タグ : ガジェット

TTスタッフ御用達ガジェット「レンズブロア」の巻

 

みなさんそれぞれにお気に入りの道具というのがあると思います。

TOAST Proによるフィールド撮影を、もっとも多くこなしているTTスタッフの一人も、こだわりの道具を片時も手放しません。

そもそも貸してもくれませんから(笑)。

 

大工さんに代表されるように、プロの道具は貸し借りなしの一品モノ。

自分の手にしっくりと馴染み、使いやすくカスタムした道具たちが、プロの仕事を支えているんですよね。

 

で、今回ご紹介するのは、某TTスタッフが愛用しているガジェット「レンズブロア」です。

 

正直、別に、なんでもいいんですけどね、ブロアなんて。とくにレンズの埃を取るだけならできるだけデカイヤツを買っておけばそれで事が足りてしまいます。

最近じゃ、びっくりするほど立派な大型レンズブロアが100円ショップで売っているらしく、フィールドでたまたま出会ったTOASTユーザーに見せてもらいました・・・たまげました。確かに十分です。

 

それでも、こだわるTTスタッフ。

撮影現場では、レンズ全体を大型ブロアで一気にクリーニングするというよりも、いつの間にか飛んできた砂や埃を、ピンポイントの強い風でサッと除去したいシチュエーションが殆んどです。

彼は、巷ではあまり見たことがない、大きさの異なる2種類のブロアを使い分けています。

レンズブロア TOAST-Pro

ブルーの筺体で、やわらかいレモン型のシルエット。確かにちょっと素敵です。

左の大きめのブロアは、主に屋内で使用。撮影から戻ってきてカメラやレンズをささっとクリーニングする時に使っているとのこと。

そして彼が常にカメラと一緒に持ち歩いているのが、右側小さい方のレンズブロアです。

 

レンズブロア TOAST-Pro

2種類のブロアを見比べてみると、筺体の大きさだけでなく、特に先端の形状が全く異なっているのがわかります。

先端は細い小さい方のブロアは、筺体の大きさからは想像できないほど強力な風を先端から発射します。

しかも、強い風が細く噴射するのです。

ちょっと離れたところからでも、レンズ表面に付着した埃をピンポイントで攻撃、除去してくれます。

 

レンズブロア TOAST-Pro

ね、スゴクちっちゃいでしょう? これを彼はフィールドで愛用しているんです。小型なのに本当に強力!狙ったところだけにしっかりと風を送ってくれるので、カメラのセンサーのゴミ取りでも大活躍です。

似たようなブロアを使っている別の職業のプロがいるそうです。それは、なんと時計の修理職人。

極小の歯車がいくつも組み合わさった腕時計の内部を普通のブロアで吹いたら、大変なことになってしまいますよね。

確かに、こうした小型で先端が細く、風をコントロールできるブロアなら、ピンポイントで埃を吹き飛ばすことができます。

「大は小を兼ねる」だけではないのがプロの世界。

 

みなさんは、どんな道具にこだわっていますか?

夜露対策は忍者グッズで解決!?の巻

モバイル赤道儀TOAST ProユーザーのHiseさんからメールをいただきました。

自宅で転んで腕の骨を折ってしまい、楽しみにしていたこの夏の遠征撮影も中止になってがっかりしているとのこと。どうか無理せず一日も早く怪我を治して下さいね。

骨折治療中で遠征撮影に出かけられないHiseさんから、忍者グッズの紹介をいただきました。

「えっ!?忍者グッズ?」

レンズヒーター TOAST-Pro

TTスタッフ、メールのタイトルを見て正直びびりました。TOAST Proと忍者は接点ないですから、はい(笑)。
この忍者グッズの正体は、後々明かすとして・・・

 

みなさん、レンズの夜露対策はどうされていますか?

昔から重宝されているのは、なんといっても固形の灰燃料をつかった「灰カイロ」、これをソックス留めでレンズに直接固定する方法です。

夜露対策 TOAST-Pro

これこれ!「マイコール」!Hiseさんの愛用グッズだそうですよ。

懐かしいなぁ。灰カイロの中でも特に薄くて天体写真ファンには生産中止になった今でも愛用者がたくさんいる夜露対策の王道です。

灰燃料に火を付けるのにもちょっとしたコツがあり、ライターでテキトーに燃やすと、途中で立ち消えなんてことも。

でも、外気が氷点下の環境でもレンズに付着する夜露や霜を防止してくれる頼りになるヤツなんです。

 

調べてみると、国産メーカーは、すでに灰カイロ市場から撤退。いまでは、田舎町の古い薬局に飛び込みで探し、埃をかぶった在庫に出会ったら速攻買い占めるというスタイルしかないようです。

