明け方は氷点下近くまでいきそう。ロケーション的にはイマイチかな。撮影はしやすいです」。

 

翌朝から仕事の僕は、青年Kとのやり取りに後ろ髪を引かれつつ、先に休ませてもらった。

そして翌朝目覚めると、青年Kからのメールが、着信していた。

 

風のお蔭か、なかなかの空でした!たぶん(笑)上手く撮れた。ラプスもなかなかです。」

 

彼の言う「ラプス」とは、モバイル赤道儀TOAST Pro用のオプション「Dish-25」を使ったタイムラプスムービーの撮影のことだ。Dish-25のデモ機を彼に貸し出してからというもの、新たな境地を開拓したとばかりに、遠征の度に星空のタイムラプス撮影にチャレンジしてくれている。彼のアグレッシブさには、本当に頭が下がる。

 

今頃は丁寧に時間をかけ、今朝方撮影したデータの画像処理に追われている頃だろうか。

青年Kの成果に、乞うご期待!

パンスターズ彗星をとらえた!

 

TOAST Proブラックカラーモデルのユーザーで天体写真家の飯島裕さんから、パンスターズ彗星をとらえた作品をご投稿いただきましたので、早速ご紹介しましょう!

 

【撮影データ】

2013年3月10日
OLYMPUS OM-D E-M5
ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0
絞り値 f2.8  ISO 200
長野県原村にて

 

南半球では、レモン彗星とともに肉眼彗星として観測されていたパンスターズ彗星ですが、近日点通過 の10日、ついに北半球の夕空に姿をあらわしました。

この日、飯島さんは、長野県の原村まで遠征し、愛用のOLYMPUS OM-D E-M5にフォーサーズのZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0レンズで最初のパンスターズ彗星のショットをものにされたとのこと。コマの光度はかなり明るい様子で、左上に伸びるテールがしっかりと確認できます。

 

さらに翌11日には、春霞を出来るだけ避けるために群馬県の赤城山腹まで遠征。TOAST ProにBORG45EDIIを搭載したシステムで、パンスターズ彗星のクローズアップを狙います。

 

【撮影データ】

2013年3月11日
OLYMPUS OM-D E-M5
BORG45EDII+0.85×レデューサー
ISO 200
露出:10秒(12コマ加算平均
撮影地:群馬県渋川市 赤城山中腹にて

※TOAST Proにて自動追尾撮影

 

 「彗星の高度が少し上がって撮りやすくなりましたが、私の乱視入り裸眼では見えません。双眼鏡では昨日より早い時刻に発見出来ました。空が明るくて彗星は見にくいですが、意外と明るいのかもしれません。双眼鏡で見た感じは、夕焼け空の水星の明るさに近い印象です。」と飯島さん。

 

実は、かくいうTTスタッフも昨日は富士山北側エリアに陣取り、その時を待ちましたが・・・・

 

はい、見事に低空を雲が覆い、美しい夕景を前に・・・玉砕しました。

雲が出やすくコントラストの低い超低空域に加えて、日没後間もない明るい空という厳しい条件下のもと、撮影地の選択や画像処理を見越した撮影方法など、飯島さんの見事な仕事ぶりに、思わず敬礼です!

さすがプロカメラマンです!