カテゴリー : ユーザーの作品

アンタレス付近

TP-2なら広角から望遠まで、様々なレンズを交換しながら星空のハンティングを手軽に楽しむことができます。

この作例は、EOS 6DとEF135mm F2L USMの組み合わせで撮影されたひとコマ。

露出時間150秒の1ショットをAdobe LightroomでRAW現像、複雑な散光星雲のディテールが簡単に浮かび上がってきます。

【天の川中心部】
カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:EF135mm F2L USM(F4)
感 度:ISO3200
露 出:150秒
追 尾:TP-2
撮影地:オーストラリア(ニューサウスウェールズ州)

梅雨の晴れ間を狙ってカメラレンズで撮影&タイムラプス映像(平野さん)

梅雨空のもと、遠征撮影に出かけられない日々が続くTOASTユーザーの皆さんは、
この時期、撮影でたまったデータの画像処理に時間を充てる方が多いことでしょう。

この時期でも撮影したい!というTOASTスタッフメンバーは、
冬のオーストラリアまで遠征してしまいましたが・・・

さて、常連の平野さんから新作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

平野です。
関東地方は梅雨に入ってしまいましたが、晴れ間を狙って撮影に出かけてきました。

今回は天体望遠鏡ではなく、カメラレンズで撮影してきました。

[いて座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SONY FE 85mm F1.8(F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×39枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

[こと座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SIGMA 70-200F2.8 DG OS HSM(150mm F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×97枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

[はくちょう座付近]

カメラ:α7S 天体改造
光学系:SIGMA 70-200F2.8 DG OS HSM(70mm F4)
フィルター:Pro Softon B
感 度:ISO12800
露 出:30秒×81枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7でスタック

 

最初のいて座付近は、カットの半分程度は薄雲が流れてしまったのですが、気にせずスタックしました。
やはり右下が不自然になってしまいましたが、もともとソフトフィルターを使ったのであまり気にしないことにします。

こと座は、レンズはSIGMA 70-200F2.8 DG OS HSMの150mm F4+Pro Softon Bです。
感度と露出時間は同じです。
ステライメージで97枚スタック処理。

はくちょう座は、同じレンズの70mmF4でPro Softonなし、81枚スタック。
北アメリカ星雲やサドル付近は単体で撮ったことがないのですが、今後狙ってみたい対象です。

 

前回やってみて難しいとお話ししたTP-2を被写体にしてのタイムラプスですが、
何とか見られるような素材が撮れたのでYoutubeにあげました。

今後少しずつ撮りためて1分程度のタイムラプス動画に仕上げられればなぁと思っています。

 

********** TOASTスタッフ **********

平野さん、ご投稿ありがとうございます!

今回はTP-2に中望遠レンズとミラーレス一眼を搭載した作品ですね。
天体用改造を施したα7Sですが、ISOを12800まで上げて
1カットわずか30秒という短時間露光を繰り返し後処理でスタックするフローは、
比較的明るい夜空でも結果を出しやすい注目の手法のひとつです。

ディフュージョン系のフィルターは、
露出をかけすぎると白飛びして色が出辛くなるので、
そのあたりの塩梅はなかなか奥深いものがありますね。

レンズ前に装着する円形ガラスタイプのフィルターは
効果の強弱が調整しずらいのが難点ですが、
シート状の角型フィルターなら、
ディフュージョンの効果を数種類から選べるので
作品作りでは重宝します。

特に焦点距離が長くなるほどディフュージョン効果が大きくなるので、
広角レンズでは標準から強めを、
中望遠からは弱めの効果のフィルターが良い結果を生んでくれます。

はくちょう座付近は赤い散光星雲の宝庫ですので、
天体用改造カメラの独壇場です。

次は北アメリカ星雲周辺を狙った作品を楽しみにしています。

ところで、平野さんはタイムラプス作品も始められたようですね。

追尾撮影中にその様子を
もう一台のカメラで星空と一緒にタイムラプス撮影した映像は、
なかなかドラマチックでしたねぇ。

まるでTP-2のプロモーションビデオのようでうれしかったです!!

アストロカメラで梅雨入り前の夏の夜空を狙う(O.Sさん)

いよいよ梅雨シーズンに突入です。星空ファンにとって暗黒の季節です。

さて、TP-2ユーザーのO.Sさんから最新作を投稿いただきましたので
早速ご紹介しましょう!

