カテゴリー : お知らせ

今夜のコズミック・フロント☆NEXT(5min版)

毎週木曜日の夜に放送されているコズミック・フロント☆NEXTですが、今夜は「コズミック・フロント☆NTXT 5min.」という枠で短編番組がオンエアされるそう。

歌人、藤原定家が書いた「明月記」。その中で京都の夜空に赤いオーロラが見えたという記述が。
過去に太陽がどのような活動を繰り返してきたかを探る研究にフィーチャーします。

番組で登場する低緯度オーロラのタイムラプス映像にも注目です!

 

(画像はイメージです。サムネイルをクリックすると番組のHPへ)

今夜のコズミック・フロント☆NEXT

NHKの人気宇宙科学番組「コズミック・フロント☆NEX」。

最先端の宇宙科学論を紹介する番組ですが、世界各地で撮影された美しい星空タイムラプス映像の数々も見どころのひとつです。

今夜のコズミック・フロント☆NEXTは、オーストラリアの先住民族アボリジニが「人類最古の天文学者」である可能性がでてきたという話題。

今回もTOASTシリーズで撮影された南半球の星空タイムラプスが存分に登場!?

4K、8Kカメラで撮影された星空タイムラプス映像は注目です!

 


(サムネイルをクリック!番組のHPにリンクしています)

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編②)

今回の北米皆既日食を高精細な4K動画で撮影するため、TOASTスタッフたちは独自の機材や撮影方法を試みました。

そのひとつがTOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルターです。

 

GH5による4K 10bit V-Log収録(※画像無断転載禁止)

 

TOAST TECHNOLOGY製の特殊フィルター改造のGH5(※画像無断転載禁止)

 

この二つの画像は、別々のGH5で撮影された4K動画から1フレームを静止画として切り出したものです。

一見同じような印象ですが、よく見ると内部コロナの映り方が大きく異なるのが分かります。

実は、上は市販のGH5で撮影したもので、下はTOAST TECHNOLOGYで北米皆既日食用に改造したGH5による動画です。

その効果は一目瞭然。4K 10bit V-Log収録と特殊フィルターの組み合わせが、今後の皆既日食撮影のスタンダードになってくる、そんな予感すら抱かせる作例になりました。

後処理によるコンポジットではない分、撮影本番が勝負の全て。ますます緊張感あふれる現場になりそうです。

北米皆既日食 黒い太陽(TOASTスタッフ編)

今回TOASTスタッフたちは、テレビ番組やカメラメーカーとのプロジェクトなどで撮影を行うことになりました。

そのため、メインのミッションは、4K動画による皆既日食の撮影です。

様々なバリエーションカット用に多くの撮影機材を持ち込む必要があり、TP-2とあわせて複数の小型軽量システムを構築するために選んだカメラがPanasonicのGH5。

マイクロフォーサーズセンサー搭載の「GH5」は、プロユースの動画撮影ニーズにも対応するデジタル一眼カメラです。

特に、高精細な4K動画撮影では、4K60pの高フレームレートやバリアブルフレームレート、6Kフォトなど、どれも皆既日食の撮影に活かせる機能が盛りたくさん!

なかでも4:2:2 10bitによる4K30p収録でV-Log Lガンマを組み合わせると、驚くほどの広ダイナミックレンジ撮影が可能になる点が選定の大きな理由でした。

 

 

これはGH5で撮影した4K動画から1フレームを切り出した静止画です。

大きく広がる繊細なコロナのディテールと同時にプロミネンスも見えているのがわかります。

スチルカメラで同様の画像を得るには、露出の異なる複数のカットを多段階露光で撮影しておき後処理で合成、R-USM処理やHDR処理をする必要があります。

ところが、4:2:2 10bitとV-Log収録により広ダイナミックレンジ撮影が可能なGH5なら、4K動画でありながらここまでの表現が実現するんですね。

GH5の4K動画はこれまでの概念を大きく変えるもの、皆既日食の動画撮影を実に面白くしてくれました。

V-Log収録した動画は撮影後のカラーグレーディングが前提となりますが、コントラストと色調整により美しく詳細なディテールを浮かび上がらせることができます。

 

ところでスチール撮影を担当したTOASTスタッフは、目下コンポジット処理に追われている真っ最中のようです。出来上がりが楽しみですが、完成後は動画とガチンコ勝負です!

 

アメリカに遠征したユーザーの方がいらしたら、リポートともにぜひ作品をご投稿下さいね!

北米皆既日食 現地編

今回の皆既日食を撮影するため、TOASTスタッフたちは別々の場所に散りました。天候へのリスクヘッジというわけです。

TOASTスタッフのひとりは、こんな場所で撮影に臨みましたよ。

見渡す限り一面の麦畑。これは前日の夕日ですが、黄金色に染まった麦の穂が実に美しかったそうです。

 

そして当日の夜明けの空。薄雲が空全体を覆う心配な天候のなか、機材の準備を始めます。

 

ツアーではないので他に日本人はいません。麦農場の軒先(?)を借りて、あちこちに機材を分散して設置しました。その多くはタイマーによる自動撮影です。

 

GH5に100-400mmの望遠ズームレンズを付け、さらにEXテレコンを組み合わせると、その焦点距離は35mm版換算でなんと1120mm。1000mmを超える機材がこんなコンパクトなシステムで済むのは驚きです!

まさに海外での皆既日食遠征用に最適なシステムのひとつですね。

カメラはジンバル雲台に搭載しているので、超望遠レンズでも完璧にバランスを取ることができます。

前日の夜中に極軸を合わせておき、ロープワークで大地にアンカーを打ってしっかり固定するのも重要です。

TP-2の駆動は「SUN」モードに合わせ、いざスペクタルショーに挑みます!