でも海外ブランドでは、中国製の灰カイロが燃料とともに未だ流通しているらしいですよ。

販売ルートは薬局ではなく、登山用品店です。ただし、さすがにシーズンモノなので夏場に手に入れるのは難しいシロモノ。それもいつまで供給されるかわかりません。

 

白金カイロ系(燃料のベンジンを触媒で気化し酸化発熱させるタイプ)は、今でも数種類の製品が発売されていますが、残念ながら屋外では寒すぎると発熱が止まって長時間レンズを温め続ける事ができないんですよね。

 

そんな状況の中、天体写真ファンのみんさんはいろいろ独自に工夫を凝らした夜露対策をされているようです。

望遠鏡販売店などでは、専用のレンズヒーターが発売されていますので、これを利用するのが一番手っ取り早く確実です。でも、多くのレンズヒーターは電源が12Vなんですよ。12Vのバッテリーは、さすがに車がないと簡単には持ち運べません。

 

で、最近天体写真ファンに定番のとなりつつあるのは、USB電源をつかったレンズヒーターです。USBは5Vの規格ですので、スマホ充電用のポータブルバッテリーなども利用できます。でもレンズヒーターとして正式に販売されている商品は見かけたことがありません。みなさん、USBを利用したガジェットとして発売されている、カップウォーマーやハンドウオーマー、ネックウォーマーなどの商品からヒーターユニットを取り出し、工夫されているようです。

 

ここで漸く冒頭のHiseさんの忍者グッズが登場です!(前置きが長すぎぃ!)

レンズヒーター TOAST-Pro

手の甲を覆うように装着しているこの忍者グッズは、USB電源を利用したハンドウオーマーなんですね。商品の正式名は「USBあったか忍者手袋」だそです。内部はこんな感じで、不思議な形をした忍者手袋の先端に、5センチ四方のヒーターがポケットに収納されています。

 

レンズヒーター TOAST-Pro

USB電源に繋ぐケーブルも付属。この忍者手袋の良いところは、手元に電源のON-OFFスイッチが付いているところだとHiseさん。確かに便利そうです!

 

レンズヒーター TOAST-Pro

使用しているのは、スマホ充電用のポータブルバッテリーで、2個同時出力可能なUSB-OUTがついた製品。

 

レンズヒーター TOAST-Pro

 

で、実際にはこんなふうに、忍者手袋から取り出したヒーターをレンズに巻きつけ、スマホ用の充電バッテリーに接続し、電源をONにすれば完了です。

 

残念ながらHiseさんから詳しい画像の説明が付いてなかったのでTTスタッフが勝手に解説しておりますっ!こんな紹介の仕方でOKでしょうか、Hiseさん? 間違っていたらご指摘下さいね。

 

Hiseさんのおっしゃるとおり、この忍者手袋は電源スイッチが付いているのが大きな魅力ですね。手袋なのでヒーターが左右で2個付属していますから、湿度が極端に高い夜は、2枚のヒーターでレンズを挟み込むように装着すれば効果UPでしょう。

この忍者手袋、価格は1000円前後のようですので、レンズヒーター用のガジェットを探していらっしゃる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

実は、かくいうTTスタッフも、別のUSB製品を利用して作ったレンズヒーターを愛用しています。これも近いうちにBlogでご紹介しましょうかね!

Hiseさんの一日も早い回復をお祈りしております。治ったら、またTOAST Proを満天の星空の下に連れて行ってやって下さいね!

電源ケーブルの収納に便利なCord Holder!

先日のペルセウス座流星群の遠征撮影で、カメラメーカーのエンジニアスタッフが大量のケーブルをさばきながら撮影機材のセッティングをしていたときのことです。

彼がケーブルを解く度に、やたらに”カチッ!、カチッ!”という音をさせているのに気づきました。

手元を見てみると、何やらケーブルを束ねている、ある装置を外す度に、”カチッ!”と音がしてるようです。

その装置、簡単に言えば、「束線バンド」の類。ケーブル・コードをコンパクトにまとめて、解けないように固定する商品です。

TTスタッフは普段、マジックテープ仕様の束線バンド(結構高価な!)を多用していますが、彼が使っているのは「コードホルダー」という商品、結構便利そうです。

しかも、会社の近くの100円ショップでGETしたものだと聞けば、さらに興味津々です!

 

コードホルダー TOAST-Pro
TTスタッフ、このサイズを見て思いついちゃいました。モバイル赤道儀TOAST Proに付属する電源ケーブルをまとめるのに、ぴったりフィットしそう!!早速、吉祥寺の100円ショップを物色し同じものを探し当てましたよ。

 

コードホルダー TOAST-Pro

TOAST Pro用の電源ケーブルの場合、6本をまとめるのにピッタリなサイズ。直径が10センチくらいになるように巻くと、ちょうどいい感じです。

 

コードホルダー TOAST-Pro

あとはこんなふうに半分に挟んで”パチッ!”と固定します。

 

コードホルダー TOAST-Pro

こんな感じに、長いケーブルがスマートに整理できますよ!