********** O.Sさんのコメント **********

O.Sと申します。

梅雨入り前に撮影した写真です。
今回は810Aと中古で入手したd5300の新改造を使ってみました。
今回はポールマスターは使っておりません。
強風で没画像もかなりでましたが、クリアーな夜空でした。

【さそり座アンタレス付近】
カメラ:Nikon D5300(新改造)
レンズ:Nikon 58mm F1.4(F4)
露 出:120秒X16枚
感 度:ISO1600
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

 

【M8干潟星雲】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:ボーグ 71FL+レデューサー
露 出:150秒X9枚
感 度:ISO1600
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

 

【バンビの横顔】
カメラ:Nikon D810A
レンズ:シグマ 189mm マクロ F2.8(F4)
露 出:150秒X9枚
追 尾:TP-2
後処理:ステライメージ7
撮影地:千葉県大多喜町

********** TOASTスタッフのコメント **********

どちらのカメラもいわゆるアストロカメラです。
天文ファンおなじみのD810Aは安定した表現力ですが、
DXフォーマットD5300の改造機もなかなかのものですね!

総露出時間32分でアンタレス周辺の散光星雲や
暗黒星雲が見事に表現されています。

撮影地は千葉県大多喜町ということですが、
この辺りはゴルフ場が多いエリアなので
比較的空の条件は良い方なのかもしれませんが、
1枚当たり2分間の露出ができる空は貴重です。

今ちょうど、TOASTスタッフの一人がD810Aを数台抱えて、
頭の真上に輝く南半球の天の川を撮影するために
オーストラリアに遠征中なのですが、
D810Aはアストロカメラでありながら
カラーバランス特性が通常のカメラに近いチューニングなので
とても使いやすいですよね。

特に天の川も特別な画像処理をせずに
ナチュラルな色を出しやすいカメラなので、
TOASTスタッフたちも愛用する人が多いですよ。

ますます腕に磨きをかけるO.Sさん、
今度はぜひ詳しい機材の紹介や撮影秘話などを
お聞かせいただけるとうれしいです!

天体改造モデルと短時間露光&スタック処理

GW皆さんはどんなふうに過ごされましたか?

5月6日からの数日間、神奈川県の由比ヶ浜周辺に大規模な赤潮が発生したニュースを見て現場に急行した天文ファンも多いようです。
赤潮が発生した夜は「夜光虫」による生物発光現象が見られるからです。

波頭が深いブルーに輝く光景は昼間の赤潮のイメージからは想像できないほど神秘的。

夜光虫自体は特に珍しいものではないので、お近くの海岸や港などでも目にすることがあるかと思いますが、今回は鎌倉の由比ヶ浜という観光地でかつ大規模な発生だったため、TVのキー局ではニュースとして取り上げられたというわけです。

また、ちょうど後半夜には月も沈み、南の空にそびえ立つ夏の天の川と青く輝く海を同時にとらえることができるベストタイミングだったこともあり、天文ファンにとってもGW中のうれしいハプニングでした。

さて、SONY α7Sの天体改造モデルと短時間露光&スタック処理で見事な作品づくりをされているTP-2ユーザーの平野さんから新作が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

平野と申します。
4月末に撮影に行ってきましたので作例を投稿いたします。

 

[アンタレス付近]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ(360mm F4)
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 131枚
後処理:ステライメージ7でスタック
追 尾:TP-2
撮影日:2017年4月29日未明
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[干潟星雲M8・三裂星雲’M20・NGC6559]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ(360mm F4)
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 104枚
後処理:ステライメージ7でスタック (540mm相当にトリミング)
追 尾:TP-2
撮影日:2017年4月29日未明
撮影地:山梨県鳴沢村

 

[撮影中の様子]

カメラ:α6300
レンズ:Samyang 12mmF2.0 NCS CS 絞り開放
露 出:20秒
感 度: ISO4000
「機材をライトで照らしているのですが、明かりの強さと照射時間の調整が意外と難しいです。暗がりの中でTP-2 を被写体とするタイムラプス撮影はかなりハードルが高いかもしれません」

 

日付が変わるころにはさそり座がターゲットに入ってくる時期になりました。
ということで今回はさそり座のアンタレス付近を1枚、干潟星雲M8・三裂星雲’M20・NGC6559を1枚です。
α7sでの超高感度短時間露出のスタイルを確立したのが昨年末ごろからだったこともあり、
人気の高いこれらの領域の撮影は楽しみにしていました。
特にアンタレスは撮影条件に恵まれる期間がとても短いので、4月末連休前半の新月期に天気が良かったのは幸いでした。
両方とも明るい対象で1時間ほどの露出時間を確保することができたので、そこそこ低ノイズに仕上げることができたと思います。

アンタレスは360mmだと少し狭い感じがしますね。一方M8M20はトリミングしても足りない感じです。
別の焦点距離で試してみたいところですが、しばらくは今の組み合わせでいろいろな対象を狙う方向で活動していきたいと思います。

このシステムはもともと、α7sのバルブ撮影が使えないというところがスタートになっています。
α7sはバルブ撮影をすると微光星が消える現象が確認されています。
これを回避するためシャッタースピードは30秒が上限になります。
この条件で必要な露出を稼ぐためにF4程度の明るい光学系+高感度撮という今の組み合わせが決まりました。
追尾時間が短くなったことにより、結果的に赤道儀が小型のものでOKということになりました。
TP-2とα7sは私にとってベストなコンビネーションだったようです。

ちなみに1200万画素の画像を100枚ステライメージ7で処理するとメモリを18ギガほど使用します。
アンタレスはメモリ不足を懸念して65枚ずつに分割して2段階で処理しました。
メモリと処理時間を大量に必要とするのがこのシステムの課題です。

 

 

**********  TOASTスタッフ **********

メキメキとスキルアップする平野さん、試行錯誤しながら作品づくりを楽しんでいらっしゃる様子が目に浮かぶようです。

機材にはアドバンテージとウィークポイントが共存します。画質や歩留まりを優先すると巨大で重く高額なシステムに行き着きますし、コンパクトなシステムでは可搬性に優れている一方で使い勝手や歩留まりが犠牲になることも。

その点で、平野さんはセンスあるバランス感覚をもっていらっしゃいますよね。割り切るところはズバッと判断しながら、勝負の舞台をトータルバランスで勝負されているようにお見受けします。

カメラの制約で短時間露光を選ばざるをえないという条件からスタートし、それを補うために明るい光学系の採用に加えISOを25600までアップ。しかしそれだけでは超高感度&長秒露光によるノイズ問題が立ちふさがります。

そこで100枚を超える同ポジ静止画を撮影し、ステラナビゲーターでスタック処理することでその問題を解決するというアプローチで挑むわけですね。

このスタイルは平野さんもおっしゃっている通り、コンパクトな赤道儀ではトップヘビーも相まってどうしても歩留まりが低くなりがちな長焦点の光学系も活かせますし、さらに短い露光時間はある程度光害が残る空でも十分楽しめる作品づくりを可能にしてくれます。

またシンプルなシステムは、現場に到着してから撮影をはじめるまでの時間も短く済み、億劫になりがちな遠征撮影へのモチベーションも保ってくれるものです。

ところで平野さんも悩んでいらっしゃる後処理の問題ですが、話題のAMD新型CPU「Ryzen 7」はどんなもんなんでしょうね。IntelのCPUに比べて圧倒的なコストパフォーマンスと高速処理を可能にすると注目されています。

TOASTスタッフも新しいマシンを「Ryzen 」で組んでみようかと思案中です。ただ、昨年からメモリの価格が驚くほど値上がりしている状況もあってまだ様子見の段階ですが・・・。あとはRyzen へのソフトウエアの対応状況も気になる今日このごろです。

平野さん、アンタレス付近の暗部のディテール処理、お見事です!

30秒露光×128枚で総露出1時間オーバー:平野さん

井の頭公園の南側では、早咲きの桜が観光客の目を楽しませているようです。

その周辺では実に多彩な国々からの観光客を見かけますが、彼らの目当ては「三鷹の森ジブリ美術館」。

いつも行列が絶えない人気の観光スポットですが、こんな近くで仕事をしているTOASTスタッフたちは、だれも訪れたことがないという未知の場所です(笑)。

さて、超高感度撮影が可能なSONY α7S。その天体改造モデルをつかい、短時間露光で大量の静止画素材を撮影し、ステラナビゲーターのスタック処理で見事な作品づくりをされている平野さんから近況が届きましたので早速ご紹介しましょう!