 

コードホルダー TOAST-Pro

3つで100円なので、電源ケーブルの他、バッテリープレートのコードをまとめたり、夜露対策用のヒーターのケーブルを巻いたりと、結構便利そうです。

欲を言えば、外す度にコードホルダーをポケットなどに入れて保管しておかなければならないことが少々面倒。たぶん、現場でなくします(笑)。でも3個約100円ですからね。3個のうち2個を予備としてキャリングケースのポケットに忍ばせておけばOKでしょう!

そうそう、コードをぎっしり詰め込んで挟むと、コードホルダーが外れやすくなるし、何よりケーブルに負担がかかるので、その点は要注意です。

 

それにしても、みなさん100円ショップをかなり活用されていますなぁ!

ユーザーのみなさんも、ちょっとしたアイディアグッズや工夫などありましたら、ぜひ教えてくださいね!

TTスタッフ御用達ガジェット「クロスレンチ」の巻

天体写真ファンならずとも、デジタル一眼レフカメラユーザーなら誰でも「六角レンチ」の1つや2つをカメラバッグのポケットに忍ばせているのでは?

六角型をした棒状のこのレンチ、正式には「ヘキサゴンレンチ」とか、「ヘックスレンチ」なんて言うらしいです。

最近では、サードパーティーから専用のカメラプレートやL-ブラケットなどなど、固定に1/4インチの六角ネジを使った周辺機材が数多く発売されていますよね。

 

カメラの周辺機材として開発されたTOAST Proでも、六角レンチを使ったオプションがいくつか存在します。

市販のカメラプレートなら、4mmの六角レンチ1本あればOKですが、TOAST Proのオプションには、何種類かの六角レンチを使用します。

 

よく目にするのは、こんなふうに何種類かのL字型「六角レンチ」がセットになった工具です。コンパクトなものから本格的なプロ仕様のものまで、品質も価格も様々。でも、使う度にホルダーから出して使うため、いつの間にか1本が紛失している、なんてことも。しかも一番良く使うヤツが。

 

もちろんTTスタッフも六角レンチセットは何種類か持っていますし、無くさないようしっかり整理整頓をしています。でも、実際に工具を使うのは、撮影現場となるフィールドがメイン。しかもそれが暗闇の中というシチュエーションですから、工具の管理にはかなり気を使いますよね。

 

そんな矢先、TOAST TECHNOLOGYの開発スタッフの一人が、ポケットからこんなものを取り出して見せてくれました。

丸い筺体から十字型に4種類の六角レンチが伸びています。これ、「1丁で4サイズが使える!」がキャッチコピーの「クロスレンチ」なる工具。

工具先端を含めた大きさは、約6.8mm四方。中央の筺体部分は、500円玉とほぼ同じ。
コンパクトでありながら、使う時に十分力を込められる絶妙なサイズになっています。
しかも、TOAST Proでよく使う、5mm、4mm、2.5mmがセットになっている!これかなりイイかも!(あー、3mmは今のところ出番はないけれど・・・)

 

1/4インチのカメラネジが付いたカメラプレートの脱着には、4mmのレンチを使います。先月発売されたオプションの「パンベース・クランプユニット」や、人気の「ジンバルフォークユニット」を組み合わせている場合には、ほぼ毎回使うスタメンのレンチですよね。また、TOAST Proの底部にもカメラプレートを付けている場合は、さらに使用頻度が多くなり、超便利です。

 

そして、モバイル赤道儀TOAST Proでタイムラプスムービー撮影を行う際に使用するオプションパーツ「Dish-25」の脱着は、5mmのレンチが適用します。その他、ジンバルフォークユニットパンベース・クランプユニットの接続アダプターの脱着では、2.5mmのレンチが活躍!とりあえずこれさえあれば当面は困らないという、いまやTTスタッフお気に入りのガジェットとなっています。

 

価格は、ホームセンターなどで300円台から購入可能。セットに比べて無駄がなく、普段よく使うレンチだけを持ち歩けるのは、大きなメリットです。しかもこんなふうに、中央の筺体に開いている穴を利用し、ワンタッチ脱着可能なストラップを自分でつければ、キーホルダーのようにいつもカメラバッグの外にぶら下げておいても邪魔にならず、必要なときには直ぐに外して使えてなお便利!

TOAST Proユーザーのみなさんも、おひとついかがですか?残念ながらTOAST Online Shopで扱う予定はありませんので、お近くのホームセンターへいますぐどうぞ!

 

以上、本日の豆知識でした!

TTスタッフ御用達ガジェット「LEDヘッドランプ」の巻

 

天体写真ファンなら必ず持っていると言っても過言ではないガジェットのひとつ「LEDヘッドランプ」。

ディスカウントショップの激安品から、穴場の大型釣具店のラインナップや本格的な登山用のモノまで、お気に入りの製品は様々あれど、天体撮影ではなんといっても赤LEDタイプは外せない機能の一つです。

巷ではよく、「暗い所では瞳孔が開いているので、白い明かりを付けると星が見えなくなります。だから赤いセロファンを貼った懐中電灯を使いましょう」とはいうけれど、機材の組立時はやっぱり白い明かりが超便利。

赤いライトは、主に周辺に他人がいるようなシチュエーションで迷惑をかけないためのマナー的要素が強かったりも。

・・・とまぁ、どのみち白と赤が切り替えられるタイプが、便利で理想的なのは言うまでもありませんね。

そんな中(?)、我がTTスタッフたち御用達のヘッドランプというのが実は存在するのでアリマス!

 

あ・・・超巨大なヘッドランプに見えますが、アインシュタイン博士の方が圧倒的にちっちゃいのであります!

 

「ペツル(Petzl)」というブランドのヘッドランプで「e+LITE」という商品(実際には50円玉を横に2個並べたくらいのコンパクトなサイズ。超軽量で専用ケース付き)。

 

「どっかで見たことあるぞ!」あるいは「オレそのブランドの商品、使ってるもんね!」というアナタは、もしやクライマー? いや、レスキュー関係者かも・・・。

というのも、Petzlはフランスのメーカーで、本格的な登山やクライミング、ケイビング関連の様々なツールをラインナップしているブランド。

中でもこの小型の「e+LITE」は、万が一の緊急用途、補助ライトとして、現場で頼りになるガジェット。プロ御用達の一品だそうです。

 

あれは数年前のこと・・・。
TTスタッフの一人がオーロラ撮影の仕事でカナダのイエローナイフを訪れた時、居合わせたオーロラ写真家”高坂雄一”氏の頭に光っていた”ソレ”を無理やり奪ってきたのが事の始まり(笑)。

「e+LITE」は高坂さんも大のお気に入りのガジェットで、仕事仲間や友人たちに薦めていらっしゃるのだとか。

 

小さい、軽い、防水、省電力、白と赤の切り替えがある・・・のは当たり前で、同じような商品は山ほどある。

じゃぁ、一体なにがいいのかって?????

 

 

まず、 天文用としては、明る過ぎないところが、使い勝手いいんですよね。

それから、裏面に可動式のフリップが付いていて、帽子のツバに装着したり、こんなふうにテーブルの上で自立させることも可能。
もちろん、このフレキシブル機能は、頭に付けた時に照射位置を細かく調整するのが本来の用途。

 

 

次に、スイッチがレバー式なので、グローブをした手でも操作ができる点が 「Very good!」

 

でも、これは序の口。
このヘッドランプの最大のウリは・・・

 

ズバリ!「OFFスイッチが2個ある」 ←コレコレ!

 

ん? ピンと来ない?

 

じゃぁ、もう一度スイッチ部をよく見てみましょう!
切り替えスイッチの上と下に「OFF」が2ケ所あるのがわかるでしょう?

これがキモなんですわ。

 

この画像では、ちょうどロックの位置にレバーあります。不用意にスイッチが入らないようにとの配慮です。

でこのレバースイッチは、「OFF」から順に、白いLEDの1個点灯、3点灯、点滅の切り替えへと続き、さらにスイッチレバーを動かしていくと、今度は赤LEDの点滅、赤の常時点灯、そして再び「OFF」に。

 

もう、お気づきですね!

 

そう、赤LEDのからも、白LEDからも、どちらからでもスイッチのON-OFF操作ができるという、痒いところに手が届く仕掛けなのでアリマス!つまり、スイッチレバーを一段階動かすだけで、ダイレクトに赤いライトをつけたり消したりできるというスグレモノなわけですよ。

えっ?まだ便利さがわからないって? むー・・・、私の負け、です。

 

今日は、朝からTOAST Online Shopはご注文が殺到し、発送担当者は昼食を抜いてひたすら準備に追われていました。
以下唐突に業務連絡です。

 

「Giottos Professional Mini Tripod」は、完売しました。

「1W型LEDフラッシュライト・青」は、残りほんのわずかです。

「外部電源用バッテリープレート」入荷しました!

「ジンバルフォークユニット」は、在庫がほんのわずかです。次回入荷未定なので、ご検討中の方はお早めに、どうぞ!