 

********** 平野さんのコメント **********

平野と申します。
先週末、撮影に出かけてきました。
場所は前回と同じ山梨県鳴沢村です。
というかいつもここです。

今回は前回の反省を生かしてジンバル雲台に戻しての撮影にしました。
幸い一晩中風もなく、安定して撮影することができました。

3月になりさすがに冬の星座もシーズンが終わるころですが、
前回露出不足で投稿するに至らなかったかもめ星雲を送付します。

[IC2177 Segull Nebula(かもめ星雲)]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 128枚
後処理:ステライメージ7でスタック (トリミングなし)
追 尾:TP-2

1時間以上の露出をかけるとだいぶ滑らかになりますね。
もっと広範囲に赤い星雲が広がっているようなのですが、フラット補正がまだできていないため
この程度の処理になりました。
今年中にはフラット補正をきちんとマスターしたいと思っています。

 

[本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星]

カメラ:α7S(天体改造モデル)
光学系:BORG90FL + レデューサーx0.72 + LPS-D1フィルタ
感 度:ISO 25600
露 出:30秒 × 69枚
後処理:ステライメージ7でスタック (720mm相当までトリミング)
追 尾:TP-2

 

こちらは本田・ムルコス・パジュサコバ彗星です。

彗星というと明け方か日没直後にしか撮れないというイメージがあったのですが、ヘンな名前に惹かれて撮ってみました。
初めての彗星撮影の割にはよくできたかなと思っています。

さすがにイオンテイルも短くなっているので、こちらは720mm相当までトリミングをしました。
計35分間の露出を恒星基準でスタックしていますが、地球から離れたこともあり彗星の核の移動は気にならないレベルでした。

 

( カメラ:α6300 / レンズ:Samyang 12mm F2.0 NCS CS(開放) / 感度:ISO4000 / 露出:20秒)

 

この日は一晩中天気に恵まれ、明け方にはさそり座を見ることができました。
こちらは撮影時の様子です。

ちなみにα6300のほうはタイムラプス専用として使っています。

普段は星空タイムラプスですが、次回は星空を追うTP-2を主題にしてタイムラプスを撮ってみようかと思っています。

天体撮影的にはまだまだ寒い時期が続きますが、お体にお気をつけください。

寒さの中での野辺山でのタイムラプス映像がどこかで見られるようでしたらぜひ告知をお願いします。

 

***** TOASTスタッフ *****

焦点距離360mmの超望遠レンズをジンバルフォークユニットでTP-2に搭載、さらにPole Masterを使った極軸合わせにより、歩留まりの良いインターバル撮影(同じ画角での連続撮影)システムを構築されている平野さん。

カメラの設定感度はなんとISO25600です!通常ならノイズまみれのはずが・・・

ここに平野さんがこだわるテクニックが凝縮されています。

手のひらに乗る小さな追尾装置に4キロを超える機材を搭載しての撮影、しかも前後に長い望遠鏡は適切なバランス調整や風による振動の影響なども配慮しなければなりません。もちろん長い焦点距離のレンズでは極軸合わせもかなりシビアになります。

そこでISOを25600まで上げて1枚の露出時間をわずか30秒に切り詰めて撮影することで、1時間を超える連続撮影でも高い歩留まりを維持しながら128カットもの撮影を成功しているのです。

これを1カット2分露出にすれば撮影カット数は1/4で済む計算になりますが、歩留まり率は下がります。

平野さんは、光量不足やノイズなどを後工程のスタック処理でどこまでまかなえるかを事前に判断し、撮影時の歩留まりを出来る限り良くするためISO25600の30秒露光という絶妙な値を導き出しているわけです。

それにしても最後のスナップ写真、TOASTスタッフたちも大喜びでした!

カッコイイ!!!!

 

野辺山で撮影されたタイムラプス映像についてはテレビで放送される予定ですのでオンエアが決まったらここでご案内させていただきますね!

天文雑誌でもこれからタイムラプス作品に注目していくらしいので、ぜひ平野さんも作品づくりにチャレンジしてみてください。